九州産馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九州産馬(きゅうしゅうさんば)とは、九州地方で生産された競走馬のことである。

かつて、九州地方(おもに南九州地区)での競走馬の生産は盛んであったが、戦後、日本の馬産地の中心が北海道地方へ移り、かつ大規模化していったこともあって、九州地方の馬産地としての地位は低下していった。

北海道に比べて競走馬生産の規模が小さいことから、生産を奨励する目的で、中央競馬 (JRA) においては小倉競馬場での2歳戦の一部競走地方競馬においては佐賀競馬場の一部競走が九州産馬限定競走として行われている。

現状[編集]

2011年に九州で生産された軽種馬は73頭であった[1]

現在では種付けを北海道の種牡馬と行い、その後種付けされた繁殖牝馬を九州に戻し、出産は九州で行うという、いわば持込の九州産馬が増えてきている。自己所有している種牡馬を中心に配合しているテイエム牧場がその代表格である。その結果、九州の種牡馬から生まれた産駒の限定競走における賞金の割合は減っているものの、血統のレベルは上昇しており、重賞戦線で活躍できる馬が出現する確率は高くなった。

おもな九州産馬限定競走[編集]

おもな九州産馬[編集]

括弧内は主な勝ち鞍

九州で繋養されていたおもな種牡馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今シーズンの育成馬第1号が入厩しています(宮崎)” (日本語). JRA育成馬日誌. 日本中央競馬会 (2012年8月2日). 2012年10月13日閲覧。