テイエム牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テイエム牧場(テイエムぼくじょう)は、鹿児島県垂水市北海道日高町にある競走馬の生産牧場である。

概要[編集]

テイエム技研の社長であり、冠名「テイエム」の競走馬を所有する馬主でもある竹園正繼が、オーナーブリーダーを目指して開設した。

鹿児島県垂水市にテイエム牧場新テイエム牧場、北海道日高町にテイエム牧場日高支場テイエム牧場門別育成場の4場がある。

所有する繁殖牝馬の大半に竹園所有のテイエムオペラオーテイエムサンデーを配合している。鹿児島県の本場所属の繁殖牝馬は北海道で種付けされ、夏を過ごしたあと、秋に鹿児島県に移動し、翌年春に仔馬を出産する。これによって仔馬は九州産馬の恩恵を得られる。繁殖牝馬は出産後すぐに北海道に移動し、再び種付けというサイクルを繰り返す。

1996年に牧場の建設が開始され、1999年に最初の競走馬が誕生した。鹿児島県の本場で生産されたテイエムチュラサン2005年アイビスサマーダッシュに優勝し、牧場としてJRA重賞初優勝となった。北海道の分場生産馬では、テイエムエース2008年東京ハイジャンプに優勝している。

2011年8月6日深夜、門別育成場で火災が発生し、2歳馬12頭と4歳馬1頭が焼死した[1]

主な生産馬[編集]

付帯施設[編集]

  • テイエム温泉
  • テイエム牧場温泉

脚注[編集]

  1. ^ SANSPO.COMによる記事 2011年8月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]