アネモネステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アネモネステークス
(桜花賞トライアル)
主催者 日本中央競馬会
競馬場 日本の旗中山競馬場
距離 芝・外1600m
格付け L
賞金 1着賞金2000万円
出走条件 サラブレッド系3歳牝馬(国際)(指定)
負担重量 馬齢重量 (54kg)
テンプレートを表示

アネモネステークス (Anemone Stakes) とは、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場1600メートルで施行する中央競馬競走である。競走名はアネモネから[1]

概要[編集]

中央競馬のクラシック競走である桜花賞トライアル競走のひとつ。上位2着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられる[1]2000年[2]阪神競馬場から施行場が移され、関東圏では唯一の桜花賞トライアルとなっている。

桜花賞の前哨戦となる牝馬限定の競走はほかに桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されるトライアル競走のチューリップ賞フィリーズレビュー、および中山競馬場のフラワーカップが存在しているが、それらが重賞であるのに対して本競走はオープン特別として施行されている。

出走資格はサラブレッド系3歳(旧4歳)のJRA所属の牝馬の競走馬、地方競馬所属の牝馬の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬。

負担重量は馬齢重量で54キログラムである。

総額賞金は3800万円で、1着賞金2000万円、2着賞金800万円、3着賞金500万円、4着賞金300万円、5着賞金200万円と定められている。

歴史[編集]

アネモネ賞(参考)[編集]

1990年以前は桜花賞の優先出走権が与えられる競走ではないが参考までに記す。

アネモネステークス[編集]

  • 1991年
    • 阪神競馬場の4歳(現3歳)牝馬による定量の芝1400mのオープン特別競走、アネモネステークスに変更。
    • 上位2着までに入賞した競走馬(未出走馬・未勝利馬は1着になった場合のみ)に桜花賞の優先出走権が与えられるようになる。
    • 1着賞金2,200万円に変更。
    • 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝外回り1400mで施行。
  • 1992年 - 1着賞金2,350万円に変更。
  • 1994年 - 桜花賞指定オープン競走に指定。
  • 1995年
    • 桜花賞トライアルに指定。
    • 指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬は2頭まで出走可能となる。
    • 阪神競馬場の阪神・淡路大震災の影響による復旧工事により京都競馬場の芝外回り1400mで施行。
  • 1998年 - 1着賞金2,450万円に変更。
  • 2000年 - 施行場を現在の中山競馬場の芝外回り1600mに変更。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更にともない、出走資格が「4歳牝馬」から「3歳牝馬」に変更。
  • 2002年 - 1着賞金1,900万円に変更。
  • 2003年 - 負担重量を馬齢重量に変更。
  • 2006年 - 柴田善臣が騎手として3人目の連覇。
  • 2007年 - 船橋のエミーズスマイルが地方所属馬として史上初の優勝。
  • 2011年 - 東日本大震災の影響により、開催取り止め[4]
  • 2012年 - 北村宏司が優勝したが、前年は開催取り止めとなったため連覇とはならない。
  • 2013年 - 混合競走に指定。
  • 2019年 - 国際競走及びリステッド競走に指定される[5]

歴代優勝馬[編集]

馬齢は2001年以降の表記に統一する。

アネモネ賞(参考)[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1984年3月24日[3] ロングソレイユ 牝3 1:39.0 河内洋 長浜彦三郎
1985年3月23日[6] シールド 牝3 1:37.6 南井克巳 久恒久夫
1986年3月22日 ピーターホーラー 牡3 1:37.9 田原成貴 荻野光男
1987年3月28日 カルストンペガサス 牝3 1:37.0 河内洋 湯浅三郎
1988年3月26日 サンピアレス 牡3 1:39.8 河内洋 田中良平
1989年3月25日 メジロマリア 牝3 1:36.7 武豊 浅見国一
1990年3月24日 ダイイチルビー 牝3 1:36.6 武豊 伊藤雄二

アネモネステークス[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1991年3月23日 タニノクリスタル 牝3 1:24.2 岸滋彦 宮本悳
1992年3月07日 ダンツセントー 牝3 1:23.9 西浦勝一 山内研二
1993年3月06日 ヤマヒサローレル 牝3 1:23.0 猿橋重利 湯浅三郎
1994年3月26日 グッドラックスター 牡3 1:23.1 松本達也 藤岡範士
1995年3月04日 ヤングエブロス 牝3 1:22.7 上村洋行 柳田次男
1996年3月17日 ノースサンデー 牝3 1:22.2 武豊 松田博資
1997年3月15日 フミノパラダイス 牝3 1:23.2 本田優 目野哲也
1998年3月21日 ラヴラヴラヴ 牝3 1:23.4 飯田祐史 飯田明弘
1999年3月20日 ハギノスプレンダー 牝3 1:25.1 熊沢重文 伊藤修司
2000年3月11日 サニーサイドアップ 牝3 1:37.1 藤田伸二 山内研二
2001年3月10日 ダイワルージュ 牝3 1:36.4 北村宏司 上原博之
2002年3月09日 サンターナズソング 牝3 1:34.4 岡部幸雄 手塚貴久
2003年3月15日 センターアンジェロ 牝3 1:34.6 蛯名正義 伊藤雄二
2004年3月13日 レディインブラック 牝3 1:34.7 北村宏司 高橋義博
2005年3月12日 ペニーホイッスル 牝3 1:35.5 柴田善臣 松山康久
2006年3月11日 アサヒライジング 牝3 1:35.1 柴田善臣 古賀慎明
2007年3月10日 エミーズスマイル 牝3 1:35.8 内田博幸 出川龍一
2008年3月15日 ソーマジック 牝3 1:36.0 後藤浩輝 田村康仁
2009年3月14日 ツーデイズノーチス 牝3 1:38.2 松岡正海 斎藤誠
2010年3月13日 ギンザボナンザ 牝3 1:35.6 北村宏司 池上昌弘
2011年3月12日 開催取り止め[4]
2012年3月10日 パララサルー 牝3 1:39.6 北村宏司 国枝栄
2013年3月09日 クラウンロゼ 牝3 1:34.7 三浦皇成 天間昭一
2014年3月15日 ペイシャフェリス 牝3 1:36.0 川島信二 高市圭二
2015年3月14日[7] テンダリーヴォイス 牝3 1:36.6 戸崎圭太 萩原清
2016年3月12日[8] チェッキーノ 牝3 1:35.5 柴山雄一 藤沢和雄
2017年3月11日[9] ライジングリーズン 牝3 1:34.7 丸田恭介 奥村武
2018年3月11日[10] ハーレムライン 牝3 1:35.5 大野拓弥 田中清隆
2019年3月10日[11] ルガールカルム 牝3 1:34.4 三浦皇成 田村康仁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 特別レース名解説 2回 中山競馬” (日本語). 日本中央競馬会 (2012年). 2012年9月3日閲覧。
  2. ^ 「平成12年度競馬番組発表」『優駿』、日本中央競馬会、2000年1月、 44頁。
  3. ^ a b 「特別レース勝馬一覧」『優駿』、日本中央競馬会、1984年5月、 135頁。
  4. ^ a b トピックス「中止となった中山競馬の重賞競走の移設について」” (日本語). ケイバブック (2011年3月15日). 2012年9月3日閲覧。
  5. ^ 平成31年度(2019年)リステッド競走一覧”. 日本中央競馬会 (2018年11月20日). 2018年11月21日閲覧。
  6. ^ 「新馬・特別レース勝馬一覧」『優駿』、日本中央競馬会、1985年5月、 145頁。
  7. ^ 2015年レース結果 - スポーツナビ 2015年3月16日閲覧
  8. ^ 2016年レース結果 - スポーツナビ 2016年3月13日閲覧
  9. ^ 2017年レース結果 - スポーツナビ 2017年3月11日閲覧
  10. ^ 2018年レース結果 - スポーツナビ 2018年3月11日閲覧
  11. ^ 2019年アネモネステークス”. スポーツナビ (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]