出川龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出川 龍一(でがわ りゅういち、1942年11月3日 -)は、船橋競馬場所属の元調教師。父・己代造及び弟・博史は元調教師、弟・克己は現役調教師。千葉県調教師会会長、同相談役などを歴任した。勇退時の所属騎手に、石崎隆之庄司大輔實川純一

初出走は1979年7月10日浦和競馬第9競走(ベエンチヤコトブキ、3着)、初勝利は1979年9月2日船橋競馬第8競走(ベエンチヤコトブキ)

2007年南関東所属調教師として初めて管理馬(エミーズスマイル)を中央競馬の桜花賞に出走させた。

2008年4月17日川崎競馬第7競走山桜特別をシスターエレキングで制し、地方競馬通算400勝を達成。

2012年5月31日付けで調教師を勇退した[1]

主な管理馬[編集]

脚注[編集]