湯浅三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯浅 三郎(ゆあさ さぶろう、1936年4月24日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手、元調教師岡山県出身[1]

来歴[編集]

  • 1955年京都加藤清一厩舎所属の騎手見習いとなる。
  • 1959年、9月に騎手となる。
  • 1965年皐月賞チトセオーで制しクラシック初勝利を挙げる。
  • 1975年、調教師免許を取得し騎手を引退する。騎手成績は1450戦161勝。
  • 1976年7月1日に厩舎を開業する[1]9月12日阪神競馬第5競走で初出走(ハルノダイオーで8着)、11月7日京都競馬第2競走をユウセイフブキで勝利し、のべ18頭目での初勝利を挙げる[1]
  • 1981年阪神大賞典をアリーナオーが制し重賞初勝利を挙げる。同レースは騎手時代にも制している。
  • 2004年11月20日京都競馬第2競走をエイシンドーバーで勝ち、中央競馬通算500勝を達成した[1]
  • 2007年2月28日付けで定年により調教師を引退する。調教師成績は中央競馬通算7180戦527勝。地方競馬通算205戦31勝[2]

主な騎乗馬[編集]

主な管理馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “湯浅三郎調教師がJRA通算500勝達成!”. ラジオNIKKEI. (2004年11月20日). http://www.radionikkei.jp/keiba/entry-127343.html 2014年10月3日閲覧。 
  2. ^ 湯浅三”. 地方競馬全国協会. 2014年10月3日閲覧。

関連項目[編集]