マークオブディスティンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マークオブディスティンクション
欧字表記 Markofdistinction
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1986年
死没 1996年9月11日
ノウンファクト
ギスレイン
母の父 アイスカペイド
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Gerald W.Leigh
馬主 Gerald Leigh
調教師 ルカ・クマーニ(イギリス)
競走成績
生涯成績 12戦5勝
獲得賞金 362,870ポンド
テンプレートを表示

マークオブディスティンクション (Markofdistinction) はイギリス競走馬1990年クイーンエリザベス2世ステークス (G1) に優勝した。

なお、アルファベットの綴りで"of"の左右に空白がないのは馬名制限(空白文字を含む18字までで、空白を入れると19字になる)のため。

戦績[編集]

1988年10月28日ニューマーケット競馬場の未勝利戦(芝6ハロン)にてデビュー、(1着)(勝ちタイムは1.14.86)。翌1989年5月6日イギリス2000ギニー (G1) (日本で言うところの皐月賞)に出走(4着)。4歳から本格化し1990年4月27日トラストハウスフォルテマイル (G2) (サンダウン競馬場)1着、6月19日クイーンアンステークス (G2) (現G1、アスコット競馬場)、9月29日クイーンエリザベス2世ステークス (G1) (アスコット競馬場)に優勝した。同年の最優秀古馬マイラー。

引退までの12出走中入着(5着以内入る)出来なかったのは引退レースとなったブリーダーズカップマイル1990年10月27日ベルモントパーク競馬場)のみである。

主な勝ち鞍[編集]

  • 1990年
    • トラストハウスフォルテマイル (G2)
    • クイーンアンステークス (G2)
    • クイーンエリザベス2世ステークス (G1)

種牡馬として[編集]

引退後の1991年日本へ輸出され種牡馬となり、のちに鹿児島で供用。

コウエイロマン小倉3歳ステークス (GIII) )、ホッカイルソー日経賞 (GII) 、オールカマー (GII) )などを輩出した。とくに鹿児島に移ったあとは九州のエース種牡馬として活躍、また数少ないマンノウォー系マッチェム系)の種牡馬でもあったが1996年に死亡。ホッカイルソーがおもな後継種牡馬である。

代表産駒[編集]

母の父としての代表産駒[編集]

血統表[編集]

マークオブディスティンクション血統(マンノウォー系 / War Relic5×5=6.25%) (血統表の出典)

Known Fact
1977 鹿毛
父の父
In Reality
1964 鹿毛
Intentionally Intent
My Recipe
My Dear Girl Rough'n Tumble
Iltis
父の母
Tamerett
1962 鹿毛
Tim Tam Tom Fool
Two Lea
Mixed Marriage Tudor Minstrel
Persian Maid

*ギスレイン
Ghislaine
1981 芦毛
Icecapade
1969 芦毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Shenanigans Native Dancer
Bold Irish
母の母
Cambretta
1975 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Cambrienne Sicambre
Torbella F-No.1-t


外部リンク[編集]