原口次夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原口 次夫(はらぐち つぎお、1958年11月16日 - )は、愛知県競馬組合に所属している調教師

来歴[編集]

1975年騎手となり4月24日に初騎乗し、5月7日に初勝利を挙げる。以後引退までの成績は、地方競馬通算9927戦1211勝だった。

1999年1月1日に調教師免許を取得し、1月17日名古屋競馬場で管理馬のエルボタッチが初出走し7着となる。3月26日に管理馬のトーホウタスクが勝利し初勝利を挙げる。6月5日中央競馬初出走となる中京競馬場で行われた白藤賞にグレースバンブーが出走し、13着となる。

2007年4月14日にウイニングウインドが中央の重賞初出走となるマイラーズカップに出走し、14着となる。8月14日にはキングスゾーンサマーチャンピオンを制し、ダートグレード競走初勝利を挙げた。

おもな騎乗馬[編集]

おもな管理馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大貫師男 (2013年5月28日). “【落ち穂拾い】キングスゾーン引退によせて” (日本語). 予想王TV@SANSPO.COM. 産経デジタル. 2013年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]