野中賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野中賢二
Kenji-Nonaka20100321.jpg
2010年阪神大賞典表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1965-09-29) 1965年9月29日(53歳)
所属団体 JRA
初免許年 2007年(2008年)
経歴
所属 栗東・藤岡範士(1982.10 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

野中 賢二(のなか けんじ、1965年9月29日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属している調教師

来歴[編集]

1982年、10月に栗東・藤岡範士厩舎所属の厩務員となる。

1983年、4月から調教助手に転身する。

2007年、2月に調教師免許を取得する。

2008年3月1日付で厩舎を18馬房で開業した。同日には粕谷昌央厩舎、鹿戸雄一厩舎、松山将樹厩舎も開業している。開業時の管理馬には勇退解散となった松元省一厩舎からトウカイトリックなどの転厩馬20頭が含まれている。

2010年3月21日阪神大賞典にて管理馬のトウカイトリックが1着となり、厩舎開業後初の重賞勝利を挙げた。

2014年7月9日ジャパンダートダービーにて管理馬のカゼノコが1着となり 、統一JpnI競走初制覇を果たした。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2008年3月1日 1回阪神1日9R 千里山特別 トウカイフラッグ 16頭 11 13着
初勝利 2008年3月15日 1回阪神5日8R 4歳上500万下 トウカイインパクト 16頭 1 1着
重賞初出走 2008年3月23日 1回阪神8日11R 阪神大賞典 トウカイトリック 13頭 3 4着
トウカイエリート 9 5着
GI初出走 2008年5月4日 3回京都4日11R 天皇賞(春) トウカイトリック 14頭 9 7着
トウカイエリート 12 8着
重賞初勝利 2010年3月21日 1回阪神8日11R 阪神大賞典 トウカイトリック 14頭 5 1着

おもな管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

人物・エピソード[編集]

開業時の管理馬はトウカイテイオーなど内村正則の所有馬を多く管理した松元省一厩舎からの移籍馬が多いため、トウカイトリックやトウカイエリートといった「トウカイ」の冠名を使用する実力馬を多く管理することになった。

関連項目[編集]