市来貴代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市来 貴代子
市来 貴代子の画像
プロフィール
リングネーム 市来 貴代子
本名 同じ
ニックネーム ラストボス
身長 153cm
体重 53kg
誕生日 (1973-02-21) 1973年2月21日(44歳)
出身地 兵庫県神戸市
所属 フリー
デビュー 1994年12月10日
テンプレートを表示

市来 貴代子(いちき きよこ、1973年2月21日 - )は、日本の女子プロレスラー。身長153cm、体重53kg、血液型AB型。兵庫県神戸市出身。

経歴・戦歴[ソースを編集]

天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の女子プロ予備校出身であり、同番組企画の出身者には元気美佐恵上林愛貴シュガー佐藤がいる。LLPW(現・LLPW-X)のプロテストに合格していたがデビュー前に夜逃げ。

1994年12月10日、長野・飯田市勤労者体育センターで行われたIWAジャパンプロレスの興行において、対シンティア・モレノ戦でデビュー。その後は同団体の所属レスラーとして活動するが、女子選手の人数不足により、元川恵美(現:さくらえみ)との対戦が主であった。IWAジャパンの同期には田尻義博(現:TAJIRI)がいる。

その後、IWAジャパンを離脱し、暫くフリーランスとして活動した後、1996年にGAEA JAPANに新弟子扱いで入団するが、離脱(同団体の生え抜きの新人選手達との仲が、険悪だったからとも言われている)。再び元GAEA JAPANの中野知陽呂と共に革真浪士団(現・スーパーFMW)で活動した後、大日本プロレスに入団するが、2000年限りでまたもや離脱、再びフリーランスとしてアイスリボンその他の団体に出場している。アイスリボンでは主にりほ(現:里歩)と組んで、さくらえみを困らせている一方、自身の非情なファイトスタイルに堂々と対抗して来た聖菜を高く買っている。

大日本プロレス時に、デスマッチも経験している。対戦相手は元気美佐恵。

2010年以降欠場していたが、2011年10月28日のSMASHに初参戦した元同僚松田慶三より名前が出され[1]、11月27日のSMASHで元Iジャ軍の一員として復帰。

2012年8月18日、シアタープロレス花鳥風月に初参戦。

2013年、シアタープロレス花鳥風月をプロモートするG-TALENTと契約。その初戦となった2月10日、GAEA JAPAN時代の元同僚旧姓・広田さくらに勝利。

2013年7月15日、プロレスリング我闘雲舞初参戦。板橋グリーンホール大会にて、IWA・JAPAN指名試合としてさくらえみが持つAWF世界女子王座に挑戦するが善戦むなしく敗れた。尚、セコンドには里歩がつき、リングアナウンサーは聖菜が行った。

2014年4月20日、世界プロレス協会初参戦。上林愛貴と20年越しの初タッグを結成する。

得意技[ソースを編集]

  • 顔面蹴り(攻撃の9割はこの技(さくらえみ談))
  • ジャンピング・ニーパッド

タイトル歴[ソースを編集]

  • 大日本認定女子
  • インターナショナルエイトメンスクランブル
  • ICE×60王座

脚注[ソースを編集]

  1. ^ SMASH.22 スポーツナビ 速報