はずかし固め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

はずかし固め(はずかしがため)は、格闘技、特にプロレスで用いられる技の一種である。股関節への関節技である。名称に関しては様々な表記が用いられる(詳しくは後述の「名称について」を参照)。

概要[編集]

はずかし固めと呼ばれる関節技には2種類[要出典]ある。 いわゆるレッグスプレッドの別名としての、はずかし固めと女子プロレスでヒール役のレスラーが使う、はずかし固めである。

名称について[編集]

表記としては、恥ずかし固め辱め固め(はずかしめがため)とされることも多い。

女子プロレスにおいては、はずかし固め女性であるレスラーに屈辱を与える技として使われて主にヒール役がフィニッシュ・ホールドとして用いる。

はずかし固め(レッグスプレッド)[編集]

レッグスプレッドをかけると、相手の股関節を広げる形に成る為、恥ずかしい格好になる事からこの名があるが、元々、古くからある格闘術の技の一つであり、関節技としての威力は大きい。総合格闘家桜庭和志の得意技であることから「桜庭式」などと称されることもある[1]

はずかし固め(NEOマシンガンズ式)[編集]

ルチャリブレで使われるジャベの一種で、ミル・マスカラスが使っていたバランカ・ア・オロンブスがオリジナルである。リバースフルネルソンダブルアーム・スープレックス(人間風車)の前段)の体勢から、自ら後転して仰向けになり、相手を逆さまに(パワーボムの様にマットに叩きつけるような動作ではなく相手選手を自分の腹の上に乗せる)、相手の股関節を開脚させ、自らの両足を相手の両足に内側から掛け、そのまま開脚させる。女子プロレスではパフォーマンス性の強い技であるが、主にヒール役レスラーのフィニッシュホールドとしても使われる[2]。 元々の技名は「花一輪」であった事から、技が決まるとリングアナウンサーが「ただいま、リング上は花が満開となっております」などとアナウンスしていた。

NEOマシンガンズタニー・マウス宮崎有妃)は、この技を使うことで有名な女子プロレスラー(タッグ)である。 [3]

格闘技以外における用法[編集]

恥辱技という点で、格闘技の分野よりもアダルト・ビデオ(AV)の業界や。[要出典] 、テレビの娯楽番組で使われる場合もある。 [4] [5]

その他恥辱技[編集]

「恥ずかし固め」と同様に恥辱を加える技の例

  • ラフレシア(ゲーム「ランブルローズ」のキャラ「キャンディ・ケイン」が使う技で、ローリングで技に入るが、ほぼ、恥ずかし固め(NEOマシンガンス)と同じ形の技である。 「ランブルローズ」では、この他にも様々な恥辱技が登場する。)
  • ラ・マテマティカ(ジャベの一種、エル・マテマティコが編み出した。相手を逆さに持ち上げて股関節を開脚させ股関節、腰、首などを締め上げる。キン肉バスターの原型とも言われる。
  • キン肉バスター(股関節を開脚させる技だが、危険なプロレス技の認識が強い)
  • グラビア固め(恥ずかし固め同様、タニー・マウスが使った技)
  • 不死鳥投げ(原田泰造がTV番組内で使ったギャグである。巴投げの要領で投げるが、女性の内股に足の甲を入れ、開脚させる)
  • 駅弁固め(AV男優でもあるチョコボール向井がプロレスにて使った技)

脚注[編集]

  1. ^ プロレス技辞典 はずかし固め(桜庭式)”. 3-I. 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ プロレス技辞典 恥ずかし固め(マシンガンズ式)”. 3-I. 2011年12月8日閲覧。
  3. ^ 2002年5月3日後楽園ホールでの元アイドル久志麻理奈西田夏、+仲村由佳とのハンディキャップマッチでは、久志、西田が恥ずかし固めを決められる場面が翌日のスポーツ新聞に掲載され話題となった。
  4. ^ 7代目ミニスカポリスの富士宮里名がテレビ番組でレッグスプレッドの恥ずかし固めを掛けられている
  5. ^ TV番組「めちゃ×2イケてるッ!」のプロレス企画では、小池栄子佐藤江梨子安めぐみ光浦靖子から恥ずかし固め(NEOマシンガンズ式)を掛けられている

関連項目[編集]