ロス・インゴベルナブレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロス・インゴベルナブレス
 
ステーブル
メンバー 下記参照
名称 ロス・インゴベルナブレス
ロス・インデセアブレス
デビュー 2014年4月25日 (2014-04-25)
団体

ロス・インゴベルナブレスLos Ingobernables)は、メキシコのプロレス団体「CMLL」にて活動するプロレスラーのユニット。テクニコリンピオ(善玉)、ルード(悪玉)という概念がなく、どちらにも属さないニュートラルな立場のユニットであることが特徴[1]

ユニット名はスペイン語で「制御不能な奴ら」の意。

概要[編集]

2009年よりCMLLに所属し、テクニコという立場で活動し続けていたルーシュだが、試合を展開する中で、時折ルードのような振る舞いを観衆に見せつけ、ブーイングを浴びせられることが少なからずあった。2013年半ばに入ると、その傾向はさらに悪化していき、ルーシュは「CMLLで最も嫌われているレスラー」と称されるようになる。

一方、ラ・ソンブラもテクニコとして活動していたが、ライバル関係にあったボラドール・ジュニアがルードからフェイスターンしたことから、ラ・ソンブラにもブーイングが集中し始めるようになった。そして2014年4月25日、ラ・ソンブラはルーシュとそのパートナーラ・マスカラと共にボラドールを襲撃。三人で新たなるユニット「ロス・インデセアブレスLos Indeseables)」結成して[2]、10月9日にユニット名を「ロス・インゴベルナブレスLos Ingobernables)」に改称[3]

胸を2回叩いた後、拳を掲げて仲間と突き合わせるパフォーマンス(ロスインゴポーズ)が特徴で、LIJも使用している。

略歴[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

  • 5月27日、内藤哲也が加入。
  • 6月22日、約1か月の遠征を終えた内藤が帰国。その後も日本で同ユニットの一員として活動し続ける
  • 9月18日、CMLL創立記念興行アニベルサリオ82にて、ラ・ソンブラがアトランティスマスカラ・コントラ・マスカラマッチが行われた。三本勝負で組まれた試合は1-2で敗戦し、マスクを脱いだ[5]
  • 11月19日、ラ・ソンブラがWWEと契約を交わし、CMLLを退団。同時にユニットから離脱した[6]
  • 11月22日、内藤哲也が「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を他メンバーと結成したため、メンバーの了承を得て脱退。

2016年[編集]

  • 2月19日、コルレオーネが追放。
  • 3月18日、マキシモ・セクシー vs ルーシュのコントラマッチのルーシュのセコンドにピエローが登場[7][8]
  • 3月25日、アレナ・メヒコ大会にてピエロー、ルーシュ、ラ・マスカラ vs カリスティコブラソ・デ・プラタ、マルコ・コルレオーネの試合前にラ・マスカラから渡されたTシャツに袖を通したピエローが正式に加入。
  • 5月13日、ルーシュとラ・マスカラが仲間割れを起こし、ラ・マスカラが追放。
  • 6月27日、レイ・エスコルピオンが加入。
  • 9月2日、アニベルサリオ83にて、ドラゴン・リー vs ラ・マスカラのマスカラ・コントラ・マスカラ戦が行われ、ラ・マスカラが敗戦しマスクを脱いだ。また、この試合でリーのセコンドに付いていたルーシュが試合後リングに上がり、健闘を讃えてラ・マスカラと和解。ラ・マスカラが再加入を果たした。
  • 9月18日、エスコルピオンがIWRGに移籍を表明し、CMLLを退団。同時にユニットから離脱した。
  • 11月18日、新日本プロレス後楽園大会にて内藤哲也のパートナーXとしてルーシュが電撃参戦した。

2017年[編集]

  • 3月17日、ピエローがマスカラ・コントラ・マスカラで負け、リングネームをラ・ベスティア・デル・リングに変更。
  • 5月19日、ラ・マスカラが不祥事をおこし、5月22日にCMLLから解雇。同時にユニットから離脱した。

2018年[編集]

  • 2月24日、エル・テリブレが加入。

2019年[編集]

  • 9月28日、ルーシュがCMLLから解雇され、ベスティアも息子二人(ルーシュとドラゴン・リー)の後に続くように退団したため、事実上の解散状態となる。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン[編集]

インゴベルナブレス仕様のキャップTシャツを着て入場する内藤哲也

2015年5月、新日本プロレス内藤哲也がCMLLに参戦した際、同ユニットに加入。後に内藤は新日本内にてユニットの差別化を図るべくロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンLos Ingobernables de Japon)を結成。

獲得タイトル歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メキシコ遠征中の内藤哲也、ソンブラのユニット「ロス・インゴベルナブレス」に正式加入!? 【5.27アレナメヒコ記者会見】
  2. ^ Noticias” (スペイン語). CMLL. 2014年7月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月16日閲覧。
  3. ^ Valdés, Apolo (2014年4月26日). “Rush, La Sombra y La Máscara, técnicos muy rudos en la México” (スペイン語). MedioTiempo. 2014年12月16日閲覧。
  4. ^ Reducindo, Miguel (2014年8月2日). “Resultados Arena México Viernes 1º de Agosto '14” (Spanish). CMLL. 2014年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。
  5. ^ Cobertura CMLL: 82 Aniversario: Atlantis desemascara a Sombra — El emotivo adiós de Dark Angel”. Superluchas. 2015年9月18日閲覧。 (スペイン語)
  6. ^ Manuel Alfonso Andrade Oropeza joins WWE Performance Center”. WWE.com. 2015年11月19日閲覧。 (英語)
  7. ^ Dark Angelita (2016年3月18日). “CMLL “Homenaje a Dos Leyendas” – Cobertura y Resultados – 21/03/2016 – Máximo Sexy y Negro Casas, pelones” (Spanish). Superluchas. 2016年4月18日閲覧。
  8. ^ Choque de trenes, Último Guerrero-Cibernético” (Spanish). MedioTiempo. MSN (2016年3月26日). 2016年4月18日閲覧。
  9. ^ a b Valdés, Apolo (2014年6月7日). “La Sombra, un Campeón Indeseable” (スペイン語). MedioTiempo. 2014年12月16日閲覧。
  10. ^ a b c ユニット結成以前から保持していたタイトルである。
  11. ^ Barradas, Bibiana (2015年5月2日). “Resultados Arena México® Viernes 1º de Mayo '15” (スペイン語). CMLL. 2015年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月2日閲覧。
  12. ^ Salazar López, Alexis A. (2013年10月9日). “Resultados Arena México Martes 8 de Octubre '13” (スペイン語). CMLL. 2013年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月16日閲覧。

関連項目[編集]