チャパリータASARI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャパリータASARI
プロフィール
リングネーム チャパリータASARI
本名 中尾 真美(旧姓:渡邊)
ニックネーム アサリ
身長 152cm
誕生日 (1973-09-15) 1973年9月15日(45歳)
出身地 東京都荒川区
スポーツ歴 体操競技
デビュー 1992年11月19日
引退 2003年5月5日
テンプレートを表示

チャパリータASARI(チャパリータ・アサリ、本名:中尾 真美(なかお まさみ、旧姓:渡邊)、1973年9月15日 - )は、日本の元女子プロレスラー東京都荒川区出身。

ニックネームは「アサリ」。大の長渕剛ファン。

来歴[編集]

学生時代は体操部に所属するが、目的が「プロレスラーになる事」だったため、体操の技術をプロレスに活かすことに専念し、減量は一切行わず、そのため体操選手としては無名の存在だった。

1992年全日本女子プロレスオーディションに合格(その時、上背は無かったものの、体操の経験を活かし、リング上で、後の得意技となるスカイツイスタープレスの原形を披露し、認められる)、入団する。

プロレスデビューは1992年11月19日、葛飾区総合スポーツセンターでの対椎名由香戦。

リングネームを本名の渡辺真美からチャパリータASARIに改名する。なお、リングネームの由来は、全女に入団した際、先輩レスラー達への挨拶で自己紹介を行った際、名前の「まさみ」が聞き取りづらく、「アサリ」と聞こえてしまい、それがあだ名となったことと、それにスペイン語で「小さくて可愛い」という意味の「チャパリータ」を組み合わせたことによる。

全女ではジュニア王座や世界スーパーライト級王座に就くなど活躍、WWE(当時WWF)のPPVサバイバー・シリーズにおいて得意技のスカイツイスタープレスをライオネス飛鳥相手に披露した。

1994年みちのくプロレスに参戦。1997年以降レギュラー参戦し、自らみちのく女子部を設立するなど活動的で、みちのくファンから根強い人気を得た。

1997年9月に全女の経営難から退団し、ネオ・レディース(後のNEO女子プロレス)に入団(この時、当時アルシオンの社長だった小川宏もASARIをアルシオンにスカウトするつもりでいたが、先に井上京子の方が声をかけたので、ネオ・レディースに入団している)、2年間の活動の後、退団してフリーランスとなり、2003年5月5日、現役を引退。2006年8月に俳優中尾一貴と結婚し、現在は主婦。

得意技[編集]

コーナーにもたれかかった相手に向かって側転(体操でいうロンダート)からバック転した後、胸元へ背面ドロップキックを放つ技。

空中殺法を得意とし、スカイツイスタープレスは彼女の代名詞とも言える技である。なお、現役時代、ファンの質問に対して、その気になればシューティングスタープレススターダストプレスフェニックス・スプラッシュ等の難易度の高い技も使うことが出来ると答えている。

獲得タイトル[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • Space-Flying Soldier(完全版全日本女子プロレス選手別テーマ曲集に収録)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]