椎名由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
椎名 由香
プロフィール
身長 159cm
体重 63kg
誕生日 (1971-12-15) 1971年12月15日(45歳)
出身地 埼玉県大宮市(現:さいたま市
所属 NEO女子プロレス
デビュー 1992年11月19日
テンプレートを表示

椎名 由香(しいな ゆか、1971年12月15日 - )は、日本の元女子プロレスラー埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。NEO女子プロレス所属。

所属[編集]

経歴・戦歴[編集]

1992年
1997年
  • ネオ・ジャパン・レディース・プロレスリング(現NEO女子プロレス)に所属。
1998年
  • 10月から頸椎を痛め、以後長期欠場。
1999年
  • 長期欠場。
2000年
  • 長期欠場。
2001年
  • 3月、復帰。以後は若手の壁として存在感を示した。
2005年
  • 6月5日、新木場1stRING“息吹”第1回大会)において、夏樹☆ヘッドと対戦。腕ひしぎ逆十字でギブアップ勝ち。
  • 7月3日、後楽園ホール大会で、ミッドサマータッグトーナメントのパートナーに木村響子と組んで出場するつもりが、木村が千春と組んでしまったため、夏樹☆ヘッドをパートナーに指名する。
  • 7月24日、東京キネマ倶楽部(ミッドサマータッグトーナメント1回戦)において、田村欣子仲村由佳組と対戦。夏樹が田村のパトリオットバスターで敗れる。
  • 7月31日、新木場1stRING(“息吹”第2回大会)において、バンビと対戦。腕ひしぎ逆十字固めでギブアップ勝ち。
  • 8月18日、札幌テイセンホールにおいて、タニー・マウスと対戦。前方回転エビ固めを潰され敗れる。
  • 9月18日、後楽園ホール大会において、夏樹☆ヘッドと組んで、吉田万里子、木村響子組と対戦。夏樹が木村のクロスフェースオブ未来でギブアップ負け。
  • 9月23日、新木場1stRING(“息吹”第3回大会)において、市井舞と対戦。裏逆十字でギブアップ勝ち。
  • 11月13日、新宿FACE(“息吹”第4回大会)において、渡辺菜穂と対戦。腕ひしぎ逆十字でギブアップ勝ち。
  • 12月11日、後楽園ホール大会において、渋谷シュウと組んで、ザ・ブラディーファング鈴木組と対戦。ブラディーの裏拳で敗れる。
2006年
  • 初頭に再び首を痛めてしまう。
  • 1月9日、後楽園ホール大会において、夏樹☆ヘッドと組んで、吉田万里子、佐藤綾子組と対戦。夏樹がトリプルサイクロンで佐藤から勝つ。
  • 1月22日、東京・キネマ倶楽部(NEO STAGE06)において、輝優優と対戦。敗れる。
  • 5月5日、後楽園ホール大会において、中川ともかと組んで、春山香代子、渋谷シュウ組と対戦。中川が春山のダイビング・ギロチンドロップで敗れる。
  • 6月17日、東京・板橋グリーンホールにおいて、阿部幸江と組んで、仲村由佳、春山香代子組と対戦。阿部が仲村から勝利。
  • 9月10日、新木場1stRING(“息吹”大会)において、渋谷シュウと組んで、伊藤薫、希月あおい組と対戦。15分の時間切れ引き分け。
  • 9月17日、後楽園ホール大会で、年内限りでの引退を表明。
  • 12月8日、長野・佐久創造館において、吉田万里子と対戦。足4の字固めでギブアップ負け。

得意技[編集]

  • ジャンピング・ラリアット
  • STF
  • STS(ステップ・オーバー・トーホールド・ウィズ・シイナ)
STFとドラゴン・スリーパーの複合。
ロープ際で腕ひしぎ逆十字にいき、エプロンに逆さ吊りになって絞め上げる。

タイトル歴[編集]

  • 北沢タウンホール認定タッグ王座

入場テーマ曲[編集]

  • 「Stage Fight」「全日本女子プロレス・ヤング・ファイト集」に収録。
  • 「TIME AFTER TIME」

外部リンク[編集]