ファング鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファング鈴木
プロフィール
リングネーム ファング鈴木
本名 鈴木 知子
身長 164cm
体重 76kg
誕生日 (1968-04-17) 1968年4月17日(48歳)
出身地 静岡県浜松市
スポーツ歴 柔道
デビュー 1997年10月22日
引退 2005年12月31日
テンプレートを表示

ファング鈴木(ファングすずき、1968年4月17日 - )は、日本の元女子プロレスラー。本名は鈴木 知子(すずき ともこ)。静岡県浜松市出身。

経歴・戦歴[編集]

ミキハウス柔道部を経て、藪下めぐみ坂井澄江を追う形で吉本女子プロレスJd'に入門。Jd'入門テスト時は29歳だったにもかかわらず年齢を1歳下にごまかして受験し、合格後、罪悪感を覚えて訂正(「女子プロレス新世代総登場」に記載)

1997年

その後、ザ・ブラディーとのコンビ「ザ・シェイド・ブレイカーズ」でTWFタッグ王座を獲得するなど、Jd'の主力として活躍した。

2004年
  • 4月にJDスターのオーナーの方針に反発し、ブラディーらと共に退団、「チームOK」を結成した。
  • 8月29日に開催された総合格闘技大会「Love Impact」にて、サンボ世界王者・武田美智子と対戦し引き分け。
2005年
  • 6月12日、ザ・ブラディー、武藤裕代と組んで、カルロス天野永島千佳世植松寿絵組と対戦。武藤が天野に敗れる。
  • 6月26日、AtoZ DOJO CUPトーナメント3位決定戦において、武藤裕代と組んで、堀田祐美子華名組と対戦。堀田のタイガードライバーで敗れる。
  • 8月23日、T-1グランプリにおいて、シェイド・ブレイカーズ対T-1マスク、T-2マスク組の試合で、イス攻撃がブラディーに誤爆しブラディーがT-1のタイガー・スープレックスに敗れる。
  • 12月17日、「格闘美 〜Dreamer〜」において、阿部幸江の要求に答える形でTWF世界タッグ王座決定戦をGAMI、ファング鈴木組(最後っぺ)対ザ・ブラディー、阿部幸江組で戦う。
  • 12月25日、NEO女子プロレス・板橋グリーンホール大会において、アイアンマンバトルロイヤルに参加。
  • 12月27日、桜花由美の要求に答え最後っぺ対ザ・ブラディー、桜花由美組でTWF世界王座を賭けて戦う。
  • 12月28日、東京・新木場1stRING「Tommy20周年記念イベント」において、ザ・ブラディーと組んで、阿部幸江、KAZUKI組と対戦。ファング組が敗れる。
  • 12月31日、ザ・ブラディーと共に引退。引退試合はザ・ブラディー、ファング鈴木組対尾崎魔弓ダイナマイト・関西組のLSDルール。
2006年
  • 7月30日、愛知県名古屋市・久屋大通公園「第36回CBC NAGOYA夏祭りダイコク電機「ストリートファイト2006」OzアカデミーSUMMER WAR(7月29日・30日開催)」の豊田真奈美闘牛・空の試合中、空にザ・ブラディーと共に強引に連れ出され豊田への攻撃に参加させられる。

得意技[編集]

  • STO(「鈴木知子大外刈り」の略)
  • FJボム
  • ライガーボム
  • ラリアット

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

関連項目[編集]