ガンマ・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガンマ・レイ
Gamma Ray
Gamma Ray Rockharz 2016 07.jpg
ドイツ・バレンシュテット公演 (2016年7月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツハンブルク
ジャンル ジャーマンメタル
パワーメタル[1]
ヘヴィメタル[1]
スピードメタル[1]
メロディックスピードメタル
活動期間 1989年 - 現在
レーベル ノイズ・レコード
サンクチュアリ・レコード
SPV
earMUSIC
メンバー カイ・ハンセン (ボーカル、ギター)
フランク・ベック (ボーカル)
ヘンヨ・リヒター (ギター)
ディルク・シュレヒター (ベース)
ミヒャエル・エーレ (ドラムス)
旧メンバー ラルフ・シーパース (ボーカル)
ウヴェ・ヴェッセル (ベース)
マティアス・ブルヒャルト (ドラムス)
ウリ・カッシュ (ドラムス)
トーマス・ナック (ドラムス)
ヤン・ルバッハ (ベース)
ダン・ツィマーマン (ドラムス)

ガンマ・レイ(Gamma Ray)は、ドイツ出身のパワーメタルバンド

元「ハロウィン」のカイ・ハンセンを主宰に結成。以来、ジャーマンメタルの代表格として認知されている。バンド名は「ガンマ線」及び、同国のバンド「バース・コントロール」(英語版)の同名曲に因む(3rdアルバムで同曲をカバーしている)。

経歴[編集]

ラルフ・シーパース ヴォーカル期(1989年 - 1993年)[編集]

ラルフ・シーパース(Vo) 2009年

1988年に様々な問題からハロウィンを脱退したカイ・ハンセンは、ハンブルク大学の分校で音楽理論や幅広い音楽性を学びつつ、ブラインド・ガーディアンのアルバムにゲスト参加をするなどの活動をしながらソロプロジェクトを進め、1989年下旬にレコーディングを開始。元タイラン・ペイスのラルフ・シーパース(Vo)にウヴェ・ヴェッセル(B)、マティアス・ブルヒャルト (Dr) を迎え、ガンマ・レイという新たなバンドとして翌1990年に1stアルバム『Heading For Tomorrow』を発表した。その後にハンブルク大学在籍時に出会ったディルク・シュレヒター(G、現在はB)、また新たなドラマーとしてウリ・カッシュ(Dr)を迎え、初来日公演も行った(その模様はライブビデオ「Heading for east」としてリリース)。

1991年に2ndアルバム『Sigh No More』を発表。翌年に音楽的な問題からウリとウヴェが脱退、後任として自分たちのスタジオが入っているビルにある他のスタジオでガンマ・レイの楽曲を練習していたヤン・ルバッハ(B)とトーマス・ナック(Dr)を迎え、1993年に3rdアルバム『Insanity And Genius』を発表した。前作での批判意見に影響されたのか、ストレートなパワー、スピードを強調した作品であった。その後レイジ、コンセプション、ヘリコンらと共にドイツで行われたフェスティバルの模様を2本目のライブビデオ『lust for live』と、ライブコンピレーションアルバム『POWER OF METAL』としてリリースしている。

カイ・ハンセン ヴォーカル期(1994年 - 2014年)[編集]

創設者カイ・ハンセン(Vo/G) 2008年

1994年、ロブ・ハルフォードが脱退したジューダス・プリーストの新ヴォーカリストを決めるオーディションに参加したことが発端となり、ラルフが脱退(ジューダス・プリーストの新ヴォーカリストにはティム・"リッパー"・オーウェンズが迎えられた。ラルフは一時音楽活動からは引退状態だったが、シナーのマット・シナーと共にプライマル・フィアを結成、現在も活動中)。カイは新たなヴォーカリストを迎えずに自らがギターとヴォーカルを兼任することを選択(カイ曰く、「専任ヴォーカリストが欲しくないわけではなく適任者がいないから」)。

4人編成となったバンドは1995年にアルバム『Land Of The Free』を発表。このアルバムにはハロウィン時代の盟友マイケル・キスクブラインド・ガーディアンハンズィ・キアシュがゲスト参加、コンセプトアルバムともいえる内容であった。

1996年にライブアルバム『Alive'95』を発表した後、ニューアルバムのレコーディングを前にしてディルクが本来のパートであるベースに転向したいとの意向をカイに相談。カイは悩んだ結果ディルクの要求を受け入れ、ヤンにギターへの転向を勧めたがうまく行かず脱退、元々友人であり同時に加入したトーマスも脱退していった。後任には旧知の友人であるヘンヨ・リヒター(G)とフリーダム・コールや数多くのセッションで活躍しているダニエル・ツィマーマン(Dr)が加入、それまでアルバムリリースの度にメンバーが変わっていたガンマ・レイだったが長らく続く不動のラインナップが揃った。

1997年にはアルバム『Somewhere Out In Space』、1999年に『Powerplant』、2000年に現メンバーで再レコーディングした楽曲とリマスターを行った楽曲を収録した2枚組ベストアルバム『Blast From The Past』、2001年に『No World Order』、2003年に2枚組ライブアルバム『Skeltons In The Closet』、2005年に『Majestic』を発表。

2005年のグループショット

所属していたレコード会社が買収されたため、新アルバムとライブDVDのリリースが未定であったが、2007年11月21日に「Land Of The Free II」(日本盤)をリリースした。また、ハロウィンのワールドツアーに帯同し、2008年2月に来日公演を行った。

2010年、アルバム『To the Metal!』を発表。2年ぶりに来日公演を行った。

2012年秋にダニエル・ツィマーマンが脱退していることが明かされた。後任は元メタリウムファイアーウインドミヒャエル・エーレに決定している。

2014年、ミヒャエル・エーレ初参加となるアルバム『Empire Of The Undead』を発表。6月に来日公演を行った。

ツインリード ヴォーカル期(2015年 - 現在)[編集]

2015年11月、バンドの公式Facebookにて、新ボーカルにフランク・ベックの加入が発表され、カイとのツインリード・ボーカル体制に移行[2]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • カイ・ハンセン (Kai Michael Hansen) - ボーカル/ギター (1989- )
    バンドのリーダー的存在。ラルフが1994年に脱退するまではリードギターに専念していた。
  • フランク・ベック (Frank Beck) - ボーカル (2015- )
  • ヘンヨ・リヒター (Henjo Oliver Richter) - ギター/キーボード (1997- )
    キーボードも担当。アルバム等で名前の読みを「ヘニュ」と紹介されている場合があるが、発音としては間違いである。ちなみにハロウィンのマイケル・ヴァイカート(G)はローランド・グラポウ(G)が脱退した際に後任として旧知の仲であるヘンヨを誘ったが結局断っている。
  • ディルク・シュレヒター (Dirk Schlächter) - ベース (1990- )
    95年まではリズムギターを担当。アルバム等で名前の読みが「ダーク」と紹介されている場合があるが、本人はそれを好んでいないようである。
  • ミヒャエル・エーレ (Michael Ehre) - ドラムス (2012- )
    メタリウムファイアーウインドラブ・マイト・キルのリーダーでもあり、並行して活動していく予定。

旧メンバー[編集]

  • ラルフ・シーパース (Ralf Scheepers) - ボーカル (1989-1994)
タイラン・ペイスを経て加入。現在はプライマル・フィアの一員。
  • ウヴェ・ヴェッセル (Uwe Wessel) - ベース (1989-1992)
  • マティアス・ブルヒャルト (Mathias Burchardt) - ドラムス (1989-1990)
  • ウリ・カッシュ (Uli Kusch) - ドラムス (1990-1992)
脱退後はハロウィンマスタープラン等に加入。
  • トーマス・ナック (Thomas Nack) - ドラムス (1993-1996)
ヤンと共にアナスターシアを経て加入。現在はアイアン・セイヴィアーに加入している。
  • ヤン・ルバッハ (Jan Rubach) - ベース (1993-1996)
トーマスと共にアナスターシアを経て加入。
  • ダン・ツィマーマン (Daniel "Dan" Zimmerman) - ドラムス (1996-2012)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

また、2002年には「Heading for Tomorrow」から「Powerplant」までが以下の仕様で再発された。欧州ではこれらの再発盤6枚組のボックスセットも発売されている。

  • デジタルリマスター
  • デジパック
  • 新ジャケットイラスト
  • ボーナストラック追加(主にシングル収録曲)

ベストアルバム[編集]

2000年 Blast from the Past
二枚組アルバム。公式サイトにてファン投票を行い、その結果を基にして収録曲が決められた。1枚目の全てと2枚目の3曲目までは現行メンバーによるアレンジ再収録、4曲目からはデジタルリマスターされた楽曲が収録されている。
2010年 Alright! - 20 Years Of Universe
デビュー20周年を記念して日本で企画されたアルバム。デビューアルバムから新作「To the Metal」までの代表曲が収録されている。

ライブアルバム[編集]

1996年 Alive '95
1995年の「Land Of The Free」ツアーの模様が収められている。ヨーロッパで録音したものを収録。海外盤の一部にはラルフ期のライブが収録されたCDが付属しているものも存在するが、これは「Power Of Metal」というコンピレーションアルバムに収録されている音源の一部である。
2003年 Skeletons in the Closet
2枚組。ライブではほとんど演奏しない曲を演奏する「Skeltons In The Closet」ツアーの模様を収めたファン向けのライブアルバム。なお、ツアーで演奏された曲は公式サイトでの投票を基にしている。
2008年 Hell Yeah! The Awesome Foursome
2006年のモントリオール、及びバルセロナでの公演を収録した二枚組アルバム。
2012年 Skeletons & Majesties Live
2011年のスイスでの公演を収録した二枚組アルバム。ドラマーのダニエル・ダン・ツィマーマン在籍最後のアルバムとなった。

ビデオ・DVD[編集]

1990年 Heading for the East
1990年の初来日公演の模様を収めたもの。
1993年 Lust for Live
1993年の「Lust for Live」ツアーの模様を収めたもの。

シングル[編集]

同シングル収録の「Who Do You Think You Are?」(Sigh No Moreのリマスター盤にも収録)をボクシング鬼塚勝也が入場曲として使用していた。

出典[編集]

  1. ^ a b c Gamma Ray - ガンマ・レイ - キューブミュージック・2014年6月21日閲覧。
  2. ^ “ガンマ・レイに新ヴォーカルが加入、カイ・ハンセンとの2人リード・ヴォーカル体制へ”. amass.jp. (2015年11月1日). http://amass.jp/64505/l 2016年4月28日閲覧。 

関連バンド[編集]

主題歌[編集]

  • 「heading for tomorrow」がTBSボクシング「ガッツファイティング」のテーマ曲に、「Induction」がTBS「K-1 World Max」のテーマ曲に採用されており、関連するテレビ番組やCMでよく流れる。

外部リンク[編集]