バース・コントロール (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バース・コントロール
Birth Control
BC aktuell.jpg
バース・コントロール(2016年)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラウトロック
ハードロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1966年 - 1984年
1993年 - 2014年
2016年 -
レーベル オール
ブレイン・レコード
公式サイト www.birthcontrol.de
メンバー Peter Föller
Martin Ettrich
Sascha Kühn
Hannes Vesper
Manni von Bohr
旧メンバー 下記参照

バース・コントロールBirth Control)は、ドイツのロック・バンドで、プログレッシブハードロック・サウンドと挑発的なアルバム・カバー(『Two Eggs – Two Concerts』での鶏の卵を料理する鶏など)で知られている。

略歴[編集]

バース・コントロールは、別の2バンドであるアールズ (Earls)とジェント (Gents)から、1966年にベルリンで結成された。バンドは、Bernd Koschmidder(ベース)、Reinhold Sobotta(オルガン)、Rolf Gurra(サックス、ボーカル)、Fritz Gröger(ボーカル)、Reiner Borchert(ギター)、Hugo Egon Balder(ドラム)、Klaus Orso(ギター)からなるラインナップで創設された。バンド結成から5年のうちに、オリジナル・メンバー7人全員が脱退したが、バンドは長年のメンバーとなるドラマー(後にリード・ボーカリスト)のBernd Noske(1968年後半にBalderと交代で加入)と、ギタリストのBruno Frenzel(1969年にBorchertと交代で加入)のリーダーシップの下で続けられた。

1983年のFrenzelの死後、グループは解散した。1993年に再結成したものの、解散時のラインナップから残ったのはNoskeだけであった。再編成されたバンドの他のメンバーには、復帰したベーシスト/ボーカリストのHorst Stachelhaus、ギタリストのRocco Zodiak、キーボード奏者のXaver Fischerが含まれていた。

1999年に主要メンバーのStachelhausが亡くなったにもかかわらず、バンドはNoskeの指導の下でドイツをツアーし、世紀の変わり目にも定期的に新しいアルバムをリリースし続けた。後年、元メンバーのPeter Föller(ベース、ボーカル)とZeus B. Held(キーボード)の両名が、たまにコンサートでゲスト・ミュージシャンとしてバンドに戻った。バンドは、Noskeの死によって、2014年2月18日に終了した[1]。バンドの最終ラインナップは、Noske、ベーシストのHannes Vesper、キーボード奏者のSascha Kuhn、ギタリストのMartin Ettrichで構成されていた。

2016年から、バンドは演奏を続けている。新ラインナップは、Peter Föller(ボーカル)、Martin Ettrich(ギター、トークボックス)、Sascha Kühn(キーボード)、Hannes Vesper(ベース)、Manni von Bohr(ドラム)。同年、Bernd Noskeがボーカルとドラムも収録したニュー・アルバム『Here and Now』をリリース。2018年以降、2枚組ヴァイナル・レコードとしても入手可能である。

メンバー[編集]

  • Bernd Koschmidder – ベース、ボーカル (1968年–1973年)
  • Reinhold Sobotta – オルガン (1968年–1972年)
  • Rolf Gurra – サクソフォーン、ボーカル (1968年–1969年)
  • Fritz Gröger – ボーカル (1968年–1969年)
  • Reiner Borchert – ギター (1968年–1969年)
  • Hugo Egon Balder – ドラム (1968年)
  • Klaus Orso – ギター (1968年)
  • Gerd Alsheimer – ギター (1968年)
  • Bernd Noske – ドラム、パーカッション、ボーカル (1968年–1983年、1993年–2014年) ※2014年死去
  • Bruno Frenzel – ギター (1969年–1983年) ※1983年死去
  • Wolfgang Neuser – オルガン (1972年–1973年) ※2018年死去
  • Peter Föller – ベース、ボーカル (1973年–1977年、2016年-現在)
  • Zeus B. Held – オルガン (1973年–1978年)
  • Dirk Steffens – ギター (1973年–1974年)
  • Horst Stachelhaus – ベース、ボーカル (1977年–1980年、1993年–1999年) ※1999年死去
  • Manfred von Bohr – ドラム (1977年–1980年、2016年-現在)
  • Wolfgang Horn – オルガン (1979年–1981年)
  • Jurgen Goldschmidt – ベース、ボーカル (1980年–1983年)
  • Stefan Linke – ギター、ボーカル (1981年–1983年)
  • Ulrich Klein – キーボード、ボーカル (1981年–1983年)
  • Xaver Fischer – キーボード (1993年–1999年)
  • Rocco Zodiak – ギター (1993年–1995年)
  • Peter Engelhardt – ギター (1995年–2011年)
  • Hannes Vesper – ベース、オルガン (1999年–2000年、2002年–現在)
  • Sascha Kuhn – キーボード (1999年–現在)
  • Rainer Wind – ベース (2000年–2002年)
  • Martin Ettrich – ギター、トークボックス (2011年–現在)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Birth Control (1970年)
  • Operation (1971年)
  • Believe in the Pill (Best of …) (1972年)
  • 『フードゥー・マン』 - Hoodoo Man (1972年)
  • Knock Knock. Who’s There (1973年)
  • Rebirth (1973年)
  • 『ゴールド・ロック』 - Gold Rock (1973年) ※1stアルバムの再発
  • 『ライヴ』 - Live (1974年)
  • Plastic People (1975年)
  • 『精神遊戯』 - Backdoor Possibilities (1976年)
  • The Best Of (1977年)
  • 『インクリース』 - Increase (1977年)
  • The Best Of (Vol. 2) (1978年)
  • 『タイタニック』 - Titanic (1978年)
  • Live 79 (1979年)
  • Count on Dracula (1980年)
  • Rock on Brain (1980年)
  • Deal Done at Night (1981年)
  • Bäng (1982年)
  • Gamma Ray (Special Mix) (1989年)
  • The Very Best Of (1990年)
  • Condomium (1994年)
  • Two Worlds (1995年)
  • Jungle Life (1996年)
  • Definitive Collection (1996年)
  • Getting There (1998年)
  • Crazy Nights (Studio Session) (1998年)
  • Live Abortion (2000年)
  • Live in Lachendorf (2000年)
  • Alsatian (2003年)
  • Live in Fulda (2004年)
  • 35th Anniversary – Live at Rockpalast (2005年)
  • We are Family (2009年)
  • Here and Now (2016年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Birth Control – the legend lives on | offizielle Homepage”. Birth-control.de (1946年8月17日). 2014年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]