ブラインド・ガーディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラインド・ガーディアン
Blind Guardian
20160515 Gelsenkirchen RockHard Festival Blind Guardian 0132.jpg
ドイツ・ゲルゼンキルヒェン公演(2016年5月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ノルトライン=ヴェストファーレン州クレーフェルト
ジャンル ジャーマンメタル
パワーメタル[1][2][3]
エピックメタル
プログレッシブ・メタル[1][2][3]
スピードメタル[1][2]
スラッシュメタル(初期)[1][2][3]
シンフォニックメタル[2]
シンフォニックブラックメタル[1]
ヘヴィメタル[1]
活動期間 1984年 - 現在
レーベル センチュリー・メディア
ヴァージン・レコード
ニュークリア・ブラスト
公式サイト Blind Guardian (英語)
メンバー ハンズィ・キアシュ (Vo)
アンドレ・オルブリッチ (G)
マーカス・ズィーペン (G)
バーレント・クールボア (B)
フレデリック・エームケ (Ds)
旧メンバー トーマス・スタッシュ (Ds)
ほか別記参照

ブラインド・ガーディアンBLIND GUARDIAN)は、ドイツ出身のパワーメタルバンド[2]

1980年代から活動している、ジャーマンメタルの代表的グループ。ファンタジーをモチーフにしたエピック的スタイルを展開し、特に「マイケル・ムアコック」や「J・R・R・トールキン」の作品を主題にした楽曲はかなりの数にのぼる。

スタイル[編集]

  • Helloween、現Gamma Rayカイ・ハンセンと交流が深く、2nd、3rdではカイがゲストボーカルとして参加している。
  • 幻想的な世界観を重厚でドラマチックな音楽と壮大な合唱コーラス)で表現したシンフォニックパワーメタル。近作ではオーケストレーションを導入したより壮大で複雑な楽曲が増えてきている。
  • ギタリストのアンドレ・オルブリッチは、ほとんどのギターソロを「作曲」しているため、特徴的なギターソロが多い(ギタリストは即興演奏でギターソロを作る者が多く、そのため似たようなフレーズが目立ち「手癖」と揶揄されるケースもある)。また、ソロ以外でも伴奏時にソロパートのようなフレーズを入れることも少なくない。
  • ブラインド・ガーディアンでは、アンドレ・オルブリッチがほとんどのギターソロを弾いており、マーカス・ズィーペンはバッキングに回ることが多い。
  • クイーンハロウィンを合わせたような音楽性、と評されることもある。ギターのアンドレは、影響を受けたギタリストとしてクイーンのブライアン・メイの名を挙げている。

メンバー[編集]

メンバーはデビュー以来替わっていなかったが、2005年トーメン・スタッシュが、音楽性の違いから円満の脱退。メジャーデビュー後初のメンバー・チェンジとなった(ハンズィ・キアシュは、1998年以降ボーカルとベースの兼業を辞め、ボーカルに専念することにしたため、サポートとしてのベースメンバーがその都度入っている。またトーメンの怪我や「肺が4つあったため」の手術などでサポートメンバーを起用したことがある)。

現ラインナップ[編集]

  • ハンズィ・キアシュ Hansi Kürsch 本名:Hans Juergen Kürsch - ボーカル/(ベース) (1984– )
  • アンドレ・オルブリッチ André Olbrich - リードギター (1984– )
  • マーカス・ズィーペン Marcus Siepen - リズムギター (1987– )
  • バーレント・クールボア Barend Courbois - ベース (サポート2011–2016, 正規2017– )
  • フレデリック・エームケ Frederik Ehmke - ドラムス (2005– )

旧メンバー[編集]

  • トーマス・ケレナーズ Thomas Kelleners - ボーカル (1984)
  • マーカス・ドルク Markus Dörk - ギター (1984–1985)
  • トーマス "トーメン" スタッシュ Thomas“Thomen”Stauch - ドラムス (1984–1985, 1987–2005)
  • クリストフ・タイセン Christof Theißen - ギター (1986)
  • ハンス=ピーター・フレイ Hans-Peter Frey - ドラムス (1986)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • 8thアルバム。新メンバーのフレデリック(Dr)のデビュー盤でもある。初回盤のみ「Fly」の別バージョン収録。
  • アット・ジ・エッジ・オブ・タイム At The Edge Of Time2010年
    9thアルバム。10曲目の「Wheel of Time」は「時の車輪」(The Wheel of Time)シリーズをモチーフにしている。デモ音源等が収録されたボーナスディスクが付属するデラックス盤も発売された。
  • ビヨンド・ザ・レッド・ミラー Beyond The Red Mirror2015年[5]
    10thアルバム。『イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド』の続編にあたる。

ライブアルバム[編集]

  • トーキョー・テイルズ (旧題:東京物語) Tokyo Tales1993年
    1992年末の日本公演を収録したライブ・アルバム。こぼれ話として、この初来日では大阪公演の観客の盛り上がりや歓声が凄まじく、関係者の誰もが大阪公演を収録するものと考えていたのだが、ステージ上ではその違いに気づかなかったために東京公演を収録してしまった、と後にメンバーが語っている。
  • ライヴ! Live2003年
    2枚組ライブアルバム。
  • Live Beyond the Spheres (2017年)[6]

日本公演[編集]

  • 1992年
  • 1995年
  • 2002年
  • 2007年 ANGRAとのカップリング・ツアー
  • 2007年 LOUD PARK 07
  • 2015年
  • 2016年 LOUD PARK 16

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Blind Guardian|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年4月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Blind Guardian - ブラインド・ガーディアン - キューブミュージック・2014年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c Blind Guardian reviews, music, news - sputnikmusic・2015年4月27日閲覧。
  4. ^ 欧州孤高のメタルバンド、ブラインド・ガーディアンに直撃インタビュー”. BARKS (2006年8月30日). 2018年1月26日閲覧。
  5. ^ ブラインド・ガーディアン4年半振りのニュー・アルバム”. TOWER RECORDS (2014年12月2日). 2018年1月26日閲覧。
  6. ^ ブラインド・ガーディアン、熱きジャーマン・メタルの理想形”. BARKS (2017年6月19日). 2018年1月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • 五十嵐亮太:東京ヤクルトスワローズの投手。7thアルバムの曲"Battlefield"を入場曲に使用(2002年)。
  • セイクリッド2:主題歌『This World is Sacred』を担当。超文明ファンタジー世界を舞台にしたRPGで、ハンズィらメンバー自身が登場するイベントミッション、およびデモムービーが発生する。

外部リンク[編集]