プライマル・フィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プライマル・フィア
PRIMAL FEAR
Primal Fear Rockharz Open Air 2014 11.JPG
ドイツ・バレンシュテット公演 (2014年7月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州 エスリンゲン英語版
ジャンル ジャーマンメタル
ヘヴィメタル
パワーメタル
スピードメタル
活動期間 1997年 - 現在
レーベル ニュークリア・ブラスト
Frontiers Records
公式サイト http://www.primalfear.de/home/
メンバー ラルフ・シーパース(Vo)
マット・シナー(B/Vo)
トム・ナウマン(G)
アレックス・バイロット(G)
マグナス・カールソン(G)
フランチェスコ・ジョヴィーノ(Ds)
旧メンバー 以下を参照

プライマル・フィアPRIMAL FEAR)は、ドイツシュトゥットガルトを拠点に活動するヘヴィメタルバンド

ガンマ・レイラルフ・シーパース(Vo)、SINNERのリーダーであるマット・シナー(B/Vo)が在籍している事で知られる[1]

概要 [ソースを編集]

ラルフ・シーパース(Vo) 2016年
マット・シナー(B/Vo) 2016年
ドイツ・ニュルンベルク公演 (2007年12月)
トム・ナウマン(G) 2016年
アレックス・バイロット(G) 2016年

1994年ガンマ・レイを脱退したラルフ・シーパースは、ジューダス・プリーストの後任Vo選考に参加する。しかし、英語が母国語ではないと言う理由により落選となり、行き場を失ってしまった。ラルフはこのとき引退も決意していたというが、それを説得したのがSINNERのマット・シナーとトム・ナウマンであった。これによりラルフは音楽活動再開を決意し、「俺たちで本当に自分達のやりたいことをやろう」という意気込みから活動は開始された。

1997年にはクラウス・シュペリングも参加し、本格的なバンドとしての活動を掲げ、いくつかの候補の中からPRIMAL FEARというバンド名に決定。日本では同年12月、ヨーロッパでは翌年2月にそれぞれデビュー・アルバム『Primal Fear』がリリースされた。

デビュー作は、本国ドイツを中心にヨーロッパ各国で熱狂的に迎え入れられた。ツアー開始に伴い、2人目のギタリストとしてステファン・レイビングが加入する。 当初、メディアは「ラルフとマットが組んだプロジェクト」という見方をしていた。これを払拭するため、1998年内だけで60回ものライヴを行う。

1999年、『Jaws Of Death』をリリース。このアルバムのリリースにより、名実ともにバンドとしての活動を本格化させる。しかし、ギタリストのトム・ナウマンが健康上の問題から脱退することとなり、当時SINNERに在籍していたアレックス・バイロット(現サイレント・フォース)を代役としてツアーを続行した。この年の終わりに初来日公演を行った。

2000年にはSINNERにトム・ナウマンの後任として加入していた元サンダーヘッドのヘニー・ウォルターが正式にプライマル・フィアの一員として活動することが発表される。新たなメンバーも決まり、これまで以上に活発に活動を展開。日本では2000年12月、ヨーロッパでは2001年1月に『Nuclear Fire』がリリースされ、大躍進を遂げる。

この頃になると、マット・シナーはプライマル・フィアでの活動をより優先するようになり、2001年にリリース予定であったSINNERのアルバム制作を延期し、プライマル・フィアの新作に取り掛かる。それが2002年リリースの『Black Sun』である。

2002年末、ヘニー・ウォルターが脱退を表明、後任として結成時のオリジナル・メンバーであったトム・ナウマンが復帰を果たす。その後2003年にはクラウス・シュペリングも脱退。後任に元アナイアレイターのランディ・ブラックが加入する。またこの年には、DVD『The History Of Fear』がリリースされている。

2004年、『Devil's Ground』をリリース。これにより、ドイツを代表するヘヴィメタルバンドの仲間入りを果たす。

2005年、『Seven Seals』をリリース。

2006年、ベストアルバム『Metal Is Forever - The very best of Primal Fear』をリリースする。

2007年、『New Religion』をリリース。このアルバムのレコーディング中に、トム・ナウマンが脱退。後任に元メンバーのヘニー・ウォルターが復帰した。

2008年3月、ステファン・レイビングが脱退し、後任として、マグナス・カールソンが加入した。

2009年、『16.6(Before The Devil Knows You're Dead)』をリリース。

2010年、2009年9月に行われたアメリカ・ツアーにおけるアトランタでのライブCD+DVD『Live In The USA + 16.6 Live Around The World』をリリース。9月13日、ヘニー・ウォルターが自身のMyspaceブログにてPRIMAL FEAR及びSINNERからの脱退を表明。直後のヨーロッパ・ツアーはマットの盟友アレックス・バイロットをヘルプに迎えて行なわれ、後に正式に加入する運びとなった。

2012年、『Unbreakable』をリリース。

2014年、『Delivering The Black』をリリース[2]。 同年8月11日、公式サイトでランディ・ブラックの脱退が発表される[3]9月9日、新ドラマーとして元ANGRAアキレス・プリースターの加入が発表された。

2015年6月、アキレスの脱退とトム・ナウマンの復帰、アキレスの後任にU.D.O.のメンバーだったフランチェスコ・ジョヴィーノの加入が発表された[4]

2016年、『Rulebreaker』をリリース[5]

メンバー[ソースを編集]

  • ラルフ・シーパース Ralf Scheepers - ボーカル (1997- )
  • マット・シナー Mat Sinner - ベース/ボーカル (1997- )
  • トム・ナウマン Tom Naumann - ギター - (1997-2000, 2003-2007, 2015- )
  • アレックス・バイロット Alex Beyrodt - ギター (2009- )
  • マグナス・カールソン Magnus karlsson - ギター (2008- ) 創作担当
  • フランチェスコ・ジョヴィーノ Francesco Jovino - ドラムス (2015- )

旧メンバー[ソースを編集]

  • クラウス・シュペリング Klaus Sperling - ドラムス (1997-2003)
  • ステファン・レイビング Stefan Leibing - ギター (1998-2007)
  • ヘニー・ウォルター Henny Wolter - ギター (2000-2002, 2007-2010)
  • ランディ・ブラック Randy Black - ドラムス (2003-2014)
  • アキレス・プリースター Aquiles Priester - ドラムス (2014-2015)

ディスコグラフィー[ソースを編集]

  • 1997年 Primal Fear
  • 1999年 Jaws Of Death
  • 2000年 Nuclear Fire 
  • 2002年 Black Sun
  • 2003年 The History Of Fear(DVD) 
  • 2004年 Devil's Ground 
  • 2005年 Seven Seals 
  • 2006年 Metal Is Forever - The very best of Primal Fear 
  • 2007年 New Religion 
  • 2009年 16.6(Before The Devil Knows You're Dead) 
  • 2010年 Live In The USA + 16.6 Live Around The World (CD+DVD) 
  • 2012年 Unbreakable 
  • 2014年 Delivering the Black 
  • 2016年 Rulebreaker

日本公演[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]