ファイアーウインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイアーウインド
Firewind
Firewind - Wacken Open Air 2018 02.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ
中央マケドニア テッサロニキ
ジャンル パワーメタル
ヘヴィメタル
メロディックスピードメタル
活動期間 1998年 - 現在
レーベル リヴァイアサン・レコード
マサカー・レコード
EMI
センチュリー・メディア・レコード
日本の旗キングレコード
日本の旗アヴァロン・レーベル
日本の旗ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
公式サイト firewind.gr
メンバー
旧メンバー
  • ブランドン・ペンダー (ボーカル)
  • ステファン・フレドリック (ボーカル)
  • チティ・ソマパラ (ボーカル)
  • アポロ・パパサナシオ (ボーカル)
  • ヘニング・バッセ (ボーカル)
  • コンスタンティン (ベース)
  • ボブ・カティオニス (キーボード/ギター)
  • マット・スカーフィールド (ドラムス)
  • ブライアン・ハリス (ドラムス)
  • スティアン・クリストファーセン (ドラムス)
  • マーク・クロス (ドラムス)
  • ミヒャエル・エーレ (ドラムス)

ファイアーウインド(Firewind)は、ギリシャ出身のパワーメタルバンド

同国の技巧派ギタリスト、ガス・Gが率いるグループで知られる。バンド名はウリ・ジョン・ロートのバンド、エレクトリック・サンの2ndアルバムに由来する。

略歴[編集]

創設者 ガス・G (2012年)

[1]ミスティック・プロフェシー」「ドリーム・イーヴル」「ナイトレイジ」を掛け持ちしていた実力派ギタリスト、ガス・G.が中心になり、1998年に発足。当人の仕事が一段落した2002年から本格始動した。メンバーはギリシャ人が中心だが、頻繁にメンバーチェンジが繰り返されている。

その後もガス・G.は多忙であったが、2005年リリースの3rdアルバム『Forged by Fire』以降に、ファイアーウインドの専念を表明する。

2006年、4thアルバム『Allegiance』をリリース。同年にロックフェス「LOUD PARK」出演による来日。翌年10月には、「キャメロット」と共に来日公演を行う。

2009年、ガス・G.が「オジー・オズボーン」バンドのギタリスト就任のビッグチャンスを掴むが、ファイアーウインドの活動も継続が決定。翌年に6thアルバム『Days Of Defiance』をリリースする。

2012年、7thアルバム『Few Against Many』をリリース[2]

2013年1月、2006年よりリード・ボーカルを担当してきたアポロ・パパサナシオが脱退し[3]、その後のツアーには、ケリー・サンダウン・カーペンターがサポートとして参加した[4]

2015年、ヘニング・バッセが正規ボーカリストとして復帰。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ハービー・ラングハンス (Herbie Langhans) - ボーカル (2020- )
    ドイツ出身。ビヨンド・ザ・ブリッジ、ラディアント、ザ・ライトブリンガー・オヴ・スウェーデン、ウィスパーズ・イン・クリムゾン、セヴンス・アヴェニュー、シンブリード、シンフォニティーなどでも活動。ギタリストとしての活動もある。
  • ガス・G (Gus G.) - リードギター (1998– )
    ナイトレイジミスティック・プロフェシードリーム・イーヴルオジー・オズボーンでも活動。
  • ペトロス・クリスト (Petros Christo) - ベース (2003- )
    ブレイキング・サイレンスでも活動。
  • ヨハン・"ジョー"・ニューンツ (Johan "Jo" Nunez) - ドラムス (2011- )
    ベルギー出身。キャメロット、ナイトレイジ、メリディアン・ドーン、アバウト:ブランク、スーサイド・オヴ・デーモンズなどでも活動。

旧メンバー[編集]

  • ブランドン・ペンダー (Brandon Pender) - ボーカル (1998)
    アメリカ合衆国出身。
  • ステファン・フレドリック (Stephen Fredrick) - ボーカル (2002-2004)
    アメリカ合衆国出身。ケンジナー、キンリック、スパイクなどでも活動。
  • チティ・ソマパラ (Chity Somapala) - ボーカル (2004-2006)
    スリランカ出身。パワー・クエスト、レッド・サーキット、アヴァロン、シヴィライゼーション・ワン、コート・ジェスター、ムーンライト・アゴニーなどでも活動。
  • アポロ・パパサナシオ (Apollo Papathanasio) - ボーカル (2006–2013)
    スウェーデン出身。スピリチュアル・ベガーズガーデニアンイーヴル・マスカレード、タイム・レクイエム、メデューザ、マジェスティック、サンダリナス、アーテュリアス、ウィー・ウィル・ザ・デッドなどでも活動。
  • ヘニング・バッセ (Henning Basse) - ボーカル (サポート2007, 正規2015-2020)
    ドイツ出身。ホレンター、ヒプノサイド、オルフェウス・ブレード、マヤン、メタリウム、サンズ・オヴ・シーズンズなどでも活動。
  • コンスタンティン (Konstantine) - ベース (2002-2003)
  • ボブ・カティオニス (Bob Katsionis) - キーボード/リズムギター (2004-2020)
    ナイトフォールレヴォリューション・ルネッサンス、アウトラウド、テオ・ロス、イマジナリー、カルミック・リンク、ミラージュ、パーペチュアル、シリアス・ブラック、スター・クイーンなどでも活動。
  • マット・スカーフィールド (Matt Scurfield) - ドラムス (1998)
    アメリカ合衆国出身。イヴェント、ザ・レイン・オヴ・テラーなどでも活動。
  • ブライアン・ハリス (Brian Harris) - ドラムス (2002-2003)
    アメリカ合衆国出身。ダーコロジー、フォール・ステンチ、ザ・リーファー・ハット、ケンジナー、セヴン・セラフィム、ストラクチャー・オヴ・インヒューマニティ、ヴェイングローリー、ザニスターなどでも活動。
  • スティアン・クリストファーセン (Stian L. Kristoffersen) - ドラムス (2003-2006)
    ノルウェー出身。カステイン、ペイガンズ・マインド、ディメンジョン・F3H、ヨルンなどでも活動。
  • マーク・クロス (Mark Cross) - ドラムス (2006-2010)
    イギリス出身。アット・ヴァンスハロウィンナイトフォール、ゴッズ・アーミー、タワー・オヴ・バベル、メタリウム、アウトラウドなどでも活動。
  • ミヒャエル・エーレ (Michael Ehré) - ドラムス (2010-2011)
    ドイツ出身。ガンマ・レイプライマル・フィア、ザ・ユニティー、メタリウム、マーダー・ワンなどでも活動。

サポート・メンバー[編集]

  • マッツ・レヴン (Mats Levén) - ボーカル (2011)
  • ケリー・"サンダウン"・カーペンター (Kelly "Sundown" Carpenter) - ボーカル (2013-2015)
  • マリオス・イリオポウロス (Marios Iliopoulos) - ベース (2010)
  • フォティス・ベナルド (Fotis Benardo) - ドラムス (2005)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ビトゥイーン・ヘヴン・アンド・ヘル - Between Heaven and Hell(2002年)
  • バーニング・アース - Burning Earth(2003年)
  • フォージド・バイ・ファイア - Forged by Fire(2005年)
  • アリージェンス - Allegiance(2006年)
  • ザ・プリモニション - The Premonition(2008年)
  • デイズ・オヴ・ディファイアンス - Days Of Defiance(2010年)
  • フュー・アゲインスト・メニー - Few Against Many(2012年)
  • 不滅神話 - Immortals(2017年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • ライヴ・プリモニション - Live Premonition(2008年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]