レヴォリューション・ルネッサンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レヴォリューション・ルネッサンス
Revolution Renaissance
出身地  フィンランド 南スオミ州
ウーシマー県 ヘルシンキ
ジャンル パワーメタル
メロディックスピードメタル
活動期間 2008年 - 2010年
レーベル スカーレット・レコード
ナパーム・レコード
ビクター・エンタテインメント
アヴァロン・レーベル
共同作業者 ストラトヴァリウス
公式サイト www.revolution-renaissance.com
メンバー ティモ・トルキ
マグナス・ローゼン
ボブ・カティオニス
Bruno Agra
Gus Monsanto
旧メンバー Mike Khalilov
Justin Biggs

レヴォリューション・ルネッサンス (Revolution Renaissance)はギタリストのティモ・トルキが2008年にストラトヴァリウスを脱退後に結成したフィンランドの多国籍ヘヴィメタルバンドである。

概略[編集]

ティモ・トルキは2008年3月19日に発行された音楽雑誌の2月29日に行われたインタビューにて、ほぼ完成していたストラトヴァリウスのニューアルバム発売を取りやめ、その楽曲は新バンドのレヴォリューション・ルネッサンスで使用する発表をした。バンド名のレヴォリューション・ルネッサンスはストラトヴァリウスのニューアルバムのタイトルになる予定であった。その後トルキは4月2日にストラトヴァリウス公式サイトにて、バンドのメンバー間のさまざまな対立やバンドの崩壊について語り、解散宣言をした。

デビューアルバムの『New Era』はストラトヴァリウスが1996年発表した『Episode』に近い作風と評価されている。なお、9曲目収録の『Last Night on Earth』は2007年にフィンランドで行われた音楽フェスティバルでストラトヴァリウスの新曲として演奏されていた。アルバムには元ハロウィンマイケル・キスクエドガイのトビアス・サメットらゲスト参加し、その他は若いフィンランド人ミュージシャンが起用された。日本版にはボーナストラックとしてティモ・コティペルトが歌う『Glorious and Divine』のストラトヴァリウス版デモ・ヴァージョンが収録されている。

2008年10月に公式サイトがオープン。現在の正式メンバーが演奏している『New Era』からの楽曲やストラトヴァリウスの楽曲が配信されている。同年12月より南米ツアー予定であったが、現地プロモーターの不手際によりツアーはニューアルバムリリース後に延期された。2009年3月25日ビクターエンタテインメントより現在のラインナップとなって初のアルバムである『Age Of Aquarius』が発売された。8月、Napalm Recordsと契約し、2010年発売予定のアルバムの製作に入ったが、音楽性の違いからキーボーディストのMike KhalilovとベーシストのJustin Biggsが脱退。[1]後任ベーシストにハンマーフォールに在籍していたマグナス・ローゼン(Magnus Rosén)が11月加入。

2010年7月に、次のスタジオアルバム『Trinity』をもって、バンドは解散すると発表された。『Trinity』は同年9月にリリース。リリース後、発表通り解散した。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

セッションメンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]