ガス・G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガス・G.
Gus G.
Firewind - Wacken Open Air 2018 15.jpg
ファイアーウインド - ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出生名 コンスタンティノス・カラミトロウディス
Κωνσταντίνος Καραμητρούδης
生誕 (1980-09-12) 1980年9月12日(38歳)
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ 中央マケドニア
テッサロニキ県 テッサロニキ
ジャンル ヘヴィメタル
メロディックスピードメタル
メロディックデスメタル
職業 ミュージシャンギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1998年 - 現在
レーベル センチュリー・メディア・レコード
共同作業者 ミスティック・プロフェシー
ナイトレイジ
ドリーム・イーヴル
ファイアーウインド
オジー・オズボーン
公式サイト gus-g.com
著名使用楽器
ESP GUS G. Signature Models

ガス・G.Gus G. / 本名:コンスタンティノス "コスタス" カラミトロウディス (ギリシア語: Κωνσταντίνος "Κώστας" Καραμητρούδης / ラテン文字転写: Konstantinos "Kostas" Karamitroudis), 1980年9月12日 - )は、ギリシャ出身のロックミュージシャンギタリスト作曲家。世界でもトップクラスの技巧派ギタリストとして注目されている。

略歴[編集]

1998年パワーメタル・バンド「ファイアーウインド」を結成し、活動を始める[1]

その後2001年、ドイツのメロディックスピードメタルバンド、ミスティック・プロフェシーのメンバーとしてメジャーシーンに登場する。他に、ナイトレイジドリーム・イーヴルのメンバーも掛け持ちし、「世界一多忙なギタリスト」と呼ばれていた。現在はファイアーウインドの活動に専念するため、他のバンドから全て脱退している。

また、2005年にはクリストファー・アモットが脱退したアーチ・エネミーにサポート・ギタリストとしてツアーに参加した。また、同時期に作られたアーチ・エネミーの6thアルバム、『DOOMSDAY MACHINE』にも参加している。

2009年夏からオジー・オズボーンのツアーに参加。2010年6月発売のアルバム『SCREAM』にも参加[2]

2014年、初のソロアルバム『I Am the Fire』をリリース[3]

2015年、2ndソロアルバム『Brand New Revolution』をリリース[4]

2018年、3rdソロアルバム『Fearless』をリリース[5]

使用機材[編集]

ESPとエンドーズ契約をしていた。2016年に新たにJacksonとエンドースメント契約を締結している。またSeymour Duncanから自身のアーティストモデルであるピックアップが発売されている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

アルバム

  • アイ・アム・ザ・ファイア - I Am the Fire(2014年)
  • ブランニュー・レヴォリューション - Brand New Revolution(2015年)
  • フィアレス - Fearless(2018年)

Firewind[編集]

Mystic Prophecy[編集]

アルバム

  • Vengeance(2001年)
  • Regressus(2003年)
  • Never-Ending(2004年)

2005年に脱退。

Dream Evil[編集]

アルバム

  • Dragon Slayer(2002年)
  • Evilized(2003年)
  • The Book of Heavy Metal(2004年)

EP

  • Children of the Night(2003年)

2004年11月に脱退。

Nightrage[編集]

アルバム

  • Sweet Vengeance(2003年)
  • Descent Into Chaos(2005年)

2006年3月に脱退。

脚注[編集]

外部リンク[編集]