キャメロット (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャメロット
Kamelot
Kamelot at WOA 2012 03.JPG
ドイツ・ヴァッケン公演 (2012年8月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州 タンパ
ジャンル パワーメタル[1][2][3]
プログレッシブ・メタル[1][2][3]
シンフォニック・メタル[1][3]
ヘヴィメタル[3]
ゴシックメタル[3]
ドゥームメタル[3]
プログレッシブ・ロック[2][3]
活動期間 1991年 - 現在
レーベル ノイズ・レコード
サンクチュアリ・レコード
SPV/Steamhammer
Edel Music
ナパーム・レコード
公式サイト kamelot.com
メンバー トミー・カレヴィック(Vo)
トーマス・ヤングブラッド(G)
ショーン・ティブベッツ(B)
ケイシー・グリロ(Ds)
オリバー・パロタイ(Key)
旧メンバー 以下を参照

キャメロットKamelot)は、1991年アメリカ合衆国タンパで結成されたパワーメタルバンド[1]

バンド名はアーサー王の伝説上の城、キャメロット(Camelot)に由来する。母国における、パワーメタルの代表格と見なされている。

バイオグラフィー[編集]

ロイ・カーン(Vo) 2009年
2013年度ツアーメンバー
トミー・カレヴィック(Vo) 2012年
トーマス・ヤングブラッド(G) 2013年
ケイシー・グリロ(Ds) 2007年
オリバー・パロタイ(Key) 2012年

1994年にノイズ・レコードとのレコード契約を獲得し、デビューアルバム『エターニティ』を発表した。

3rdアルバム『シージ・ペリロス』制作途中にリチャード・ワーナー(Ds)とマーク・ヴァンダービルト(Vo)が脱退、後任に元コンセプションのボーカリストでエモーショナルな歌唱を得意とするロイ・カーンと、オーディションによって選ばれたケイシー・グリロ(Ds)が加入し、それ以後、特に日本ヨーロッパにおいて人気が急上昇した。2005年には、以前からツアーに帯同していたオリバー・パロタイ(Key)が正式加入し、5人編成となる。

2009年末に、グレン・バリー(B)が家庭の事情により脱退。後任に旧メンバーのショーン・ティブベッツ(旧ショーン・クリスチャンズ)が復帰した。

2011年4月、カーンが自身の健康上の理由により正式に脱退を表明。代役のツアー・ボーカリストはファビオ・リオーネ(ラプソディー・オブ・ファイア)らが務めた。

2012年6月末、カーンの後任として「SEVENTH WONDER」のトミー・カレヴィック(Vo)が加入。同年秋、カレヴィック加入後初となるアルバム『シルヴァーソーン』をリリース。なお、カレヴィックはSEVENTH WONDERを脱退せず、両バンドの活動を並行して続けている。

2015年春、11thアルバム『ヘイヴン』をリリース。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

デモ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

ライヴアルバム[編集]

ライヴDVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Kamelot - キャメロット - キューブミュージック・2015年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c Kamelot reviews, music, news - sputnikmusic・2015年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Kamelot|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]