ナイトレイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナイトレイジ
Nightrage
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ 中央マケドニア
テッサロニキ県
テッサロニキ (結成時)
 スウェーデン
ヴェストラ・イェータランド県
ヨーテボリ (2000年末 - )
ジャンル メロディック・デスメタル
活動期間 2000年 -
レーベル センチュリー・メディア・レコード
ライフフォース・レコード
デスポッツ・レコード
キング・レコード
アヴァロン・レーベル
共同作業者 フレドリック・ノルドストローム
公式サイト www.nightrage.com
メンバー ロニー・ニーマン (ボーカル)
マリオス・イリオポウロス (ギター)
アンダース・ハマー (ベース)
マグヌス・セーデルマン (ギター)
ローレンス・ディナマルカ (ドラム)
旧メンバー トーマス・リンドバーグ (ボーカル)
ジミー・ストゥリメル (ボーカル)
アントニー・ハマライネン (ボーカル)
ガス・G (ギター)
コンスタンティン (ギター)
オロフ・モルク (ギター)
ブライス・ルクレルコ (ベース)
ヘンリク・カールソン (ベース)
フォティス・ベナルド (ドラム)
アレックス・スヴェニングソン (ドラム)
ジョー・ニューンツ (ドラム)

ナイトレイジNightrage)は、ギリシャ出身のギタリストマリオス・イリオポウロスを中心に結成されたメロディック・デスメタルバンドである。結成当初は、ギリシャで活動していたが、マリオスがスウェーデンに移住した後は、スウェーデンを中心に活動を行っている。マリオス以外のメンバーは安定せず、メンバーの入れ替えが激しい。

当初は、ギリシャ出身のメンバーとスウェーデン出身のメンバーが中心であった。しかし、メンバーチェンジを経て、一時期は多国籍バンドの様相を呈していた[1]

音楽性をメタルコアと表現されることがあるが、マリオスはインタビューで「俺達の音楽をメタルコアと呼ぶのは好きじゃない」、「(バンドの音楽性は)絶対にメタルコアやそれに類したものじゃない」と述べており、バンドの音楽性がメタルコアであることを真っ向から否定している[1]

略歴[編集]

ギリシャメロディックデスメタルバンドエグズメーションの解散により、所属するバンドが無くなったギタリストマリオス・イリオポウロスと友人のギタリストガス・Gによって、ギリシャテッサロニキで結成。その後、デモを作成し、スウェーデン音楽プロデューサーフレドリック・ノルドストロームの元へこれを送ったことをきっかけに、2000年の年末、マリオスはスウェーデンに移住する[1]

スウェーデン移住後、ベーシストのブライス・ルクレルコ、元アット・ザ・ゲイツボーカリストトーマス・リンドバーグが加入。更に、ザ・ホーンテッドドラマー、ペル・モラー・ヤンセンとクリーンボーカリストのトム・イングルンドがゲストで参加し、2003年に1stアルバムの『Sweet Vengeance』をセンチュリー・メディア・レコードからリリースしデビューした。同アルバムは、日本では、キング・レコードからリリースされ、日本デビューを果たした。

しかし、ガス・Gとトーマス・リンドバーグの多忙によりライブ活動をほとんど行うことが出来ず、2004年ジョン・ノトヴェイトの出所により復活したディセクションにブライス・ルクレルコが招かれ、バンドから脱退する。その後、ベーシストのヘンリク・カールソンと結成当初から不在だったドラマーとしてフォティス・ベナルドが加入し、クリーンボーカルにダーク・トランキュリティミカエル・スタンネキーボードにフレドリック・ノルドストロームがゲスト参加して、2ndアルバム『Descent Into Chaos』を2005年にリリースする。

2ndアルバムリリース後、バンドは北米ツアー行うことになるが、その前にトーマス・リンドバーグが脱退し、ボーカルとしてジミー・ストゥリメルが加入した。2006年に入り、ガス・Gがファイアーウインド専念のために脱退した。更に、同年末に、ドラマーがアレックス・スヴェニングソンに交代する。

所属レーベルライフフォース・レコードに移し、3rdアルバム『A New Disease Is Born』を2007年にリリースする。日本では、アヴァロン・レーベルから日本盤がリリースされた。このアルバムには、後に正式メンバーになるギタリスト、オロフ・モルクがゲスト参加している。リリース後、ギタリストとしてギリシャ人のコンスタンティンが加入するが、すぐに脱退。その後、ヘンリク・カールソンが個人的な理由によって脱退、更にジミー・ストゥリメルとアレックス・スヴェニングソンが音楽性の違いを理由に脱退し、メンバーがマリオス・イリオポウロス一人となる[注釈 1]。その後、新たにギタリストのオロフ・モルク、ボーカリストのアントニー・ハマライネン、ベルギー人ドラマーのジョー・ニューンツが加入。アントニーの加入は、所属レーベルであるライフフォース・レコードのアメリカ法人のレーベルマネージャーが、アントニーにボーカリストを探しているナイトレイジを紹介したことがきっかけであった[1]2008年になって、ベーシストのアンダース・ハマーが加入した。

2009年、4thアルバム『Wearing a Martyr's Crown』をリリース。同アルバムの日本盤はリリースされず、輸入盤の日本向けエディションという形で日本リリースするという形式が採られていた。2010年には、1stアルバムと2ndアルバムをカップリングにしてボーナストラックを追加した『Vengeance Descending』をリリースした。

2011年には、5thアルバム『Insidious』をリリース。同アルバムから再び日本のレコード会社であるキング・レコードから日本盤がリリースされることとなった。

2013年6月末に、アントニー・ハマライネン[2]、ジョー・ニューンツが脱退。更に、オロフ・モルクは2011年以降ライヴに出演していなかったが、アマランスに専念するため正式に脱退した。この脱退によって、ボーカリストにジミー・ストゥリメルが参加[3]。ドラマーにはマルクス・ローセルが参加することになった。更に、イェスパー・ストロムブラードザ・レジスタンスセレモニアル・オース、元イン・フレイムス等)がライヴセッションとして参加することも決定した[4]。同年11月には「Extreme Metal Over Japan Vol.2」のヘッドライナーとして初来日[5]。しかし、このツアー前にジミーはトラブルによってツアーに参加できなくなり、そのまま離脱[6]エネミー・イズ・アスなどで活動経験のあるロニー・ニーマン (Vo)がセッション参加することになる。更に。ツアー開始前日に体調不良による入院のため、イェスパーがツアーに不参加となったことが発表された[7]。さすがに代役を立てることができず、日本ツアーはシングルギターでこなすことになった。ただし、このツアー後もイェスパーはセッションとして参加している。2014年になると、マルクス・ローセルがセッションから離れ、ザ・レジスタンスカーナル・フォージなどで活動経験のあるクリストファー・バーケンショーがセッション参加することになった。

2014年7月、スウェーデンのレーベル、デスポッツ・レコードと契約を結んだことを発表した[8][9]。また、この頃までにロニー・ニーマンがセッションから正式メンバーへと変わっている。2015年に6thアルバム『The Puritan』をリリース。

2016年7月に、3年間空席だったセカンド・ギタリストとドラマーにマグヌス・セーデルマン (G)とローレンス・ディナマルカ (Ds)が加入したことが発表された[10]2017年3月、7thアルバム『The Venomous』をリリース。日本では3rdアルバム以来となるアヴァロン・レーベルから日本盤がリリースされた。日本盤だけで見ても、5thアルバム以来6年ぶりの日本盤リリースとなった。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ロニー・ニーマン (Ronnie Nyman) - ボーカル (2014 - )
2013年よりライヴ・セッションとして参加[6]、2014年中頃より、正式にメンバーとなった。
エネミー・イズ・アス等で活動。
バンドのメインコンポーザーであり、かつメインソングライターである。
ギリシャ出身、現在はスウェーデン在住[1]エグズメーションでもギタリストとして活動。
ファイヤーウインドフォーセイクンのライヴにセッションで参加した経験がある。
  • アンダース・ハマー (Anders Hammer) - ベース (2008 - )
スウェーデン出身。Disdainでも活動していた。ドラゴンランドでも活動。
  • マグヌス・セーデルマン (Magnus Söderman) - ギター (2016 - )
スウェーデン出身。カーナル・フォージのメンバーのサイドプロジェクト・Leechのリードギタリストとして活動。
  • ローレンス・ディナマルカ (Lawrence Dinamarca) - ドラム (2016 - )
スウェーデン出身。カーナル・フォージ等で活動。

元メンバー[編集]

スウェーデン出身。アット・ザ・ゲイツザ・クラウンロック・アップで活動。
  • ジミー・ストゥリメル (Jimmie Strimell) - ボーカル (2005 - 2007, 2013)
スウェーデン出身。サイファー・システムデッド・バイ・エイプリルデス・デストラクションデスパイトでも活動。
2013年に復帰するがトラブルによって、短期間でバンドを離れた。
  • アントニー・ハマライネン (Antony Hämäläinen) - ボーカル (2007 - 2013)
在籍時は、マリオスと共にメインソングライターとなっていた。
フィンランド出身、現在はアメリカ合衆国在住[1]
アルマゲドンSlaves For ScoresBurn Your HaloGeorge Emmanuelでも活動。
ギリシャ出身。デモではデスヴォイスでのボーカルも担当していた。ドリーム・イーヴルミスティック・プロフェシーファイヤーウインドオジー・オズボーンで活動。
  • コンスタンティン (Constantine) - ギター (2007)
ギリシャ出身。ディセンディングナイトフォールミスティック・プロフェシーでも活動中。
スウェーデン出身。3rdアルバム『A New Disease Is Born』には、ゲスト参加であったが、後に正式メンバーになる。2011年以降、ライヴには出演しなかった。
正式加入後は、マリオスと共にメインコンポーザーとなっていた。
ドラゴンランドアマランスで活動。
  • ブライス・ルクレルコ (Brice LeClercq) - ベース (2003 - 2004)
フランス出身。脱退後ディセクションで活動。
  • ヘンリク・カールソン (Henric Carlsson) - ベース (2004 - 2007)
スウェーデン出身。サイファー・システムジ・アンガイデッドで活動。
  • フォティス・ベナルド (Fotis Benardo) - ドラム (2004 - 2006)
ギリシャ出身。Inner Wishセプティック・フレッシュボブ・カティオニスでも活動。
  • アレックス・スヴェニングソン (Alex Svenningson) - ドラム (2006 - 2007)
スウェーデン出身。脱退後は、ジミーとともにデッド・バイ・エイプリルで活動。
  • ジョー・ニューンツ (Johan "Jo" Nunez) - ドラム (2007 - 2013)
ベルギー出身、現在はスペイン在住[1]
Suicide Of Demonsファイヤーウインドでも活動中。

アルバム・セッション[編集]

  • ペル・モラー・ヤンセン (Per Möller Jensen) - ドラム
1stアルバム『Sweet Vengeance』にゲストで参加。ザ・ホーンテッドのメンバー。
  • トム・イングルンド (Tom S. Englund) - クリーンボーカル
1stアルバム『Sweet Vengeance』にゲストで参加。エヴァグレイのメンバー。
2ndアルバム『Descent Into Chaos』にゲストで参加。ダーク・トランキュリティのメンバー。ダーク・トランキュリティではデスヴォイスによるボーカルを担当している。
1stアルバム『Sweet Vengeance』および2ndアルバム『Descent Into Chaos』にゲストで参加。また、ナイトレイジの1st、2nd、4thアルバムのプロデューサーを務めている。ドリーム・イーヴルのメンバー。ドリーム・イーヴルではギターも担当している。音楽プロデューサーとして有名で、イン・フレイムスダーク・トランキュリティも担当している。

ライヴ・セッション[編集]

  • ニコラス・バーカー (Nicholas Barker) - ドラムス (2003)
エンシェントロック・アップブルヘリアクレイドル・オブ・フィルスディム・ボガーリーヴズ・アイズなどで活動。
  • ピエール・リセル (Pierre Lysell) - ギター (2005 - 2006)
  • クリスティアン・ミュンツナー (Christian Muenzner) - ギター (2006)
オブスキュラネクロファジストなどで活動。
  • モルテン・ローヴェ・ソレンセン (Morten Løwe Sørensen) - ドラムス (2007)
アマランスマーサナリードラゴンランドなどで活動。
  • エスベン・エッセ・ハンセン (Esben "Esse" Hansen) - ボーカル (2007)
ヘイトスフィアなどで活動。
  • ヨニー・ハフェン (Johnny Haven) - ボーカル (2007)
ザ・バーニングで活動。
  • ビル・ハドソン (Bill Hudson) - ギター (2011)
パワー・クエストなどで活動。
  • コニー・ペテルション (Conny Pettersson) - ドラムス (2012)
アナタなどで活動。
  • スノーウィー・ショー (Snowy Shaw) - ドラムス (2012)
キング・ダイアモンドセリオンなどで活動。
  • CJ カッセル (CJ Cussel) - ギター (2012)
  • マルクス・ローセル (Marcus Rosell) - ドラム (2013 - 2014)
2013年のツアーにセッションとして参加。
2013年より、ライヴ・セッションとして参加[6]
2013年の日本ツアー「Extreme Metal Over Japan Vol.2」にもライヴ・セッションとして参加予定だったが[4]、入院により参加取りやめとなった[7]
イン・フレイムスディメンション・ゼロザ・レジスタンスセレモニアル・オースオール・エンズなどで活動。
  • ロニー・ニーマン (Ronnie Nyman) - ボーカル (2013 - 2014)
ジミー・ストゥリメルが参加できなくなったため、2013年よりライヴ・セッションとして参加[6]
2014年中頃より、正式にメンバーとなった。
エネミー・イズ・アス等で活動。
  • クリストファー・バーケンショー (Christofer Barkensjö) - ドラム (2014)
カーナル・フォージザ・レジスタンスフェイス・ダウンコンストラクデッド等で活動。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

コンピレーション[編集]

  • 2010年 Vengeance Descending (Sweet VengeanceとDescent Into Chaosのカップリングアルバム)

注釈[編集]

  1. ^ NIGHTRAGE|激ロックインタビュー』で、マリオスはジミーの脱退に関して、ジミーのポップ志向の音楽性以外にも、ツアー拒否などの様々な問題行動が脱退の原因となったと語っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Iliopoulos, Marios (2009年6月8日). “NIGHTRAGE|激ロックインタビュー”. 激ロック. 2012年6月27日閲覧。
  2. ^ http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=191747 2013年7月3日閲覧。
  3. ^ http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=192513 2013年7月28日閲覧。
  4. ^ a b 大事なお知らせ 2013/08/07”. Extreme Metal Over Japan (2013年8月7日). 2013年9月10日閲覧。
  5. ^ 大事なお知らせ 2013/08/10”. Extreme Metal Over Japan (2013年8月10日). 2013年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c d THE RESISTANCE / Ex-IN FLAMES Guitarist Jesper Strömblad To Join NIGHTRAGE For Upcoming Gothenburg Date 2013年11月8日閲覧。
  7. ^ a b NightrageのサポートメンバーJesper...”. Extreme Metal Over Japan Official Facebook (2013年11月4日). 2013年11月7日閲覧。
  8. ^ https://www.facebook.com/nightrage/posts/10152503495575067 2014年8月2日閲覧。
  9. ^ http://www.blabbermouth.net/news/nightrage-signs-with-despotz/ 2014年8月2日閲覧。
  10. ^ https://www.facebook.com/nightrage/photos/a.501280785066.300422.13231595066/10154122897025067/?type=3&theater 2016年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]