TEAM 2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TEAM 2000(チーム・トゥーサウザンド)は、かつて新日本プロレスで活動していたヒールユニット

概要[編集]

nWo JAPAN総帥だった蝶野正洋1998年IWGPヘビー級王座獲得後、首の負傷のため王座を返上し長期欠場に入る。しかしその間にナンバー2の位置にいた武藤敬司がnWoジャパンの実権を掌握、居場所を失った蝶野は1999年に、同期生で同じく長期欠場から復帰したAKIRAと共に新ユニットを結成。のちにドン・フライが加入、ユニット名をTEAM 2000としnWoジャパンと抗争を繰り広げる。

2000年に蝶野対武藤の頂上決戦で蝶野が勝利、nWoジャパンは消滅することになった。TEAM 2000は天山広吉小島聡らnWoジャパンの残存勢力を吸収し、さらに後藤達俊小原道由の捨て犬コンビも加入し一大勢力を築き、以降は次々とメンバーを増殖しつつ本隊、G-EGGS、BATTなどと抗争を展開するが、2002年に武藤・小島らの全日本への移籍事件を機にアントニオ猪木の裁定で蝶野が本隊と共闘する道を選び、また現場の最高責任者にも就任することになり、自然消滅した(なおこの猪木とのやり取りはバラエティ番組「アメトーーク」内で、くりぃむしちゅー有田哲平から「踊る!猪木御殿」と名付けられた)。

黒のジャンプスーツ、「We are TEAM 2000」と叫びながら両手の人差し指と中指を前に差し出すポーズがトレードマークで、蝶野は当時「I am CHONO!TEAM 2000」と言いながらテレビに出演していた。

団体のグッズ売上げにも、Tシャツやアクセサリーなどファッションとしても通用するデザイン性の高さから大きく貢献している[要出典]

2012年8月26日、大阪・松下IMPホールで行われた藤波辰爾のデビュー40周年記念の大会で限定で復活、蝶野正洋、ヒロ斎藤、AKIRA組が藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスク組と対戦。

2017年1月4日、「WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドームの」1分時間差バトルロイヤル 〜ニュージャパンランボー〜にヒロ、スコット・ノートンが参戦、翌「NEW YEAR DASH !!」では天山、小島、チーズバーガー (プロレスラー)、ヒロ、ノートン組がBULLET CLUB組と対戦。

その他[編集]

メンバー[編集]

提携メンバー[編集]

その他に前述の草彅剛ユースケ・サンタマリア鈴木尚典三浦大輔中山雅史岡野雅行武蔵丸光洋千代大海龍二SEX MACHINEGUNSなど業界外にもメンバーがいる。これは、チームのモチーフであるnWoが取っていた手法(NBAのスター選手をnWoのメンバーに加入させる)を踏襲している。