肩透かし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

肩透かし(かたすかし)とは、相撲決まり手の一つである。差手を相手の腋に引っ掛け、体を開きながら前に引き、もう一方の手で相手の肩を叩き、相手を倒す技[1]。相手の力を利用する為、かなり高度な技術を要する難度の高い決まり手である。なお、この技を仕掛ける場合は「肩透かしを引く」という表現を用いる。

かつては横綱旭富士正也小結琴稲妻佳弘が得意としており、2010年代に入ってからは栃煌山雄一郎がその使い手となった。又1986年1月場所初日、進退をかけて出場した横綱隆の里俊英は、関脇保志信芳(のち横綱北勝海信芳)にこの決まり手で敗退した後、現役引退を表明した。

相手にはぐらかされたり拍子抜けした際に用いられる慣用句「肩透かしを食らう」の語源ともなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p76

関連項目[編集]