大逆手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大逆手(おおさかて)とは、相撲決まり手の一つである。相手の肩越しに上手からを取り、その取ったほうの手から相手を投げる技。このとき自分の体は反らさない。2000年12月に決まり手に追加された新しい技である。

決まり手制定以降、幕内では2度この決まり手が記録されており、2005年11月場所中日で安美錦高見盛に、2010年1月場所14日目で把瑠都垣添にそれぞれ決めている。また、十両でも1度使用されており、2005年3月場所9日目で千代白鵬朝乃若に決めている。

ちなみに千代白鵬は、2000年5月場所7日目、対朝ノ霧戦で相手の廻しが外れ、朝ノ霧の不浄負けにより83年ぶりの反則勝ちとなったことがあり、どちらもたいへん話題になった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『千代白鵬「大逆手」また珍手』2005年3月22日の日刊スポーツ記事より

関連項目[編集]