突き倒し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

突き倒し(つきたおし)とは、相撲決まり手の一つである。相手の胸や顔を掌で突っ張り、土俵上や土俵の外に向けて倒す技。突っ張りの強力な力士の場合、ノックアウトしてしまう場合もあり、その場合もこれが当てられる[1]。英語では"Frontal thrust down"と呼ぶ[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p74
  2. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p106
  3. ^ Fukunohana vs. Kitanofuji : Hatsu 1970 (福の花 対 北の富士) - YouTube

関連項目[編集]