30-30クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

30-30クラブthe 30-30 club)とはメジャーリーグベースボールにおいて、シーズンに30本以上の本塁打と30個以上の盗塁を同時に記録した選手達をいう。パワーとスピードの両方を兼ね備えた者のみが達成可能な記録である。

概要[編集]

第1号は1922年ケン・ウィリアムズだが、当時はベーブ・ルースに代表されるようにパワーベースボール全盛の時代で、この記録はあまり重要性を持たず、その後30年以上にわたって達成者がいなかった。

1969年から1978年にかけて、ボビー・ボンズが5度達成し、この記録のパイオニアとも言える存在となった。 そして、1983年デール・マーフィーがこの記録を達成してMVPを獲得した頃から注目されるようになった。

その後、パワーとスピードを兼ね備えた選手がもてはやされることとなり、先述マーフィーは史上6人目(11回目)の達成者であったが、1987年から2008年にかけての22年間で、27人が延べ42回達成している。

また、40本塁打40盗塁を達成した選手を示す「40-40クラブ」(the 40-40 club)というのもあり、1988年ホセ・カンセコがその第1号である。現在までに4人の達成者がおり、このうちアルフォンソ・ソリアーノは二塁打も40本を超えている。

30-30達成者[編集]

2015年シーズン終了時点での「30-30クラブ」達成者は下記の通り。なお、「40-40クラブ」(40本塁打40盗塁)達成者については、表内で太字掲載している。

達成順
年度
受賞選手
回数
所属チーム
本塁打
盗塁
1 1922 ういりあむす けん/ケン・ウィリアムズ セントルイス・ブラウンズ[1] 39 37
2 1956 めいす ういり/ウィリー・メイズ ニューヨーク・ジャイアンツ 36 40
3 1957 めいす ういり/ウィリー・メイズ 2度目 ニューヨーク・ジャイアンツ 35 38
4 1963 ああろん はんく/ハンク・アーロン ミルウォーキー・ブレーブス 44 31
5 1969 ほんす ほひい/ボビー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ 32 45
6 1970 はあはあ とみい/トミー・ハーパー ミルウォーキー・ブルワーズ 31 38
7 1973 ほんす ほひい/ボビー・ボンズ 2度目 サンフランシスコ・ジャイアンツ 39 43
8 1975 ほんす ほひい/ボビー・ボンズ 3度目 サンフランシスコ・ジャイアンツ 32 30
9 1977 ほんす ほひい/ボビー・ボンズ 4度目 カリフォルニア・エンゼルス 37 41
10 1978 ほんす ほひい/ボビー・ボンズ 5度目 シカゴ・ホワイトソックス
テキサス・レンジャーズ
31 43
11 1983 まあふいい てえる/デール・マーフィー アトランタ・ブレーブス 36 30
12 1987 すとろへりい たりる/ダリル・ストロベリー ニューヨーク・メッツ 39 36
13 1987 てえひす えりつく/エリック・デービス シンシナティ・レッズ 37 50
14 1987 しよんそん はわあと/ハワード・ジョンソン ニューヨーク・メッツ 36 32
15 1987 かあたあ しよう/ジョー・カーター クリーブランド・インディアンス 32 31
16 1988 かんせこ ほせ/ホセ・カンセコ オークランド・アスレチックス 42 40
17 1989 しよんそん はわあと/ハワード・ジョンソン 2度目 ニューヨーク・メッツ 36 41
18 1990 ほんす はりい/バリー・ボンズ ピッツバーグ・パイレーツ 33 52
19 1990 かんと ろん/ロン・ガント アトランタ・ブレーブス 32 33
20 1991 しよんそん はわあと/ハワード・ジョンソン 3度目 ニューヨーク・メッツ 38 30
21 1991 かんと ろん/ロン・ガント 2度目 アトランタ・ブレーブス 32 34
22 1992 ほんす はりい/バリー・ボンズ 2度目 ピッツバーグ・パイレーツ 34 39
23 1993 そおさ さみい/サミー・ソーサ シカゴ・カブス 33 36
24 1995 ほんす はりい/バリー・ボンズ 3度目 サンフランシスコ・ジャイアンツ 33 31
25 1995 そおさ さみい/サミー・ソーサ 2度目 シカゴ・カブス 36 34
26 1996 ほんす はりい/バリー・ボンズ 4度目 サンフランシスコ・ジャイアンツ 42 40
27 1996 らあきん はりい/バリー・ラーキン シンシナティ・レッズ 33 36
28 1996 ひしえつと たんて/ダンテ・ビシェット コロラド・ロッキーズ 31 31
29 1996 はあくす えりす/エリス・バークス コロラド・ロッキーズ 40 32
30 1997 ほんす はりい/バリー・ボンズ 5度目 サンフランシスコ・ジャイアンツ 40 37
31 1997 はくうえる しえふ/ジェフ・バグウェル ヒューストン・アストロズ 43 31
32 1997 うおおかあ らりい/ラリー・ウォーカー コロラド・ロッキーズ 49 33
33 1997 もんてしい らうる/ラウル・モンデシー ロサンゼルス・ドジャース 30 32
34 1998 ろとりけす あれつくす/アレックス・ロドリゲス シアトル・マリナーズ 42 46
35 1998 くりいん しよん/ショーン・グリーン トロント・ブルージェイズ 35 35
36 1999 はくうえる しえふ/ジェフ・バグウェル 2度目 ヒューストン・アストロズ 42 30
37 2000 もんてしい らうる/ラウル・モンデシー 2度目 ロサンゼルス・ドジャース 33 36
38 2000 ういるそん ふれすとん/プレストン・ウィルソン フロリダ・マーリンズ 31 36
39 2001 あふれいゆ ほひい/ボビー・アブレイユ フィラデルフィア・フィリーズ 31 36
40 2001 くるうす ほせ しゆにあ/ホセ・クルーズ・ジュニア トロント・ブルージェイズ 34 32
41 2001 けれえろ ふらていみいる/ブラディミール・ゲレーロ モントリオール・エクスポズ 34 37
42 2002 そりああの あるふおんそ/アルフォンソ・ソリアーノ ニューヨーク・ヤンキース 39 41
43 2002 けれえろ ふらていみいる/ブラディミール・ゲレーロ 2度目 モントリオール・エクスポズ 39 40
44 2003 そりああの あるふおんそ/アルフォンソ・ソリアーノ 2度目 ニューヨーク・ヤンキース 38 35
45 2004 あふれいゆ ほひい/ボビー・アブレイユ 2度目 フィラデルフィア・フィリーズ 30 40
46 2004 へるとらん かるろす/カルロス・ベルトラン カンザスシティ・ロイヤルズ
→ ヒューストン・アストロズ
38 42
47 2005 そりああの あるふおんそ/アルフォンソ・ソリアーノ 3度目 テキサス・レンジャーズ 36 30
48 2006 そりああの あるふおんそ/アルフォンソ・ソリアーノ 4度目 ワシントン・ナショナルズ 46 41
49 2007 らいと てひつと/デビッド・ライト ニューヨーク・メッツ 30 34
50 2007 ろりんす しみい/ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 30 41
51 2007 ふいりつふす ふらんとん/ブランドン・フィリップス シンシナティ・レッズ 30 32
52 2008 さいすもあ くれいてい/グレイディ・サイズモア クリーブランド・インディアンス 33 38
53 2008 らみれす はんりい/ハンリー・ラミレス フロリダ・マーリンズ 33 35
54 2009 きんすらあ いあん/イアン・キンズラー テキサス・レジャーズ 30 31
55 2011 けんふ まつと/マット・ケンプ ロサンゼルス・ドジャース 39 40
56 2011 ふらうん らいあん/ライアン・ブラウン ミルウォーキー・ブルワーズ 33 33
57 2011 えるすへりい しやこひい/ジャコビー・エルズベリー ボストン・レッドソックス 32 39
58 2011 きんすらあ いあん/イアン・キンズラー 2度目 テキサス・レジャーズ 32 30
59 2012 とらうと まいく/マイク・トラウト ロサンゼルス・エンゼルス 30 49
60 2012 ふらうん らいあん/ライアン・ブラウン 2度目 ミルウォーキー・ブルワーズ 41 30

エピソード他[編集]

一塁手ジョー・カーター(一塁84試合・外野62試合の兼任)、ジェフ・バグウェル
二塁手アルフォンソ・ソリアーノ(4回目の2006年のときは外野手)、ブランドン・フィリップスイアン・キンズラー
三塁手トミー・ハーパーハワード・ジョンソンデビッド・ライト
遊撃手バリー・ラーキンアレックス・ロドリゲスジミー・ロリンズハンリー・ラミレス
  • 最多はボビーとバリーのボンズ親子で各5回。以下、ソリアーノ4回、ハワード・ジョンソンが3回。2回は現時点で7人。
  • ボンズ親子は現時点で唯一の親子での達成者でもある。
  • 「50-50クラブ」は達成者がいない。異なる年度で50盗塁、50本塁打を片方ずつ達成しているのは下記の二人のみ。
バリー・ボンズ(1990年に53盗塁、2001年に73本塁打。)
ブレイディ・アンダーソン(1992年に53盗塁、1996年に50本塁打。)
リッキー・ヘンダーソン1985年:24本塁打80盗塁、1986年:28本塁打87盗塁)
エリック・デービス(1986年:27本塁打80盗塁)
  • 同じチームで同一シーズンに複数の「30-30」達成者が出たのは下記の2チーム(詳細は上表参照)。
1987年のニューヨーク・メッツダリル・ストロベリーハワード・ジョンソン)。
1996年のコロラド・ロッキーズダンテ・ビシェットエリス・バークス)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在のボルチモア・オリオールズ

外部リンク[編集]