モー・バーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モー・バーグ
Moe Berg
MoeBergGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク
生年月日 (1902-03-02) 1902年3月2日
没年月日 (1972-05-29) 1972年5月29日(70歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1923年
初出場 1923年6月27日
最終出場 1939年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

モーリス・「モー」・バーグ(Morris "Moe" Berg、1902年3月2日 - 1972年5月29日)は、アメリカプロ野球選手捕手)。ボストン・レッドソックスシカゴ・ホワイトソックス等に所属した。同時に日本の地形を写真に収めて、アメリカに提供したスパイだった[1]

人物[編集]

ニューヨーク出身。プリンストン大学を優等で卒業。コロンビア大学法科大学院卒。

ラテン語、フランス語、スペイン語など複数のヨーロッパ系言語に堪能で、日本語もある程度解していた。数カ国語を話し、毎日10種類の新聞を読んだ。大リーグシーズン終了後の1923年秋頃、パリに旅行しカルチェ・ラタンに滞在。この滞在時に、多種の新聞に目を通す生涯の習慣を身につけた[2]。スポーツ記者からは「野球界で最も頭のキレる男」(the brainiest guy in baseball[3]と呼ばれ、ケーシー・ステンゲルは「今までで最も異色な野球選手」(the strangest man ever to play baseball)と評した[4]

1934年日米野球のためメジャーリーグ選抜として訪日した際、11月29日に大宮球場で開催された試合を欠場して、東京・明石町聖路加国際病院の屋上から東京市街一円を16ミリカメラで撮影した。この時に撮影された映像は第二次世界大戦中の1942年に行なわれたドーリットル空襲に利用された[5]。初回訪日時には、他の2名の選手と共に、東京六大学を巡回し、「野球セミナー」を行った。

引退後は、戦略諜報局(OSS)[6]やその後身の中央情報局(CIA)などの機関員であったことでも知られる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1923 BRO 49 138 129 9 24 3 2 0 31 6 1 0 7 -- 2 -- 0 5 -- .186 .198 .240 .439
1926 CWS 41 123 113 4 25 6 0 0 31 7 0 2 5 -- 6 -- 0 9 -- .221 .261 .274 .535
1927 35 77 69 4 17 4 0 0 21 4 0 0 4 -- 4 -- 0 10 -- .246 .288 .304 .592
1928 76 255 224 25 55 16 0 0 71 29 3 1 13 -- 14 -- 4 25 -- .246 .302 .317 .619
1929 107 385 352 32 101 7 0 0 108 47 5 1 12 -- 17 -- 2 16 -- .287 .323 .307 .630
1930 20 62 61 4 7 3 0 0 10 7 0 0 0 -- 1 -- 0 5 -- .115 .129 .164 .293
1931 CLE 10 14 13 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 -- 1 -- 0 1 -- .077 .143 .154 .297
1932 WS2 75 208 195 16 46 8 1 1 59 26 1 1 5 -- 8 -- 0 13 -- .236 .266 .303 .569
1933 40 72 65 8 12 3 0 2 21 9 0 0 3 -- 4 -- 0 5 -- .185 .232 .323 .555
1934 33 95 86 5 21 4 0 0 25 6 2 0 2 -- 6 -- 1 4 -- .244 .301 .291 .592
CLE 29 100 97 4 25 3 1 0 30 9 0 0 2 -- 1 -- 0 7 -- .258 .265 .309 .575
'34計 62 195 183 9 46 7 1 0 55 15 2 0 4 -- 7 -- 1 11 -- .251 .283 .301 .583
1935 BOS 38 104 98 13 28 5 0 2 39 12 0 0 2 -- 5 -- 0 3 -- .286 .320 .398 .718
1936 39 133 125 9 30 4 1 0 36 19 0 0 4 -- 2 -- 2 6 -- .240 .264 .288 .552
1937 47 148 141 13 36 3 1 0 41 20 0 0 2 -- 5 -- 0 4 -- .255 .281 .291 .572
1938 10 12 12 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 -- .333 .333 .333 .667
1939 14 35 33 3 9 1 0 1 13 5 0 0 0 -- 2 -- 0 3 1 .273 .314 .394 .708
MLB:15年 663 1961 1813 150 441 71 6 6 542 206 12 5 61 -- 78 -- 9 117 *1 .243 .278 .299 .577
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度がある事を示す

背番号[編集]

  • 19(1931年途中 - 同年途中、1935年)
  • 27(1932年途中 - 同年終了)
  • 9(1932年)
  • 10(1933年 - 1934年途中)
  • 31(1934年途中 - 同年終了)
  • 22(1936年 - 1939年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日米野球に隠された恐るべきアメリカの策略 - エキサイトニュース
  2. ^ The Catcher Was a Spy」 P46
  3. ^ Dawidoff, p. 17
  4. ^ Berger, Ralph. “Moe Berg”. The Baseball Biography Project. The Society for American Baseball Research. 2007年3月11日閲覧。
  5. ^ Dawidoff, pp. 133–35.
  6. ^ 読売新聞 2008年8月15日「J・フォード監督の名も、米CIA前身の工作員名公開

関連項目[編集]

外部リンク[編集]