マシュー・ヴォーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マシュー・ヴォーン
Matthew Vaughn
Matthew Vaughn
妻のクラウディア・シファーと、『キック・アス』のヨーロッパ・プレミアにて
本名 マシュー・アラード・ロバート・ヴォーン(出生名、: Matthew Allard Robert Vaughn
→マシュー・デ・ヴィア・ドラモンド(現在、英: Matthew De Vere Drummond
生年月日 (1971-03-07) 1971年3月7日(47歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画プロデューサー映画監督脚本家
活動期間 1996年 - 現在
配偶者 クラウディア・シファー(2002年 - )
主な作品
キック・アス』シリーズ
X-MEN: ファースト・ジェネレーション
キングスマン』シリーズ

マシュー・ヴォーン(出生名:マシュー・アラード・ロバート・ヴォーン、: Matthew Allard Robert Vaughn1971年3月7日 - )は、イングランド映画プロデューサー映画監督脚本家[1]。現在の本名はマシュー・アラード・デ・ヴィア・ドラモンド(英: Matthew Allard de Vere Drummond[2]。妻は2002年に結婚したクラウディア・シファー[3]。プロデュース作品としては1998年の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、2000年の『スナッチ』などガイ・リッチー監督作品が知られ、また自身の監督作品としては、『レイヤー・ケーキ』(2004年)、『スターダスト』(2007年)、『キック・アス』(2010年)、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)、『キングスマン』(2014年)と続編の『キングスマン: ゴールデン・サークル』(2017年)などが挙げられる。

幼少期[編集]

ヴォーンはロンドンで生まれ、当初はこの頃母ケイシー・シートン(英: Kathy Ceaton、2013年7月20日没)が交際していたアメリカ人俳優、ロバート・ヴォーンとの間に生まれたと考えられていた[4]。その後父方のDNA検査を行ったことで[5]、実際の父親はジョージ6世を名付け親に持ち、初代セント・オールバンズ公チャールズ・ボークラークの末裔であるイングランド貴族のジョージ・アルバート・ハーリー・デ・ヴィア・ドラモンド(英: George Albert Harley de Vere Drummond)であることが分かった[6][4]。幼い頃はヴォーンが実際の父親だと信じていたため、彼は「ヴォーン」姓を使っていたが、現在では職業上の名前としてのみ用い、本名は「デ・ヴィア・ドラモンド」姓になっている[4]

ヴォーンはバッキンガムシャーストウ・スクール英語版に通った[7]。卒業後は1年間のギャップ・イヤーを取り、ハードロックカフェを回る世界旅行に出た。ハードロックカフェの共同創業者であるピーター・モートンはヴォーンの名付け親でもあった[8][9]ロサンゼルスに着いた後、彼は助監督として働き始めた[10]。その後ロンドンに戻ってユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンに入り、人類学古代史を学んだが、数週間でドロップアウトした[7]

キャリア[編集]

25歳になったヴォーンは、アナベラ・シオラマイケル・ガンボンが出演した低予算スリラー映画『謀殺英語版』の制作を担当する[11]。その後は、親友ガイ・リッチーの監督映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で制作を務め、批評・興行・採算面で成功を収めたこの作品で、リッチー共々900万ポンドを得たと報じられている[10][12]。その後もリッチーとは『スナッチ』(2000年)、『スウェプト・アウェイ』(2002年)でタッグを組んだ。

ヴォーンの監督処女作となったのは、2004年の『レイヤー・ケーキ』である[13][14]。リッチーの代役として臨んだ監督職だったが[15]、映画は好評を得て、ヴォーンには『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)の監督職が回ってくることになる(但し、ヴォーンは撮影開始の2週間前に降板した)[3]。ヴォーンの降板後にはブレット・ラトナーが監督を務めたが、彼は後任のラトナーについて非常に批判的な態度を取った[16][17]。次の作品は2007年の『スターダスト』で、脚本の共筆と監督を担当した。2010年にはマーク・ミラーのコミック『キック・アス』の映画化で監督・脚本・制作を務め[18]、この続編である『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年)では制作を務めた[19]。また、『X-MEN』シリーズ前日譚3部作の最初の作品に当たる『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)では、監督と共同脚本を担当した[20][21]。ヴォーンは続編の『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)の分も契約を行っていたが、オリジナル3部作の2作を監督したブライアン・シンガーが復帰することになり、破談となった。ヴォーンは脚本の原案という形で次作に関与することになった[22]

ヴォーンの次の監督作品は2015年に公開された『キングスマン』で、この作品ではマーク・ミラーデイヴ・ギボンズ英語版によるコミック『ザ・シークレット・サービス英語版』を翻案したものである。映画の脚本はヴォーンとジェーン・ゴールドマンが手掛け、プロデュースはヴォーン自身の制作会社であるMarvフィルムズ英語版が手掛けた[23][24][25][26][27][28]。2017年9月に封切られた『キングスマン: ゴールデン・サークル』でも、ヴォーンは監督・制作・共同脚本を務めた。

2017年3月、Collider.com英語版で、ヴォーンが『マン・オブ・スティール』第2作 (enの監督として最有力だと報じた[29]。同年9月にはスタジオと次作の監督について交渉中であることを認めた[30]

私生活[編集]

2002年5月25日、ヴォーンはドイツスーパーモデルであるクラウディア・シファーサフォークで結婚した[31][32]。夫妻の間には2003年1月30日に生まれた息子のキャスパー・マシュー・デ・ヴィア (Caspar Matthew de Vere) 、2004年11月11日に生まれた娘のクレメンタイン・ポピー (Clementine Poppy) 、2010年5月14日に生まれた娘のコジマ・ヴァイオレット (Cosima Violet) と3人の子どもがいる[33][34]。夫妻はノッティング・ヒルに家を構えており[35]、またサフォーク・スタニングフィールド英語版コールダム・ホール英語版を所有している[36]。自宅の警備に元グルカ兵を雇っていることを明かしている[37][38][39]

主な作品[編集]

監督作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vaughn hits out at fame obsession”. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ MATTHEW ALLARD DE VERE DRUMMOND - LONDON”. 2018年1月8日閲覧。
  3. ^ a b Director quits X-Men 3 for family”. BBCニュース. 英国放送協会 (2005年6月1日). 2018年1月8日閲覧。
  4. ^ a b c Norman, Neil (2004年10月3日). “Matthew Vaughn: The director's cut”. インデペンデント. 2018年1月8日閲覧。
  5. ^ Hockney, Karen (2002年4月25日). “Vaughn's truth about son Matthew”. Standard.co.uk. http://www.standard.co.uk/news/vaughns-truth-about-son-matthew-6298911.html 
  6. ^ CLAUDIA GETS A 'C' ON HER LABOR DAY”. ニューヨーク・デイリーニューズ. 2018年1月8日閲覧。
  7. ^ a b BLAKE, VERONICA (1999年6月19日). “How we met: Guy Ritchie & Matthew Vaughn”. インデペンデント. 2018年1月8日閲覧。
  8. ^ HARD ROCK SERVES UP THE “POPPY BURGER” INSPIRED BY MOTION PICTURE RELEASE OF “KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE””. ハードロックカフェ. 2018年1月8日閲覧。
  9. ^ Ritman, Alex (2017年9月8日). “Matthew Vaughn Opens First 'Kingsman' Shop in London”. ハリウッド・レポーター. 2018年1月8日閲覧。
  10. ^ a b Hiscock, John (2007年10月5日). “Matthew Vaughn: The Brit who's making the stars shine”. デイリー・テレグラフ. 2018年1月8日閲覧。
  11. ^ Movies – Interviews: Matthew Vaughn”. 英国放送協会 (2004年9月17日). 2018年1月8日閲覧。
  12. ^ Film producer gives credit to the Tories”. デイリー・テレグラフ (2001年5月22日). 2018年1月8日閲覧。
  13. ^ Felperin, Leslie (2004年9月28日). “Layer Cake”. Variety. 2018年1月8日閲覧。
  14. ^ Schager, Nick (2005年4月20日). “Layer Cake”. スラント・マガジン英語版. 2018年1月8日閲覧。
  15. ^ Dawtrey, Adam (2003年6月15日). “Vaughn takes ‘Cake,’ Ritchie fires ‘Revolver’”. Variety. 2018年1月8日閲覧。
  16. ^ Jagernauth, Kevin (2011年6月6日). “Brett Ratner Quietly Fights Back On Twitter After Matthew Vaughn Trashes ‘X-Men: The Last Stand’”. インディワイア英語版. 2018年1月8日閲覧。
  17. ^ Tyler, Josh. “Matthew Vaughn Hates X-Men 3 Too”. cinemablend.com. 2018年1月8日閲覧。
  18. ^ キック・アス - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  19. ^ キック・アス/ジャスティス・フォーエバー - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  20. ^ Fleming, Mike (2010年5月4日). “Fox Signs Vaughn To Direct 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/05/fox-seals-deal-for-matthew-vaughn-to-direct-x-men-first-class/#more-38098 2010年7月9日閲覧。 
  21. ^ X-MEN:ファースト・ジェネレーション - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  22. ^ Child, Ben (2012年1月31日). “Matthew Vaughn to direct sequel to X-Men: First Class”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/film/2012/jan/31/matthew-vaughn-x-men-first-class 
  23. ^ Fleming, Mike, Jr. (2013年3月27日). “Update: Fox Wins Rights To Matthew Vaughn’s Next Pic ‘The Secret Service', Sets November 2014 Release Date”. Deadline.com. 2013年8月11日閲覧。
  24. ^ Matthew Vaughn Eyes Newcomer Taron Egerton for ‘Secret Service’ (EXCLUSIVE)”. Variety.com (2013年7月25日). 2015年1月21日閲覧。
  25. ^ Who Will Team Up With Colin Firth in Matthew Vaughn's 'Secret Service'?”. Variety.com (2013年6月27日). 2015年1月21日閲覧。
  26. ^ Samuel L. Jackson to Play Villain in Matthew Vaughn’s ‘Secret Service’ (EXCLUSIVE)”. Variety.com. 2015年1月21日閲覧。
  27. ^ Sophie Cookson Lands Female Lead in Matthew Vaughn's 'Secret Service' (EXCLUSIVE)”. Variety.com. 2015年1月21日閲覧。
  28. ^ Fleming, Mike. “Matthew Vaughn's ‘The Secret Service’ Gets A Femme Fatale In Sofia Boutella”. Deadline.com. 2015年1月21日閲覧。
  29. ^ Chitwood, Adam (2017年3月13日). “Warner Bros. Eyeing Matthew Vaughn to Direct Man of Steel 2”. Collider.com英語版. 2017年10月9日閲覧。
  30. ^ Lyus, Jon (2017年9月15日). “Matthew Vaughn Confirms Talks For The Next Superman Film”. HeyUGuys. 2017年10月9日閲覧。
  31. ^ Moore, Lucy (2016年5月25日). “Celebrity Wedding Anniversary: Claudia Schiffer and Matthew Vaughn 25/5/2002”. femalefirst.co.uk. 2018年1月8日閲覧。
  32. ^ Wigham, Helen (2011年5月13日). “Vogue Daily - May 13 / Claudia Schiffer bought Coldham Hall for £5 million for wedding and home”. British Vogue. Vogue. 2018年1月8日閲覧。
  33. ^ Michaud, Sarah (2010年1月15日). “Claudia Schiffer Expecting Third Child”. People. 2018年1月8日閲覧。
  34. ^ Claudia Schiffer names new baby daughter”. Hello!英語版.[リンク切れ]
  35. ^ “Jonathan Ross' wife Jane Goldman lets it all hang out as she leads revellers at Kick-Ass premiere party”. Daily Mail (London). (2010年3月24日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1259999/Kick-Ass-premiere-Brad-Pitt-joins-Jane-Goldman-party.html 2015年1月21日閲覧。 
  36. ^ Celebrity couple's love for Suffolk”. East Anglian Daily Times. 2011年3月17日閲覧。
  37. ^ Gurkha-Kämpfer zum Schutz vor Stalkern”. gala.de. 2018年1月8日閲覧。(ドイツ語)
  38. ^ Claudia Schiffer wird von Elite-Soldaten bewacht”. ゾースター・アンツァイガードイツ語版 (2010年3月24日). 2018年1月8日閲覧。(ドイツ語)
  39. ^ Sapsted, David (2006年9月8日). “Schiffer's huge dogs 'are terrifying our village'”. デイリー・テレグラフ. 2018年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]