マシュー・ヴォーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マシュー・ヴォーン
Matthew Vaughn
Matthew Vaughn
妻のクラウディア・シファーと、『キック・アス』のヨーロッパ・プレミアにて
本名 マシュー・アラード・ロバート・ヴォーン(出生名、: Matthew Allard Robert Vaughn
→マシュー・デ・ヴィア・ドラモンド(現在、英: Matthew De Vere Drummond
生年月日 (1971-03-07) 1971年3月7日(52歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画プロデューサー映画監督脚本家
活動期間 1996年 -
配偶者 クラウディア・シファー(2002年 - )
主な作品
監督
キック・アス
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
キングスマン』シリーズ
ARGYLLE/アーガイル
製作・製作総指揮
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
スナッチ
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
ロケットマン
 
受賞
ゴールデンラズベリー賞
最低作品賞
2002年スウェプト・アウェイ
2015年ファンタスティック・フォー
最低リメイク・続編賞
2002年『スウェプト・アウェイ』
その他の賞
エンパイア賞
最優秀監督賞

2004年レイヤー・ケーキ
テンプレートを表示

マシュー・ヴォーン(出生名:マシュー・アラード・ロバート・ヴォーン、: Matthew Allard Robert Vaughn1971年3月7日 - )は、イングランド映画プロデューサー映画監督脚本家[1]。現在の本名はマシュー・アラード・デ・ヴィア・ドラモンド(英: Matthew Allard de Vere Drummond[2]。妻は2002年に結婚したクラウディア・シファー[3]。プロデュース作品としては1998年の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、2000年の『スナッチ』など初期のガイ・リッチー監督作品が知られ、また自身の監督作品としては、『レイヤー・ケーキ』(2004年)、『スターダスト』(2007年)、『キック・アス』(2010年)、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年)、『キングスマン』(2014年)などが挙げられる。

幼少期[編集]

ヴォーンはロンドンで生まれ、当初はこの頃母ケイシー・シートン(英: Kathy Ceaton、2013年7月20日没)が交際していたアメリカ人俳優、ロバート・ヴォーンとの間に生まれたと考えられていた[4]。その後父方のDNA検査を行ったことで[5]、実際の父親はジョージ6世を名付け親に持ち、初代セント・オールバンズ公チャールズ・ボークラークの末裔であるイングランド貴族のジョージ・アルバート・ハーリー・デ・ヴィア・ドラモンド(英: George Albert Harley de Vere Drummond)であることが分かった[6][4]。幼い頃はヴォーンが実際の父親だと信じていたため、彼は「ヴォーン」姓を使っていたが、現在では職業上の名前としてのみ用い、本名は「デ・ヴィア・ドラモンド」姓になっている[4]

ヴォーンはバッキンガムシャーストウ・スクール英語版に通った[7]。卒業後は1年間のギャップ・イヤーを取り、ハードロックカフェを回る世界旅行に出た。ハードロックカフェの共同創業者であるピーター・モートンはヴォーンの名付け親でもあった[8][9]ロサンゼルスに着いた後、彼は助監督として働き始めた[10]。その後ロンドンに戻ってユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンに入り、人類学古代史を学んだが、数週間で中退した[7]

キャリア[編集]

25歳になったヴォーンは、アナベラ・シオラマイケル・ガンボンが出演した低予算スリラー映画『謀殺英語版』の制作を担当する[11]。その後は、親友ガイ・リッチーの監督映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で制作を務め、批評・興行・採算面で成功を収めたこの作品で、リッチー共々900万ポンドを得たと報じられている[10][12]。その後もリッチーとは『スナッチ』(2000年)、『スウェプト・アウェイ』(2002年)でペアを組んだ。

リッチーの代役として、ダニエル・クレイグ主演の『レイヤー・ケーキ』(2004年)で監督デビュー[13][14][15]。映画は好評を得て、ヴォーンには急遽降板したブライアン・シンガーに代わって『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006年)の監督に抜擢されるが、納期に間に合わないとして撮影開始の2週間前に降板した(但し、後の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』はそれよりも期間が短かった)[3]。ヴォーンの後任としてブレット・ラトナーが監督を務めたが、彼は完成した映画について非常に批判的だった[16][17]。次の作品は2007年の『スターダスト』で、脚本の共筆と監督を担当した。2010年にはマーク・ミラーのコミック『キック・アス』の映画化で監督・脚本・制作を務め[18]、この続編である『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年)では制作を務めた[19]。また、『X-MEN』シリーズ旧3部作の前日譚『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年)では、監督と共同脚本を担当した[20][21]。ヴォーンは続編の『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年)の分も契約を行っていたが、オリジナル3部作の2作を監督したシンガーが復帰することになり、破談となった。ヴォーンは脚本の原案という形でクレジットされた[22]

ヴォーンの次の監督作品は2015年に公開された『キングスマン』で、この作品ではマーク・ミラーデイヴ・ギボンズ英語版によるコミック『ザ・シークレット・サービス』を翻案したものである。映画の脚本はヴォーンとジェーン・ゴールドマンが手掛け、プロデュースはヴォーン自身の制作会社であるMarvフィルムズ英語版が手掛けた[23][24][25][26][27][28]。2017年9月に封切られた『キングスマン:ゴールデン・サークル』でも、ヴォーンは監督・制作・共同脚本を務めた。2021年には2作の前日譚にあたる『キングスマン:ファースト・エージェント』を発表し、同作でも監督を務めた[29]

2017年3月、Collider.com英語版で、ヴォーンが『マン・オブ・スティール』第2作 (enの監督として最有力だと報じた[30]。同年9月にはスタジオと次作の監督について交渉中であることを認めた[31]

私生活[編集]

2002年5月25日、ヴォーンはドイツスーパーモデルであるクラウディア・シファーサフォークで結婚した[32][33]。夫妻の間には2003年1月30日に生まれた息子のキャスパー・マシュー・デ・ヴィア (Caspar Matthew de Vere) 、2004年11月11日に生まれた娘のクレメンタイン・ポピー (Clementine Poppy) 、2010年5月14日に生まれた娘のコジマ・ヴァイオレット (Cosima Violet) と3人の子どもがいる[34][35]。夫妻はノッティング・ヒルに家を構えており[36]、またサフォーク・スタニングフィールド英語版コールドハム・ホールを所有している[37]。自宅の警備に元グルカ兵を雇っていることを明かしている[38][39][40]

主な作品[編集]

監督
題名 備考
2004 レイヤー・ケーキ
Layer Cake
監督・製作
2007 スターダスト
Stardust
監督・脚本・製作
2010 キック・アス
Kick-Ass
2011 X-MEN:ファースト・ジェネレーション
X-Men: First Class
監督・脚本
2015 キングスマン
Kingsman: The Secret Service
監督・脚本・製作
2017 キングスマン:ゴールデン・サークル
Kingsman: The Golden Circle
2021 キングスマン:ファースト・エージェント
The King's Man
監督・製作
2024 ARGYLLE/アーガイル
Argylle
製作
題名 備考
1998 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
Lock, Stock and Two Smoking Barrels
製作
2000 スナッチ
Snatch
2001 ミーン・マシーン
Mean Machine
製作総指揮
2002 スウェプト・アウェイ
Swept Away
製作
2009 狼たちの処刑台
Harry Brown
2010 ペイド・バック
The Debt
製作・脚本
2013 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
Kick-Ass 2
製作
2014 X-MEN: フューチャー&パスト
X-Men: Days of Future Past
製作・原案
2015 ファンタスティック・フォー
Fantastic Four
製作
2016 イーグル・ジャンプ
Eddie the Eagle
2019 ロケットマン
Rocketman
2022 サイレント・ナイト
Silent Night
2023 テトリス
Tetris

脚注[編集]

  1. ^ Vaughn hits out at fame obsession”. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ MATTHEW ALLARD DE VERE DRUMMOND - LONDON”. 2018年1月8日閲覧。
  3. ^ a b Director quits X-Men 3 for family”. BBCニュース. 英国放送協会 (2005年6月1日). 2018年1月8日閲覧。
  4. ^ a b c Norman, Neil (2004年10月3日). “Matthew Vaughn: The director's cut”. インデペンデント. 2018年1月8日閲覧。
  5. ^ Hockney, Karen (2002年4月25日). “Vaughn's truth about son Matthew”. Standard.co.uk. http://www.standard.co.uk/news/vaughns-truth-about-son-matthew-6298911.html 
  6. ^ CLAUDIA GETS A 'C' ON HER LABOR DAY”. ニューヨーク・デイリーニューズ. 2018年1月8日閲覧。
  7. ^ a b BLAKE, VERONICA (1999年6月19日). “How we met: Guy Ritchie & Matthew Vaughn”. インデペンデント. 2018年1月8日閲覧。
  8. ^ HARD ROCK SERVES UP THE “POPPY BURGER” INSPIRED BY MOTION PICTURE RELEASE OF “KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE””. ハードロックカフェ. 2018年1月8日閲覧。
  9. ^ Ritman, Alex (2017年9月8日). “Matthew Vaughn Opens First 'Kingsman' Shop in London”. ハリウッド・レポーター. 2018年1月8日閲覧。
  10. ^ a b Hiscock, John (2007年10月5日). “Matthew Vaughn: The Brit who's making the stars shine”. デイリー・テレグラフ. 2018年1月8日閲覧。
  11. ^ Movies – Interviews: Matthew Vaughn”. 英国放送協会 (2004年9月17日). 2018年1月8日閲覧。
  12. ^ Film producer gives credit to the Tories”. デイリー・テレグラフ (2001年5月22日). 2018年1月8日閲覧。
  13. ^ Dawtrey, Adam (2003年6月15日). “Vaughn takes ‘Cake,’ Ritchie fires ‘Revolver’”. Variety. 2018年1月8日閲覧。
  14. ^ Felperin, Leslie (2004年9月28日). “Layer Cake”. Variety. 2018年1月8日閲覧。
  15. ^ Schager, Nick (2005年4月20日). “Layer Cake”. スラント・マガジン英語版. 2018年1月8日閲覧。
  16. ^ Jagernauth, Kevin (2011年6月6日). “Brett Ratner Quietly Fights Back On Twitter After Matthew Vaughn Trashes ‘X-Men: The Last Stand’”. インディワイア英語版. 2018年1月8日閲覧。
  17. ^ Tyler, Josh. “Matthew Vaughn Hates X-Men 3 Too”. cinemablend.com. 2018年1月8日閲覧。
  18. ^ キック・アス - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  19. ^ キック・アス/ジャスティス・フォーエバー - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  20. ^ Fleming, Mike (2010年5月4日). “Fox Signs Vaughn To Direct 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/05/fox-seals-deal-for-matthew-vaughn-to-direct-x-men-first-class/#more-38098 2010年7月9日閲覧。 
  21. ^ X-MEN:ファースト・ジェネレーション - シネマトゥデイ - 2018年1月8日閲覧。
  22. ^ Child, Ben (2012年1月31日). “Matthew Vaughn to direct sequel to X-Men: First Class”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/film/2012/jan/31/matthew-vaughn-x-men-first-class 
  23. ^ Fleming, Mike, Jr. (2013年3月27日). “Update: Fox Wins Rights To Matthew Vaughn’s Next Pic ‘The Secret Service', Sets November 2014 Release Date”. Deadline.com. 2013年8月11日閲覧。
  24. ^ Matthew Vaughn Eyes Newcomer Taron Egerton for ‘Secret Service’ (EXCLUSIVE)”. Variety.com (2013年7月25日). 2015年1月21日閲覧。
  25. ^ Who Will Team Up With Colin Firth in Matthew Vaughn's 'Secret Service'?”. Variety.com (2013年6月27日). 2015年1月21日閲覧。
  26. ^ Samuel L. Jackson to Play Villain in Matthew Vaughn’s ‘Secret Service’ (EXCLUSIVE)”. Variety.com. 2015年1月21日閲覧。
  27. ^ Sophie Cookson Lands Female Lead in Matthew Vaughn's 'Secret Service' (EXCLUSIVE)”. Variety.com. 2015年1月21日閲覧。
  28. ^ Fleming, Mike. “Matthew Vaughn's ‘The Secret Service’ Gets A Femme Fatale In Sofia Boutella”. Deadline.com. 2015年1月21日閲覧。
  29. ^ Pereira, Karen (2022年1月14日). “'The King's Man' director Matthew Vaughn confirms Colin Firth and Taron Egerton's return in 'Kingsman: The Blue Blood' - EXCLUSIVE!”. ETimes.in. 2022年5月10日閲覧。
  30. ^ Chitwood, Adam (2017年3月13日). “Warner Bros. Eyeing Matthew Vaughn to Direct Man of Steel 2”. Collider.com英語版. 2017年10月9日閲覧。
  31. ^ Lyus, Jon (2017年9月15日). “Matthew Vaughn Confirms Talks For The Next Superman Film”. HeyUGuys. 2017年10月9日閲覧。
  32. ^ Moore, Lucy (2016年5月25日). “Celebrity Wedding Anniversary: Claudia Schiffer and Matthew Vaughn 25/5/2002”. femalefirst.co.uk. 2018年1月8日閲覧。
  33. ^ Wigham, Helen (2011年5月13日). “Vogue Daily - May 13 / Claudia Schiffer bought Coldham Hall for £5 million for wedding and home”. British Vogue. Vogue. 2018年1月8日閲覧。
  34. ^ Michaud, Sarah (2010年1月15日). “Claudia Schiffer Expecting Third Child”. People. 2018年1月8日閲覧。
  35. ^ Claudia Schiffer names new baby daughter”. Hello!英語版.[リンク切れ]
  36. ^ “Jonathan Ross' wife Jane Goldman lets it all hang out as she leads revellers at Kick-Ass premiere party”. Daily Mail (London). (2010年3月24日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1259999/Kick-Ass-premiere-Brad-Pitt-joins-Jane-Goldman-party.html 2015年1月21日閲覧。 
  37. ^ Celebrity couple's love for Suffolk”. East Anglian Daily Times. 2011年3月17日閲覧。
  38. ^ Gurkha-Kämpfer zum Schutz vor Stalkern”. gala.de. 2018年1月8日閲覧。(ドイツ語)
  39. ^ Claudia Schiffer wird von Elite-Soldaten bewacht”. ゾースター・アンツァイガードイツ語版 (2010年3月24日). 2018年1月8日閲覧。(ドイツ語)
  40. ^ Sapsted, David (2006年9月8日). “Schiffer's huge dogs 'are terrifying our village'”. デイリー・テレグラフ. 2018年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]