エディ・スリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エディ・スリマン(Hedi Slimane, 1968年7月5日[1] - )は、フランス出身のファッションデザイナー。20世紀終盤頃から21世紀初頭にかけてのファッションブランド「イヴ・サン=ローラン」・「ディオール・オム」及び2012年から2016年にかけてのSAINT LAURENT PARISクリエイティブディレクターとしての活動が最も広く知られている[2]

Hedi Slimane

少年性」と「ロック」をテーマにした繊細な作品群は熱狂的なファンを多く持つ。また、最近では、フォトグラファーとして、雑誌、ビッグメゾンの広告などの仕事もこなしている。「VOGUE HOMMES JAPAN」創刊号にて、「デヴィッド・ボウイポール・ウェラーザ・クラッシュポール・シムノンからかなり影響を受けた」と語っている。いずれもイギリスのロック・ミュージシャンである。また、ザ・リバティーンズピート・ドハーティに熱狂し、自身が撮影した写真集まで出している。

過去の膨大なコレクションの中から、洋服のインスピレーションを見いだすために、自身で手がけた服以外は古着しか着ないことでも有名である[3]

略歴[編集]

フランス・パリにおいて、チュニジア系の父親とイタリア系の母親との間に生まれた[4]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 7月5日はエディ・スリマンの誕生日です』 2014年7月5日 FASHION HEADLINE
  2. ^ YSL復帰が決まったエディスリマンはどんなデザイナー?という人のための動画集』 2011年3月11日 Fashionsnap.com
  3. ^ ディオール・オムからサンローランまで。天才エディスリマンが僕たちに教えてくれたこと』 2018年1月19日 STYLEHAUS
  4. ^ "Hedi Slimane - Profil du créateur". ykone.com. 2012年4月27日閲覧

外部リンク[編集]