TODAY IS ANOTHER DAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZARD > TODAY IS ANOTHER DAY
TODAY IS ANOTHER DAY
ZARDスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年 - 1996年
STUDIO BIRDMAN
BIRDMAN WEST
MOD STUDIO BEING
GARDENIA STUDIO
RED WAY STUDIO日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース 坂井泉水
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間12位(オリコン)
  • 登場回数40回(オリコン)
ゴールドディスク
ZARD 年表
forever you
1995年
TODAY IS ANOTHER DAY
(1996年)
ZARD BLEND 〜SUN&STONE〜
1997年
EANコード
EAN 4996857000286
『TODAY IS ANOTHER DAY』収録のシングル
  1. 愛が見えない
    リリース: 1995年6月5日
  2. サヨナラは今もこの胸に居ます
    リリース: 1995年8月28日
  3. マイ フレンド
    リリース: 1996年1月8日
  4. 心を開いて
    リリース: 1996年5月6日
テンプレートを表示

TODAY IS ANOTHER DAY』(トゥデイ・イズ・アナザー・デイ)は、ZARDの7作目のオリジナルアルバム規格品番はJBCJ-1009。

内容[編集]

  • この作品からプロデューサー坂井泉水名義になった。
  • 初めて全収録曲を解説したライナーノーツが付いた(ちなみに、このライナーノーツではZARDのことを「彼ら」と表現している)。
  • 当時はFIELD OF VIEWへの楽曲提供が多かったため、そのセルフ・カバーが3曲も収録されており、本作ではセルフ・カバー曲が合わせて4曲も収録されている。
  • 3rdアルバム『HOLD ME』以来、久々にカップリング曲がアルバムに収録された(16thシングル『サヨナラは今もこの胸に居ます』のカップリング「眠り」)。
  • 全12曲中既出の曲は、シングル、カップリング、セルフ・カバー合わせて9曲となっていて、アルバムオリジナル曲は3曲のみである。本作から9thアルバム『時間の翼』まで、アルバムオリジナル曲が3曲のみという傾向が続いている。
  • マイ フレンド」発売当時は、1996年春にアルバムがリリースされる予定であると告知されていたが、制作上の都合で一度延期されていた。

収録曲[編集]

作詞は全て坂井泉水が担当している。

  1. マイ フレンド
    17thシングル。
  2. 君がいたから ▲ - 原曲:FIELD OF VIEW
    • 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
    FIELD OF VIEWの「君がいたから」のセルフ・カバー曲。原曲が主題歌として使用されていたドラマ『輝く季節の中で』の挿入歌として使用されていた。また、坂井泉水死後に発売されたセレクションアルバム『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』にはミックスを変えたバージョンが収録された。
  3. サヨナラは今もこの胸に居ます
    16thシングル。今回の収録でボーカルをリテイク、またMixを「Vo.やや小」バージョンにしたものが収録されている[1]。なお、栗林誠一郎のゲストボーカルはそのまま。
  4. LOVE 〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた ▲ - 原曲:Barbier
    栗林誠一郎(Barbier)の「LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜」のセルフカバー曲。フェイク・ボーカルは生沢佑一坪倉唯子らによるものである。2番からボーカルを半音、器械で上げた声が採用されている。
  5. DAN DAN 心魅かれてく ▲ - 原曲:FIELD OF VIEW
    FIELD OF VIEWの「DAN DAN 心魅かれてく」のセルフ・カバー曲。原曲はドラゴンボールGTのテーマソングであった。アレンジが葉山たけしから池田大介に替わっている。この曲も2番からボーカルを器械で半音上げたものが使われている。ベストアルバム『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』にも収録されている。
  6. 眠り
    16thシングル「サヨナラは今もこの胸に居ます」のカップリング曲。シングルバージョンではなく、ローリング・ストーンズレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンなどを手掛けたAndy Johnsの手によってリミックスを施されたバージョンが収録されている。2ndアルバム「もう探さない」収録の「いつかは・・・」以来4年半ぶりに坂井泉水が作曲。
  7. 心を開いて
    • 作曲:織田哲郎 編曲:池田大介
    18thシングル。本アルバム収録バージョンの「眠り」同様Andy Johnsの手によるミックス(本曲はシングルバージョンの時点で彼によるミックスである)。
  8. 突然 ▲ - 原曲:FIELD OF VIEW
    • 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
    FIELD OF VIEWの「突然」のセルフカバー曲。冒頭のコーラスは楠瀬誠志郎である。ベストアルバムZARD BEST 〜Request Memorial〜』の投票に10位(シングル以外では4位)にランクインし、ミックスを変更したものが収録された。ベストアルバム『ZARD Request Best 〜beautiful memory〜』『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』にも収録された。
  9. 今日も
    • 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
  10. Today is another day
    • 作曲:織田哲郎 編曲:池田大介
    タイトル曲。当初のタイトルは「今日が変わる」だった。ホーン・セクションが導入されており、とくにバリトンサックスのアレンジにこだわったとのこと[2]
    同年に放送されたアニメ『YAWARA!』のテレビスペシャル「YAWARA!〜ずっと君のことが〜」のテーマソングとなった。ベストアルバム『Golden Best ~15th Anniversary~』『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』にも収録された。
  11. 愛が見えない
    15thシングル。PAMELAHの小澤正澄の提供作。間奏のサックスソロはDIMENSION勝田一樹によるもの。
  12. 見つめていたいね
    • 作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫
    スタジオであるファンレターを読んでいたとき、坂井はZARDファンの仙台市の高校生がバイクで事故死したことを知る。そのファンレターにはその死と真正面に向き合った生徒たちと家族を案じる担任の気持ちが綴られていた。歌詞中の「3Gのキーパー」とは、彼のことをさしている(「3G」は3年G組のこと)。歌詞の最後にも「Dedicate to KIYOTAKA SATOH」と書かれている。この為か坂井自身もこの詞を大変気に入っており、セレクションアルバム『Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜』に収録された。この曲も前述のYAWARA!スペシャルの挿入歌として使用されていた。
    演奏時間は6分17秒と「あなたに帰りたい」と並んでZARDのオリジナル曲の中では最も長い。

●:シングル曲 ∇:カップリング曲 ▲:セルフ・カバー曲

クレジット[編集]

  • Voice Recorded by MASAIRO SHIMADA
    • Assisted by SHUICHI JINNO, YUJI YOSHIDA
  • Mixed by MASAYUKI NOMURA, MASAHIRO SHIMADA, YOSHIKI AOKI, TOMOKO NOZAKI, ANDY JOHNS
  • Recorded by MASAYUKI NOMURA, MASAYUKI AIHIRA, MASAHIRO SHIMADA, TAKAYUKI ICHIKAWA, MACOTEAU TAKAHASHI, YOSHIAKI KAWAKAMI, MARI MITSUHASHI, HIROYUKI KOBAYASHI, YOSHINORI AKAI, AKIO NAKAJIMA
  • Assistant Enginners:MICHINORI NISHIDA, SHOICHIROH INAGAKI, DAISUKE TODOROKI, REIKO IIMORI, MONORU TOYODA, HIROAKI MATSUMOTO, SAWAKO RYUKOH, TAKAKAZU YOKOYAMA, AKIKO KIRIHARA, CHIZUKO OHNO, SHINYA SUZUKI, ICHIROH ISHIDA, SHIGERU KAJITA
  • Mastered by ICHIKO FURUKAWA
  • Directed by HISASHI KOMATSU, SATOSHI SHIROTA
  • Background Voice Directed by HIROSHI TERAO, CHIE YAMAMOTO, HIDEAKI MAGARITE
  • Art Direction, Designed by Be Planning
  • Photo by SHINJI HOSONO, OSAMU MATSUKI, WENDY & WANDY
  • Guest Voices:栗林誠一郎, 楠瀬誠志郎, 坪倉唯子, 川島だりあ, 生沢佑一, 牧穂エミ, 大田紳一郎, KYOTAROH MURAKAMI, KENJI MASUHARA, WAKAKO MAEJIMA, RYO TACHIHARA, AKIRA SAEBA
  • Background Voice Arranged by KENJI MASUHARA, HISASHI KOMATSU, HIROSHI TERAO

参加ミュージシャン[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ 「music freak magazine」vol.153 2007年9月号 p.16。
  2. ^ Golden Best ~15th Anniversary~』ライナーノーツより。

関連項目[編集]