HOLD ME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HOLD ME
ZARDスタジオ・アルバム
リリース


1993年9月1日(再発)


2021年9月15日(再発現行/30th Anniversary Remasterd)
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル

b.gram


B-Gram RECORDS
(再発・再発現行)
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 1992年度年間26位(オリコン)
  • 1993年度年間30位(オリコン)
  • 1994年度年間439位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン日本レコード協会[注 1]
  • ZARD アルバム 年表
    もう探さない
    1991年
    HOLD ME
    (1992年)
    揺れる想い
    1993年
    EANコード
    『HOLD ME』収録のシングル
    テンプレートを表示

    HOLD ME』(ホールド・ミー)は、日本ロックバンドZARD1992年9月2日b.gramから発売した3枚目のオリジナルアルバムである。

    内容[編集]

    前作『もう探さない』から約9ヶ月ぶりに発売されたオリジナルアルバム。前作に引き続きバンド形態による作品にして最後の作品でもある。

    ジャケット西田幸樹が撮影している。寺尾広は後に今作と先行シングル眠れない夜を抱いて」から、ZARDのイメージや方向性をサウンドとビジュアル両面において、当時のディレクタースタッフみんなが共有できてきたと語っている[1]

    今作から6thアルバム『forever you』まで、ZARDの“Z”に“〜”(波線)が入るデザインのロゴが使用されている。

    チャート成績[編集]

    本作は1992年9月14日付けのオリコンチャートにて最高位2位となり、売り上げ枚数は同年11月23日付けで51.9万枚となった[2]

    先行シングル眠れない夜を抱いて」のヒットとの相乗効果も相まってアルバムとしては初のトップ10入りとなり、シングル・アルバム通じて初のトップ3入りを果たした。本作発売の約5ヶ月後に6thシングル「負けないで」がヒットし、約10ヶ月に次作「揺れる想い」が大ヒットしたため、本作は同チャートの登場回数が71回におよぶロングセラーとなり、発売から約1年後にミリオンセラーを達成、最終的な売り上げ枚数は106.5万枚となった。

    本作からベスト・アルバムZARD BEST 〜Request Memorial〜』(1999年)まで9作連続のミリオンセラーを記録し歴代1位となった。

    収録曲[編集]

    CD
    全作詞: 坂井泉水
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.眠れない夜を抱いて坂井泉水織田哲郎明石昌夫池田大介
    2.「誰かが待ってる」坂井泉水栗林誠一郎明石昌夫
    3.「サヨナラ言えなくて」坂井泉水栗林誠一郎池田大介
    4.「あの微笑みを忘れないで」坂井泉水川島だりあ明石昌夫
    5.「好きなように踊りたいの」坂井泉水和泉一弥葉山たけし
    6.Dangerous Tonight坂井泉水栗林誠一郎明石昌夫
    7.「こんなに愛しても」坂井泉水栗林誠一郎明石昌夫
    8.「Why Don't You Leave Me Alone」坂井泉水川島だりあ葉山たけし
    9.「愛は眠ってる」坂井泉水川島だりあ池田大介
    10.「遠い日のNostalgia」坂井泉水望月衛介明石昌夫
    11.「So Together」坂井泉水川島だりあ明石昌夫
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    1. 眠れない夜を抱いて
      • 4thシングル。
    2. 誰かが待ってる
    3. サヨナラ言えなくて
    4. あの微笑みを忘れないで
    5. 好きなように踊りたいの
      • 1999年『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』の投票では収録はされなかったが19位にランクインするなど、ファンの間では高い人気曲。
    6. Dangerous Tonight
      • 4thシングルカップリング曲。
    7. こんなに愛しても
      • 3rdシングル「もう探さない」のカップリング曲のアルバムバージョン。今作のタイトル「HOLD ME」は、この曲のサビ始まりのフレーズから引用されている。シングルバージョンとはミキシングが異なっており、イントロに雑踏のSE、間奏にサックスが追加され、アウトロフェードアウトしないといった変更が施されている。
        後に1997年のセレクションアルバム『ZARD BLEND〜SUN & STONE〜』では坂井の強い意向で更にリアレンジして最後に収録。1999年のベストアルバム『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』では投票時は50位で未収録だったが、2008年発売の『ZARD Request Best 〜beautiful memory〜』にもファン投票30位となり原曲が収録された。2016年発売の『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』にも原曲が収録。
    8. Why Don't You Leave Me Alone
    9. 愛は眠ってる
    10. 遠い日のNostalgia
      • 1999年発売『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』では投票11位を獲得し収録されたが、最後のサビがエディットでカットされたバージョンとなっている。また、『Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜』にも上述のバージョンで収録されている。
        2012年に発売された『ZARD ALBUM COLLECTION 〜20th ANNIVERSARY〜』には葉山たけしによるリアレンジバージョン「遠い日のNostalgia (Acoustic arrange ver.)」が収録された。オリジナル・カラオケが、坂井逝去後の2017年9月20日に発売された隔週刊『ZARD CD&DVD COLLECTION 第16号 もう少し あと少し…』にて音源化された。
    11. So Together
      • 2007年発売『Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜』にも収録された。オリジナル・カラオケが、坂井逝去後の2018年4月18日に発売された隔週刊『ZARD CD&DVD COLLECTION 第31号 あなたと共に生きてゆく』にて音源化された。

    参加ミュージシャン[編集]

    ZARD

    タイアップ[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年までの旧基準ではトリプル・プラチナ認定。

    出典[編集]

    1. ^ ZARD・坂井泉水は『負けないで』ヒット中も誰にも気づかれず、小田急線で通勤”. AERA. 2019年8月26日閲覧。
    2. ^ WHAT's IN? 1993, p. 11- 「SELF LINER NOTES '92 〜1992年のBEST50CD全曲解説〜」より

    参考文献[編集]

    外部リンク[編集]