さわやかな君の気持ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さわやかな君の気持ち
ZARDシングル
初出アルバム『止まっていた時計が今動き出した
B面 抱きしめていて
Seven Rainbow
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル B-Gram RECORDS
作詞・作曲 坂井泉水
徳永暁人
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2002年6月度月間15位(オリコン)
  • 2002年度年間192位(オリコン)
  • ZARD シングル 年表
    promised you
    2000年
    さわやかな君の気持ち
    (2002年)
    明日を夢見て
    2003年
    止まっていた時計が今動き出した 収録曲
    Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜 収録曲
    ときめきメモリアル SOUND BLEND 〜featuring ZARD〜 収録曲
    テンプレートを表示

    さわやかな君の気持ち」(さわやかなきみのきもち)は、ZARDの34作目のシングル

    背景[編集]

    前作より約1年半という長い期間[注釈 1]を経て「ZARD第2章スタート」という、キャッチフレーズが付いたシングルとなった。当初5月15日発売と告知していたが、制作上の都合を理由として翌週の5月22日発売に延期されている[1]

    表題曲は、上戸彩が出演したニベア花王8×4』のCMソングに起用され[2]、このCMバージョンは2012年に発売された『ZARD Album Collection 〜20TH ANNIVERSARY〜』の特典DISK(PREMIUM DISK)に収録された。

    カップリング曲には、PlayStation 2専用恋愛シミュレーションゲームときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』のテーマ曲が収録されている。この楽曲は、坂井が休養中の2002年1月30日に『ときめきメモリアル SOUND BLEND 〜featuring ZARD〜』として発売されていた[3]。今作ではリアレンジを施しての収録となった。

    制作、音楽性[編集]

    • 全収録曲の作曲・編曲を徳永暁人が担当している。
    • 「Seven Rainbow」「抱きしめていて」の別Verが存在することを明かしている(Music Freak Magazine90号)。

    さわやかな君の気持ち[編集]

    コーラスワークを多用しており、徳永暁人、吉田朋代が参加している。

    10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』には、キーを下げ、バンドサウンドを意識させるアレンジで収録。シングルバージョンは、2007年リリースのセレクションアルバム『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』へ収録された。

    抱きしめていて[編集]

    恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』のビターエンディングテーマ[注釈 2]に使用され、アレンジはシングルバージョンと異なる。

    コーラス参加は徳永暁人。

    オリジナルカラオケの音盤化はされていなかったが、2018年3月21日発売「ZARD CD & DVD COLLECTION 第29号 素直に言えなくて」の付属CDにて初音盤化された。

    Seven Rainbow[編集]

    恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』のオープニングテーマに使用され、アレンジはシングルバージョンと異なっており『ときめきメモリアル SOUND BLEND 〜featuring ZARD〜』に収録されているバージョンは、徳永とCybersoundPerry Geyerによる共同編曲であるが、今回はゲーム中で使用されるバージョンと同じく徳永の単独編曲であり、ゲームバージョンに近いアレンジとなっている。

    コーラス参加はMichael Africk、徳永暁人 

    収録曲[編集]

    1. さわやかな君の気持ち
      作詞:坂井泉水
      作曲・編曲:徳永暁人
    2. 抱きしめていて
      作詞:坂井泉水
      作曲・編曲:徳永暁人
    3. Seven Rainbow
      作詞:坂井泉水
      作曲・編曲:徳永暁人
    4. さわやかな君の気持ち(Instrumental)
      • コーラスあり。

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 坂井の逝去後、この時期が体調不良による休養だったことが明らかになっている。
    2. ^ 当該作ではいわゆるグッドエンディングをスウィートエンディング、バッドエンディングをビターエンディングと呼んでいる。

    出典[編集]

    1. ^ ZARD公式サイトNEWS、2002年4月26日付のインターネットアーカイブより、2017年8月23日閲覧。
    2. ^ さわやかな君の気持ち|ZARD”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2022年2月7日閲覧。
    3. ^ 「ときめきメモリアル」サウンド・ブレンド featuring ZARD”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年2月7日閲覧。

    関連項目[編集]