君とのDistance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
君とのDistance
ZARDスタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2005年
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース 坂井泉水
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • ZARD 年表
    止まっていた時計が今動き出した
    2004年
    君とのDistance
    (2005年)
    Golden Best 〜15th Anniversary〜
    2006年
    EANコード
    EAN 002451024003
    『君とのDistance』収録のシングル
    1. かけがえのないもの
      リリース: 2004年6月23日
    2. 今日はゆっくり話そう
      リリース: 2004年11月24日
    3. 星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように
      リリース: 2005年4月20日
    テンプレートを表示

    君とのDistance』(きみとのディスタンス)は、日本歌手坂井泉水によるソロプロジェクトZARDの11枚目のオリジナルアルバム

    内容[編集]

    収録曲[編集]

    作詞はすべて坂井泉水が担当。

    1. 夏を待つセイル(帆)のように
      40thシングルの2曲目。劇場版『名探偵コナン 水平線上の陰謀』の主題歌。数曲候補のあった中で、坂井の「一番子供がノリやすい曲がいい」という着眼点により、この曲に決定した。
      セイル(帆)の表記になったのは、セイルだけでは意味が伝わりにくく、セイルをルビにすると読みにくいという、坂井の配慮からである。
    2. サヨナラまでのディスタンス
      • 作曲:大野愛果 編曲:葉山たけし
      当初はアルバムタイトル候補だったが、ネガティブだという坂井の想いと別の意味を持たせたいという理由から、『君とのDistance』に決定した。
      数種類製作されたものから、アップテンポなアレンジが採用された。
    3. かけがえのないもの
      38thシングル。『恋するハニカミ!』テーマソング。
      コーラス参加:大野愛果。
    4. 今日はゆっくり話そう
      39thシングル。『月桂冠』CMソング。厚いコーラスは「ゴスペル的なライン、雰囲気で」という坂井のリクエストによるもの。
    5. 君とのふれあい
      • 作曲:大野愛果 編曲:葉山たけし
      当初は脚色されたアレンジだったが、シンプルな構成に変更。アルバム中もっともヴォーカル録りに時間をかけた曲。
      もともと劇場版『名探偵コナン』の主題歌として何曲かある候補曲の1曲であった。
    6. セパレート・ウェイズ
      間奏にトランペットが入る。編曲は「この涙 星になれ」以来の古井弘人。
    7. Last Good-bye▲ - 原曲:FIELD OF VIEW
      FIELD OF VIEWに提供した楽曲であり、セルフ・カバー。
    8. 星のかがやきよ
      • 作曲:大野愛果 編曲:葉山たけし
      40thシングルの1曲目。TVアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマ。このアルバムでは1番テンポが速い。
    9. 月に願いを
      • 作曲:大野愛果 編曲:小林哲
      3拍子のワルツ調の曲。ミキシングはアンディ・ジョーンズによるもの。この曲は大野愛果がまだ小学生の頃に思い浮かんだメロディがモチーフになっている。
    10. あなたと共に生きてゆく▲ - 原曲:テレサ・テン
      • 作曲:織田哲郎 編曲:小林哲
      テレサ・テンの「あなたと共に生きてゆく」のセルフカバー。間奏に中国語のセリフ、二胡を取り入れている。
      • オリジナルカラオケの音盤化はされていなかったが、2018年4月18日発売「ZARD CD&DVD COLLECTION 第31号 あなたと共に生きてゆく」の付属CDにて初音盤化された。
    11. I can't tell
      栗林誠一郎のストック。前アルバムに小林哲編曲で収録予定だったが、葉山たけし編曲のオケに収録済みのヴォーカルをエディットされた。
    12. good-night sweetheart
      初の徳永、葉山の共同作品。コーラスがやや強調されている。
    13. 君と今日の事を一生忘れない
      • 作曲・編曲:徳永暁人
      相手に気を使っているように見える歌詞のバラード。2番のサビの部分は歌詞がなくギターソロとなっており、DメロやEメロが存在する等、複雑な曲構成をしている。なお、トラックの制作は2002年頃から進められていた。

    ●:シングル曲 ▲:セルフ・カバー曲

    参加ミュージシャン[編集]

    など