小林哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林哲
出生名 小林哲
別名 St.COBA
学歴 近畿大学
ジャンル J-POP
職業 編曲家
ミュージシャン
担当楽器 キーボード
活動期間 1998年

小林 哲(こばやし さとる)は日本キーボーディスト編曲家

人物[編集]

1998年、LOWDOWNの「さよならこの世界で…」で編曲家デビュー。

主にビーイング系アーティストの楽曲の編曲を中心に活動する。中でも、RAMJET PULLEY竹井詩織里(ともにGIZA studio所属)は楽曲の多くが彼による編曲作品である。

また、編曲家として活動する一方、「大阪スクールオブミュージック専門学校」の講師を務めている。(かつて、「GIZAクリエイターズスクール」の講師も務めていた。)

絶対音感の持ち主で、かなりの長身。

代表作は、ZARDの「明日を夢見て」(2003年)と「かけがえのないもの」(2004年)、Fayrayの「願い」「口づけ」(2004年)、三枝夕夏 IN dbの「太陽」(2006年)、竹井詩織里の「世界 止めて」(2005年)など。

作品提供[編集]

関連項目[編集]