seize the light

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
seize the light
globeシングル
初出アルバム『LEVEL 4
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル avex globe
プロデュース Tetsuya Komuro
チャート最高順位
globe シングル 年表
OVER THE RAINBOW/INSPIRED FROM RED&BLUE
2002年
seize the light
(2002年)
get it on now feat. KEIKO
2003年
テンプレートを表示

seize the light」(シーズ・ザ・ライト)は、globeの28枚目のシングルである。

解説[編集]

YOSHIKIがglobeに加入した2002年に発表された、YOSHIKIが参加している唯一の楽曲である。 2005年に、YOSHIKIを加えての活動の際には、ユニット名がglobe extremeになることが発表された。 小室がYOSHIKIとコラボレーションするのは、1992年にV2としてリリースした「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」以来10年ぶりである。

YOSHIKIがMIDIのプログラミングを含めてDAWソフトのDigidesign Pro Toolsを使用し、小室とやりとりを行った[1]。 YOSHIKIの2005年のクラシック・アルバム『ETERNAL MELODY II』にクラシック・バージョンが収録されている。また、小室とKEIKOの結婚披露宴ではYOSHIKIがピアノ・コンチェルト形式にアレンジしたものを演奏した。 2005年のインタビューで小室は「彼はとてつもなく長い時間軸で音楽を作る。僕らの10年間が彼にとっては1年間なのかもしれない。もっと長いのかもしれないけど、本当の芸術家ですよ。僕は、その反対にもっとこう、コンビニエンスストアというか、手軽に短いスパンで音楽を作る。今はその時間軸がガチっと上手く合うのを待ってる」とコメントしている。

収録曲[編集]

  1. seize the light
    作詞:YOSHIKI, 小室哲哉 作曲:YOSHIKI 編曲:小室哲哉 Rap詞:MARC PANTHER
    テレビ朝日系海外ドラマ「ダーク・エンジェル」日本イメージソング
    この楽曲を収録したアルバム『LEVEL 4』ではアレンジが少し変更されている。
  2. compass
    作詞:KEIKO 作曲・編曲:小室哲哉 Rap詞:MARC PANTHER
  3. seize the light(Instrumental)
  4. compass(Instrumental)

収録アルバム[編集]

seize the light

compass

脚注[編集]

  1. ^ 『キーボード・マガジン』 (2003年1月号) リットー・ミュージック

外部リンク[編集]