斎藤きち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいとう きち
斎藤 きち
生誕 天保12年11月10日(1841年12月22日)
日本の旗 日本 尾張国知多郡西端村
(現在の愛知県南知多町内海)
死没 1890年3月27日 (満48歳没)
日本の旗 日本 静岡県下田市稲生沢川門栗ヶ淵(現在のお吉ヶ淵)
別名 唐人お吉 とうじんおきち
職業 芸者髪結、小料理屋経営
配偶者 タウンゼント・ハリス 内縁
鶴松 内縁

斎藤 きち(さいとう きち、天保12年11月10日 / グレゴリオ暦 1841年12月22日 - 1890年3月27日[1])は、幕末から明治期にかけての伊豆国下田芸者唐人お吉(とうじんおきち)の名で知られる[1]

生涯[編集]

下田一の人気芸者[編集]

グレゴリオ暦 1841年12月22日天保12年11月10日)、尾張国知多郡西端村(現在の愛知県南知多町内海)に船大工・斎藤市兵衛と妻きわの二女として生まれ、4歳まで内海で過ごし、その後、一家は下田へ移る[1]。7歳の時河津城主向井将監の愛妾村山せんの養子となり三味線を習った。14歳で村山家から離縁され芸者となりお吉と名乗ったきちは、瞬く間に下田一の人気芸者となる。

唐人お吉[編集]

1857年安政4年)5月日本の初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリス玉泉寺領事館で精力的に日米外交を行っている最中、慣れない異国暮らしからか体調を崩し床に臥せってしまう。困ったハリスの通訳ヘンリー・ヒュースケンはハリスの世話をする日本人看護婦の斡旋を地元の役人に依頼する。しかし、当時の日本人には看護婦の概念がよく解らず、の斡旋依頼だと誤解してしまう。そこで候補に挙がったのがお吉だった。

当時の大多数の日本人は外国人に偏見を持ち、外国人に身を任せることを恥とする風潮があったため、幼馴染の婚約者がいたお吉は固辞したが、幕府役人の執拗な説得に折れハリスのもとへ赴くことになった。当初、人々はお吉に対して同情的だったが、お吉の羽振りが良くなっていくにつれて、次第に嫉妬と侮蔑の目を向けるようになる。ハリスの容態が回復した3か月後の8月、お吉は解雇され再び芸者となるが、人々の冷たい視線は変わらぬままであった。この頃から彼女は色に耽るようになる。

最期[編集]

安直楼(静岡県下田市三丁目)

1867年慶応3年)、芸者を辞め、幼馴染の大工・鶴松と横浜同棲する[1]。その3年後に下田に戻り髪結業を営み始めるが、周囲の偏見もあり店の経営は思わしくなかった。ますます酒に溺れるようになり、そのため元婚約者と同棲を解消し、芸者業に戻り三島を経て再び下田に戻った。お吉を哀れんだ船主の後援で小料理屋「安直楼(あんちょくろう)」を開くが、既にアルコール使用障害となっていたお吉は年中酒の匂いを漂わせ、度々酔って暴れるなどしたため2年で廃業することになる。

その後数年間、物乞いを続けた後、1890年(明治23年)3月27日稲生沢川門栗ヶ淵に身投げをして自殺した[1]。満48歳没(享年50)。

その後、稲生沢川から引き上げられたお吉の遺体を人々は「汚らわしい」と蔑み、斎藤家の菩提寺も埋葬を拒否した為、河川敷に3日も捨て置かれるなど下田の人間は死後もお吉に冷たく、哀れに思った下田宝福寺の住職境内の一角に葬るが、後にこの住職もお吉を勝手に弔ったとして周囲から迫害を受け、下田を去る事となる。お吉の存在は、1928年(昭和3年)に十一谷義三郎が発表した小説『唐人お吉』で広く知られることとなる。

部分的なフィクションの可能性[編集]

斎藤きちの経歴については諸説あり、芸者ではなく洗濯や酌婦で生計を立てていたとする説もある[2]。元来資料が少ない上に後年の小説、戯曲等で描かれたフィクションの部分が史実の様に語られている可能性も高く、一概に伝わる経歴の正誤を断定する事は困難である。

19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真について[編集]

19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真が存在する。下岡蓮杖の弟子である水野半兵衛が下田市の八幡山宝福寺に寄贈したとの来歴が伝わっており、出版物や観光用のパンフレット等に多数用いられている。

「Officer's Daughter」の存在[編集]

「Officer's Daughter(士官の娘)」
19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真の基になった。
19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真[3]
(八幡山宝福寺唐人お吉記念館蔵)
  • 幕末から明治中頃にかけて主に横浜の写真館から国内向けや在留外国人の土産物、あるいは輸出用に多数販売されていた写真[4]の中の一葉で、アドルフォ・ファルサーリが横浜で経営していた写真店・ファルサーリ商会[5]で販売していた「Officer's Daughter」(士官の娘)と呼ばれる写真が存在する。撮影者[6]・モデル共に不詳。紙焼きプリントに手彩色[7]されている。1880年代(明治10年代)から1890年代(明治30年代)半ば頃まで販売され続けた人気商品であり、ファルサーリ商会以外の写真店からも販売されて国内外に多数が現存している[8]。「Officer's Daughter」(士官の娘)と19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真が基本的には同一の写真である事は一見して明らかである。

女性モデルの髪形[編集]

  • 「Officer's Daughter」(士官の娘)の女性モデルの髪形は真ん中分けでやや西洋風だが日本髪で、髪留めも玉簪や櫛など旧来の日本式の物を用いている。西洋文化が大量に流入した明治時代前半に登場した髪形[9]で、写真の撮影年を特定する決定打とはならないが明治以降の撮影と推定できる。
  • 明治時代からの髪形をしている「Officer's Daughter」(士官の娘)の女性モデルと、発売当時30 - 40歳代の斎藤きちでは年齢が合致しない。
  • 斎藤きちが数え年19歳の頃に撮影された古い写真を紙焼きして販売したと仮定しても、幕末期の若い未婚女性の髪形は島田髷銀杏返し桃割れ等の純然たる日本髪で、「Officer's Daughter」(士官の娘)の女性モデルの髪形では時代が合致しない。

撮影条件の不一致[編集]

斎藤きちが数え年19歳であったのは1860年(安政7年 - 万延元年)である。

  • 1859年(安政6年)まで下岡蓮杖は下田に居住していた。下岡蓮杖の写真技術習得の経歴については諸説あるが[10]、当時は未だ写真技術の基礎すら手探りの状態であったかあるいは実質的には手つかずの状態にあった事は確かで、仮に斎藤きちと接触があったとしても鮮明な写真の撮影は到底不可能である。
  • 下岡蓮杖が横浜の野毛に写真店を開業したのは1862年文久2年)末、斎藤きちは当時数え年21歳であるから年齢が合致しない[11]
  • 下岡蓮杖の初期の写真はガラス湿板写真[12]で、鶏卵紙を用いた紙焼きプリントを開始するのは慶応年間頃と推定される[13]
    したがって、文久年間の下岡蓮杖の手による写真ならばガラス湿板写真のはずだが「Officer's Daughter」(士官の娘)は紙焼きプリント写真である。
  • 19歳の斎藤きちを撮影したと称される写真は画質が荒れているが「Officer's Daughter」(士官の娘)ははっきりした良好な画質である。良好な画質の写真を加工複製すれば画質が劣化するが、筆による修正や手彩色ならともかく、劣悪な画質の写真を加工複製して根本から良好な画質の写真を作る技術は当時存在しない。したがって、「Officer's Daughter」(士官の娘)から当該写真を作成する事は可能だが、当該写真から「Officer's Daughter」(士官の娘)を作成する事は不可能である。

このようにいずれにしても時代と条件が合致せず、下岡蓮杖・水野半兵衛の師弟が19歳当時の斎藤きちを撮影した事実は無い。

「斎藤きち」か[編集]

上記の理由で、19歳の斎藤きちを撮影したものと称されている写真は明治期に撮影された「Officer's Daughter」(士官の娘)から女性モデルの玉簪・髪飾りと後頭部の巻き髪を削除する改変を施して複写したものと断定できる。後頭部の巻き髪まで削除した理由は不明だが、これでは日本髪が一見真ん中分けの洋髪に見えてしまう。写真を改変した施工者が不明である以上は画像にこのような加工を施した意図は不明だが、伝わる来歴通り水野半兵衛による寄贈であっても、現物はオリジナルに粗雑な改変を施された物に過ぎない。さらに、来歴があるはずの当該写真と「Officer's Daughter」(士官の娘)が、いわゆる「唐人お吉」の写真として関係各方面で混用されており[14]、情報の信憑性は著しく低いと言わざるを得ない。

そして、双方の写真の女性モデルが斎藤きちであると断定はおろか、推定できる具体的かつ客観的な根拠が存在しない。むしろ上記の如き否定的な状況証拠が複数存在している訳で、「Officer's Daughter」(士官の娘)及び当該写真の女性モデルが19歳かあるいはそれに近い年齢であった当時の斎藤きちである可能性は、結論として限りなくゼロに近い[3]

作品化[編集]

十一谷義三郎の小説『唐人お吉』を始め、小説、映画等が同タイトルで存在する。

小説

国立国会図書館蔵書[15]

戯曲
映画

脚注・参照[編集]

  1. ^ a b c d e 唐人お吉コトバンク、2010年2月21日閲覧。
  2. ^ 唐人お吉コトバンク「朝日日本歴史人物事典」「日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 唐人お吉」、2016年5月2日閲覧。
  3. ^ a b 石黒敬章「幕末・明治のおもしろ写真」〈コロナ・ブックス16〉平凡社2004年、104頁。著者は「美人芸者の写真」「唐人お吉と間違えられた写真」と断定している。
  4. ^ 古写真収集家の間では「横浜写真」と称される。ファルサーリと横浜写真参照。
  5. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』〈コロナ・ブックス16〉平凡社2004年、104頁。「ファサリ商会」・「ファサーリ商会」とも称する。
  6. ^ 当時の職業写真家は自分以外の写真家の手による作品も販売していたので、記録が無い作品は発売元から撮影者を断定する事が難しい。
  7. ^ 「しゅさいしき」あるいは「てさいしょく」と読む。モノクロの紙焼き写真に絵具を用いて1枚ずつ手作業で着色する技法。カラー印刷が一般的になるまで多用された。
  8. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』〈コロナ・ブックス16〉平凡社、2004年、94頁。著者自身も3枚所有している。
  9. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』「第三章 下岡蓮杖写真鑑定術」〈コロナ・ブックス16〉平凡社、2004年、49頁。左手に指輪を付けて日本髪だが真ん中から分けた髪形の女性の写真が掲載されている。裏面に「1870-」と記してあり、筆者は下岡蓮杖による1869年 - 1870年(明治元年 - 2年)頃の写真と推定している。
  10. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』「第三章 下岡蓮杖写真鑑定術」〈コロナ・ブックス16〉平凡社、2004年、42 - 43頁。以下引用「(前略)自分が写真を誰に習ったかという大切なことまでも、はっきりとは語っていない。そのため蓮杖の写真の先生については様々な憶説がある。(中略)蓮杖の最も古い談話資料『写真事歴』(明治二十四年に山口才一郎が綴った)にも、当てにならない記述が多いと聞く。どうも蓮杖の言動には、胡散臭さがつきまとう。(後略)」。
  11. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』「第三章 下岡蓮杖写真鑑定術」〈コロナ・ブックス16〉平凡社、2004年、38 - 60頁。
  12. ^ 画像は白黒が反転したネガのままで、ガラス板の裏面に黒い布やフェルト等を当てるか黒いニスを塗ってポジの代用にした。ネガ画像が写ったガラス湿板を紙焼きプリントすればポジ画像が得られる。
  13. ^ 石黒敬章『幕末・明治のおもしろ写真』〈コロナ・ブックス16〉平凡社、2004年、54 - 55頁。
  14. ^ 宝福寺唐人お吉記念館の展示物として当該写真と「Officer's Daughter」(士官の娘)の双方の拡大写真が展示されている。近年における現地下田市での観光客向けのパンフレット・ポスター等でも双方が混用状態である。
  15. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年2月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]