上田浩恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田 浩恵
うえだ ひろえ
出生名 上田 浩恵
別名 Whoopin
生誕 (1966-10-19) 1966年10月19日(51歳)
出身地 日本の旗 日本宮崎県東諸県郡綾町
学歴 宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業
ジャンル J-POP
ポピュラーミュージック
R&B
ソウル
ジャズ
ロック
エスニック
クラシック
現代音楽
インプロビゼイション
職業 シンガーソングライター
音楽ディレクター
活動期間 1986年歌手)-
2004年(宮崎ゴスペルクワイヤ)-
レーベル ポニーキャニオン T・E・N・T
事務所 CANYON MUSIC
共同作業者 松任谷正隆崎谷健次郎
尾崎亜美EPO松尾清憲
公式サイト Whoopin with 宮崎ゴスペルクワイヤ公式ブログ『VOICE WORKS Miyazaki,Tokyo』

上田 浩恵(うえだ ひろえ、1966年10月19日-)は、宮崎県東諸県郡綾町出身の女性シンガーソングライターである[1]1986年キャニオンレコードT・E・N・Tレーベルから歌手デビューし、1988年からはフリーミュージシャンとして、EPO崎谷健次郎高橋研ディック・リーを始めとする多くのアーティストのステージ、アルバム制作に参加している。2004年からはWhoopin(ウーピン)名義でゴスペル歌手として活動している。 『楽団 彩(いろどり)』メンバー。

来歴[編集]

1966年宮崎県東諸県郡綾町で生まれる。姉がおり、ぴんちゃんというニックネームで呼ばれていた[2]

1984年宮崎県立宮崎大宮高等学校を卒業する[3]

1986年中央大学在学中に、約3万人が応募したヴォーカルオーディションを勝ち抜き、キャニオン・レコードより歌手デビューが決定する。

歌手デビュー[編集]

1986年キャニオン・レコードより「ソロ・サピエンス」で歌手デビュー。同時にダイハツL100 Leeza」のイメージキャラクターに選ばれ、テレビコマーシャルなどに出演する[4]

1987年、2枚のアルバムを発表する。テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に出演し、シングル「夢追いスナイパー」を歌唱する。

1988年、3月に5th.シングル「ときめき未来系」をリリースし、メジャーレーベルでの活動を終える。

1989年、4月に発表された崎谷健次郎の3rd.アルバム『KISS OF LIFE』にデュエットボーカルで参加。小林武史のアルバム『TESTA ROSSA』にバックグラウンドボーカルで参加。

1991年、4月に発表された崎谷健次郎の5th.アルバム『ambivalence』にバックグラウンドボーカルで参加。

1996年、結婚して、長男を出産する。

シンガーソングライター活動[編集]

1998年、本名名義の他、ウエダヒロエ名義で声優兼歌手やPCゲームへの楽曲提供を行い、挿入歌の歌唱を担当する。

2001年、11月に発表された崎谷健次郎の9th.アルバム『SOUL ARCHEOLOGY』にコーラスで10年ぶりに参加。12月に東京・原宿クエストホールにて開催された崎谷の"WINTER SPECIAL SOUL ARCHEOLOGY TOUR"にも参加する。

ゴスペルクワイヤー主宰[編集]

2004年、宮崎に帰省し、そのまま移住する。Whoopin(ウーピン)名義で、ジャズやR&B、ゴスペルのヴォーカリストとしてライブ活動を始める。Whoopinの名は、新たな活動を始めるにあたって上田姓の「ウー」にニックネームの「ピン」を合わせて、姉より名付けられたものである。

2005年GLAYのサポートドラマー・TOSHI NAGAIの呼びかけで、バンド『音生力』の結成に参加、活動を開始する[5]

2006年、『宮崎ゴスペルクワイヤ』を主宰し、リードヴォーカル、ディレクターとしての活動を行う[6]。ヴォーカルスクール『VOICEWORKS』を主宰する。

2007年鹿児島市にある『音楽工房 彩(いろどり)』を中心に活動するピアニスト・満田昭人主宰の『楽団 彩』に参加。『音生力』の1st.アルバム『SORA』を発表する。

2009年、5月に開催された『第10回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト』において、内外103組の応募のなかグランプリを受賞。9月にアメリカシアトルのJazz Alleyにおいて単独公演を敢行。スタンディング・オベイションが起こる成功を収め、シアトル新聞などの地元メディアでも話題となった。

2010年、5月に開催された『第11回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト』において、ゲストとして歌唱した。

2011年、東京での活動も増える。4月に『Whoopin with Febian Reza Pane quartet live at the Club Citta』を開催し、スカパー音楽専門チャンネルで数回に亘って放映されて、DVD化された。5月に『JAZZ LA CITTA DELLA NIGHT スペシャル』を開催する。

2012年、1月に東京倶楽部目黒店にて『Whoopin LIVE』、2月に宮崎ポトリージョにて『SWEET VALENTINE ×JAZZ NIGHT』、荻窪ルースターにて『Whoopin LIVE』を開催した。

2014年、10月に発表された崎谷健次郎の25th.シングル『いつまでも〜Life In The Universe〜』のカップリング曲「Have Some Fun!」にコーラスで13年ぶりに参加。翌月にかけて、神奈川・モーションブルー・ヨコハマ、東京・パークホテル東京、大阪・ビルボードライブ大阪でのリリースライブに出演。崎谷の提供曲「夜明けまでは」を久々に披露した。12月、東京・南青山マンダラにて開催された崎谷の"2014 X'MAS SPECIAL LIVE"に参加。

2016年、3月、出生地の宮崎県綾町の移住促進PRムービー『Amazing AYA』に「Amazing Grace」を歌唱し、出演する。

2017年、1月、翌月にかけて宮崎市で番組制作するブルーノーツホールディングスの『熱血!中年の星★』に出演。9月に発表予定の崎谷健次郎の12th.アルバム『SIGNS』にコーラスで参加[7]。収録は前年11月であった。

人物[編集]

キャラクター[編集]

  • シンガーソングライター・EPOによると「浩恵ちゃんとは、彼女のデビュー2作目の(アルバム)曲を提供していたことがきっかけで、仲良くなりました。純粋で、自分の違和感に常に正直に生きる姿に共感が持てました。一緒にいると、とても気持ちのいい人です。」[8]

音楽性[編集]

  • デビューしたキャニオンレコードT・E・N・Tは、ムーンライダーズ鈴木慶一YMO高橋幸宏THE BEATNIKS結成により1985年に設立されたレコードレーベルである[9][10]。その女性歌手第1号として、ポニーキャニオン所属作家のほか、ムーンライダーズのメンバーやその関係深い作家から楽曲提供されている。
  • ポニーキャニオン所属のシンガーソングライターとしては、尾崎亜美がシングルをデビューから3作連続、崎谷健次郎がアルバム2作を通して提供している。
  • 歌手活動を通じて、EPO、崎谷健次郎とは長く友好関係を築いている。
  • ポピュラー歌手としては2年間の活動にとどまっているが、最後のシングル発売時点ではファンクラブの会員を募集していた。活動終了の理由は明らかではないが、EPOの述懐[11]によれば、「あ〜彼女は、もともとこの世界に生きていた人なんだな。」「POPSの楽曲の中にある、恋愛のすったもんだを歌うことより、「神と自分」「神と世界」そういう神聖な世界の中にいることを、この人はずっと望んでいたんだなと思った。」と前述のキャラクターも踏まえ、ゴスペル歌手への転向を推察している。
  • ゴスペル歌手としても、「うっわ〜浩恵ちゃん、歌がうまくなったな〜とか、そういう次元を既に越えており」「ゴズペルとはどういうものなのか、お客様に語る彼女の言葉は、彼女の本当の場所から聞こえてくるから、気持ちよい。それに、メンバーの方々が何よりも自由に生き生きとしており、歌うことを楽しんでいる姿をみて、「私もこのチームなら参加してみたい!」って、思った!」とEPOは評価している。

歌声[編集]

  • ヴォーカリストとしての評価は、国内外から定評がある。
  • EPOによれば、「彼女の歌う姿は本当に美しく、かっこいいのです。強いのに優しい。太いのにたおやか。」「自分の体の中…が、…すっきりと、吸い込まれて浄化されていくような感じ」。「たくさんの人たちに聞かせたい!ウーピンの歌声。これこそ本物」[12]と絶賛している。
  • 崎谷健次郎は、「デビューの頃からの音楽仲間、上田浩恵さんと…音を合わせたのですが、彼女は年齢を経て、丸くなったなあとか、そういうのとは無縁、研ぎ澄まされた包丁のような若々しいキレッキレのままな上田さんの声」「音を奏でる楽しさを与えてくれる冴えた歌声に聴きほれるよう」[13]と評している。
  • 海外では、ドイツドレスデンで行われた「現代音楽フェスティバル」に招待され、トルステン・ラッシュとのインプロビゼイションを主体としたユニットで参加。ヨーロッパの各メディアに取り上げられるほど、高評されている。
  • アメリカマイアミからゴスペルシンガーとして、マイアミではジャズシンガーとして招待され、数々の公演を開いている。

ファンクラブ[編集]

  • 1986年 - 1988年 公式ファンクラブ・FUN-TA CLUB(ファンタ・クラブ)

レコーディング・コンサートツアーに参加した主なアーティスト[編集]

アルフィーEPO(- AQUA NOMEの初期ライブで、バックグラウンド・ボーカル)、大沢誉志幸大貫妙子、越智ブラザーズ、加藤いづみ桐島かれん小林武史崎谷健次郎ZIGGY高橋研舘ひろしディック・リー、トルステン・ラッシュ(- TORSTEN RASCH;イギリス・ロンドン交響楽団作曲家)、高橋アキ高橋鮎生原田芳雄、フェビアン・レザ・パネ(- Fabian Reza Pane)、巻上公一森川美穂

ディスコグラフィー[編集]

発売・販売元は、特記以外の全てがキャニオン・レコードおよびポニーキャニオンである。

オムニバスアルバム[編集]

  • 80's ALIVE JAPAN 3 ポニーキャニオン編(1998年12月2日発売、ポニーキャニオン PCCA-1258)- 「ソロ・サピエンス」収録。
  • luv wave オリジナル・サウンドトラック(1998年8月1日発売、メディアリング MGCD-1061)- 「luv wave」(PCゲーム『luv wave』エンディングテーマソング)収録。

EPO・尾崎亜美・上田浩恵名義

Ayuo feat. Hiroe Ueda名義

  • EASTERN TRADITION(1998年発売)- 「夜空と海のうごきと香り」「ぐるぐる舞う星」収録。

DVD[編集]

Whoopin名義

  • 『Whoopin(Live Lab.)』 (2011年7月19日発売、アトス・インターナショナル) - 2011年4月26日に神奈川・川崎クラブ・チッタでのライヴ『Whoopin with Febian Reza Pane quartet live at the Club Citta』の模様を収録。

楽曲提供[編集]

上田浩恵名義

  • 上田浩恵「花の影」「luv wave」(1998年、作詞)
  • Ayuo feat. Hiroe Ueda「夜空と海のうごきと香り」「ぐるぐる舞う星」(1998年、作詞)-『EASTERN TRADITION』収録。
  • 豊嶋真千子「sunny days」(2001年、作曲)- 豊嶋真千子2nd.アルバム『Sunny Days』収録。

ウエダヒロエ名義

  • 川上とも子 「Fridays'」(1998年、作詞・作曲)-『CD DRAMA DESIRE』収録、挿入歌。
  • 子安武人松井菜桜子 「Last Mission」(1998年、作詞・作曲共作)-『CD DRAMA EVE burst error 小次郎編』収録、挿入歌。
  • 柴田茜withかないみか 「風を切って行こう、上を向いていこう」(1998年、作詞)-『CD DRAMA EVE burst error エルディア秘録編』収録、挿入歌。
  • 折笠愛 「ほほえんだ瞳で」(1998年、作詞)- PCゲーム『EVE The Lost One』モニカ・セレッティ・イメージソング。

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

テレビコマーシャル[編集]

  • ダイハツ・リーザテレビコマーシャル(1986年〜1987年)。
    • デビュー曲「ソロ・サピエンス」は、コマーシャルでもキャッチフレーズとして採用された。都会の町中に赤い衣装に、赤縁サングラスをかけて登場する。

その他の活動[編集]

  • 朗読家。現代音楽家とのセッションを行う。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Whoopin with 宮崎ゴスペルクワイヤ公式ブログ『VOICE WORKS Miyazaki,Tokyo』「スクール紹介」
  2. ^ ブルーノーツホールディングス『熱血!中年の星☆』「35-1 Whoopin」(2017年1月30日付)
  3. ^ 『上田浩恵フェイスブック』「プロフィール」
  4. ^ 『DAIHATSU NEWS』 第1485号「『リーザ』新発売」(ダイハツ 1986年11月21日発行)。リーザのキャッチフレーズは「ソロ・サピエンス」であった。
  5. ^ 『音生力』公式ウェブサイト「MEMBER」
  6. ^ Whoopin with 宮崎ゴスペルクワイヤ公式ブログ『VOICE WORKS Miyazaki,Tokyo』
  7. ^ Twitter2017年11月6日付
  8. ^ EPO公式ウェブサイト『eponica.net』「ウーピン!これぞ本物!」(2009年10月29日付)
  9. ^ 『POP ACADEMY』「-T・E・N・T-」
  10. ^ 『PONY CANYON NEWS』「T・E・N・Tレーベル30周年記念、初のTHE BEATNIKS BOX発売決定」(2015年9月29日付)
  11. ^ EPO公式ウェブサイト『eponica.net』「ウーピン!これぞ本物!」(2009年10月29日付)
  12. ^ EPO公式ウェブサイト『eponica.net』「ウーピン!これぞ本物!」(2009年10月29日付)
  13. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』崎谷健次郎ブログ「リハ終了!」(2014年10月17日付)
  14. ^ 当該CDジャケット
  15. ^ 『♪ 尾崎亜美研究室 ♪』「アルバム研究その4 Points-3」(2008年3月付)
  16. ^ wishy-washy『歌謡曲(J-POP)のススメ』「【独偏ベストテン 39-1】 尾崎亜美の作曲シングル作品 (6~10位)」(2014年1月13日付)
  17. ^ 『mixi.みんなの日記』「名曲選「MAGICAL MOONLIGHT」 上田浩恵」(2012年9月30日付)

外部リンク[編集]