高橋鮎生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 鮎生
Ayuo Takahashi
Ayuo 2007.jpg
高橋鮎生(2007年)
基本情報
別名 Ayuo
生誕 (1960-10-19) 1960年10月19日(60歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
職業 作曲家ギタリスト
担当楽器 ギターボーカルブズーキほか
活動期間 1984年 -
公式サイト 公式サイト

高橋 鮎生(たかはし あゆお、Ayuo1960年10月19日 - )は日本作曲家ギターブズーキ薩摩琵琶ウクレレ奏者。歌手。現在はAyuo名義で音楽活動をしている。

略歴[編集]

東京都出身。幼い頃から両親に連れられ海外を転々とし、ドイツ西ベルリンスウェーデンストックホルム[1]アメリカ合衆国ニューヨーク州で生活。ニューヨーク在住の頃、アメリカのサイケデリック・ロックや、イギリスプログレッシブ・ロックに影響を受ける。1975年に東京に戻る。公式サイト内の文章に詳しいが、実父のレコーディングを手伝った[2]のが最初の音楽活動で、当時は本名[3]でクレジットされた。

1977年頃から本格的にミュージシャンとして活動開始。1984年EPICソニーからデビュー・アルバム『カルミナ[4]』を発表し、この際にジャケットで高橋鮎生と名乗った。同年にミディ・レコードに移籍して1984年から1986年にかけて『ノヴァ・カルミナ[5]』を含む3枚のアルバムを発表。ミディ・レコードとの契約が終了してからは、テレビ、演劇、バレエなどの音楽を制作した。

1995年以降は、様々なレーベルから多くのアルバムを発表してAYUO名義のみとなる。東大寺正倉院に残された楽譜をロックと融合した『ソングス・フロム・ア・ユーラシアン・ジャーニー』(1997年)、の演目として有名な『井筒』に自作のメロディを付けた『Izutsu』(2000年)など、精力的に活動している。

関連人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 『カルミナ』 - Carmina (1984年)
  • 『SILENT FILM』 - Silent Film (1985年)
  • 『しずかにおきてごらん』 - Shizukani Okitegoran (1985年) ※EP
  • 『メモリー・シアター』 - Memory Theatre (1985年)
  • 『ノヴァ・カルミナ』 - Nova Carmina (1986年)
  • 『SWITCH ON』 - Switch On (1989年) ※くじら、カトゥラトゥラーナとのコンピレーション
  • 『青い眼、黒い髪』 - Blue Eyes, Black Hair (1995年)
  • 『プライヴェート・テープス1985 - 1995』 - Private Tapes 1985-1995 (1995年)
  • 『ヘヴンリィ・ガーデン・オーケストラ』 - Heavenly Garden Orchestra (1995年)
  • 『ソングス・フロム・ア・ユーラシアン・ジャーニー』 - Songs from a Eurasian Journey (1997年)
  • 『イースタン・トラディション』 - Eastern Tradition (1998年)
  • 『EARTH GUITAR - 千の春の物語』 - Earth Guitar (2000年)
  • Izutsu (2000年[6]) ※アメリカ合衆国からのリリース (TZADIK)
  • 『STONED』 - Stoned (2002年)
  • Red Moon (2004年) ※アメリカ合衆国からのリリース (TZADIK、太田裕美とのコラボレーション)
  • AOI (2005年) ※アメリカ合衆国からのリリース (TZADIK)
  • 『絵の中の姿』 - E No Naka No Sugata (What We Look Like In The Picture) (2006年)
  • 『dna』 - dna (2009年)

シングル[編集]

  • 「SONG OF SONGS」 - "Song Of Songs / Heavenly Blue" (1996年)

プロデュース・アルバム[編集]

  • 沢井一恵: 『目と目』 - Me to Me (Eye to Eye) (1988年)

脚注[編集]

  1. ^ FYLKINGEN”. 66.media.tumblr.com. 2019年12月13日閲覧。
  2. ^ 「75年に東京に着くと」”. www.ayuo.net. 2019年12月13日閲覧。
  3. ^ Twilight”. i.ebayimg.com. 2019年12月13日閲覧。
  4. ^ カルミナ”. discogs.com. img.discogs.com. 2019年12月15日閲覧。
  5. ^ Nova Carmina”. www.proggnosis.com. 2019年12月13日閲覧。
  6. ^ IZUTSU”. www.tzadik.com. 2019年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]