スティーライ・スパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーライ・スパン
Steeleye Span
Steeleye Span 2019 Glastonbury Festival 03.jpg
スティーライ・スパン(2019年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル フォークロック、エレクトリック・トラッド
活動期間 1969年 - 1978年1980年 -
レーベル RCAレコード
B&Cレコード
クリサリス・レコード
パーク・レコード
公式サイト steeleyespan.org.uk
メンバー マディ・プライア
ピーター・ナイト
リック・ケンプ
リアム・ゲノッキー
ケン・ニコル
旧メンバー アシュリー・ハッチングス
ティム・ハート
テリー・ウッズ
ゲイ・ウッズ
マーティン・カーシー
ボブ・ジョンソン
ナイジェル・ピーグラム
ジョン・カークパトリック
ティム・ハリーズ

スティーライ・スパンSteeleye Span)は、イギリスフォークロックバンド。元フェアポート・コンヴェンションのアシュリー・ハッチングスを中心に結成され、1970年にデビュー。イギリスの伝承音楽にエレクトリックギターを取り入れた音楽性。メンバー・チェンジを繰り返しながらも、現役バンドとして活動中。

来歴[編集]

結成 - 1970年代[編集]

フェアポート・コンヴェンションを脱退したアシュリー・ハッチングスは、1969年イングランド人夫婦のマディ・プライアとティム・ハート、アイルランド人夫婦のテリー・ウッズ(元スウィニーズ・メン)とゲイ・ウッズと共にスティーライ・スパンを結成。フェアポート・コンヴェンションと同様、エレクトリックギターを用いたトラッドを指向したが、スティーライ・スパンは、ドラマーを含まない編成を特徴としていた(ただし、デビュー・アルバムではフェアポート・コンヴェンションのドラマーであるデイヴ・マタックスがゲスト参加)。

バンドは、イングランド南西部のウィルトシャーで共同生活をしながら活動し[1]1970年にデビューを果たすが、間もなくウッズ夫妻が脱退。2人はウッズ・バンドやゲイ&テリー・ウッズ名義で活動し、テリーは後にザ・ポーグスの正式メンバーとなる。バンドはマーティン・カーシーとピーター・ナイトを迎えて活動を続け、セカンド・アルバム『プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング』(1971年)で、全英アルバム・チャートへのチャート・インを果たす(最高45位)[2]。しかし、次作『テン・マン・モップ、あるいはリザーヴァー・バトラー氏捲土重来』(1972年)を最後に、アシュリーとマーティンの2人が脱退。

リック・ケンプとボブ・ジョンソンを加えた編成で、2枚のアルバムを発表した後、スティーライ・スパンは、同バンド史上初のドラマーとしてナイジェル・ピーグラムを迎えて6人編成となる。バンドはロック色を強め、ナイジェル在籍時としては第1弾のアルバム『トーマス・ザ・ライマー』(1974年)は、デヴィッド・ボウイサックスでゲスト参加[3]。更に、1975年発表の8作目『オール・アラウンド・マイ・ハット』は、全英7位に達するヒット作となり、タイトル曲もシングル・カットされて全英5位に達した[2]

1976年にはボブ・ジョンソンとピーター・ナイトが脱退。その後、ジョン・カークパトリックが加入し、また、1972年に脱退したマーティン・カーシーが復帰した編成で『Storm Force Ten』(1977年)を発表するが、1978年には一度解散。同年、マディ・プライアは初のソロ・アルバム『Woman in the Wings』発表。

1980年代以降[編集]

解散からわずか2年後の1980年、スティーライ・スパンは1974年から1976年にかけてのラインナップ(マディ・プライア、ティム・ハート、ピーター・ナイト、ボブ・ジョンソン、リック・ケンプ、ナイジェル・ピーグラム)と同じ編成で再結成。第1弾アルバム『Sails of Silver』(1980年)は、トラッド・ソングが中心だった従来の路線とは異なり、バンドのオリジナル曲の比重が増した内容。その後もメンバー・チェンジが続き、1982年にはティムが脱退、オリジナル・メンバーはマディ1人となる。1995年、テリー・ウッズを除く歴代メンバー全員が集まってツアーを行うが、1997年にマディが脱退(2002年に復帰)。

メンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

在籍期間:1969年 - 1978年、1980年 - 1997年、2002年 -
在籍期間:1969年 - 1978年、1980年 - 1982年
  • アシュリー・ハッチングス - ボーカル、ベース
在籍期間:1969年 - 1972年
  • テリー・ウッズ - ボーカル、ギター、マンドリン他
在籍期間:1969年 - 1970年
  • ゲイ・ウッズ - ボーカル、オートハープ、バウロン
在籍期間:1969年 - 1970年、1995年 - 2001年

その他[編集]

  • マーティン・カーシー - ボーカル、ギター、バンジョー、オルガン
在籍期間:1971年 - 1972年、1977年 - 1978年
  • ピーター・ナイト - ボーカル、ヴァイオリン、バンジョー、マンドリン他
在籍期間:1971年 - 1977年、1980年 -
  • ボブ・ジョンソン - ボーカル、ギター
在籍期間:1972年 - 1977年、1980年 - 2002年
  • リック・ケンプ - ボーカル、ベース
在籍期間:1972年 - 1978年、1980年 - 1986年、2000年 -
在籍期間:1974年 - 1978年、1980年 - 1989年
在籍期間:1977年 - 1978年
  • ティム・ハリーズ - ボーカル、ベース
在籍期間:1988年 - 2001年
  • リアム・ゲノッキー - ドラムス
在籍期間:1989年 -
  • ケン・ニコル - ボーカル、ギター
在籍期間:2002年 -

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ハーク! ザ・ヴィレッジ・ウェイト』 - Hark! The Village Wait (1970年) ※旧邦題『スティールアイ・スパン』
  • 『プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング』 - Please to See the King (1971年) ※旧邦題『スティーライ・スパンII』
  • 『テン・マン・モップ、あるいはリザーヴァー・バトラー氏捲土重来』 - Ten Man Mop, or Mr. Reservoir Butler Rides Again (1972年)
  • 『ビロウ・ザ・ソルト』 - Below the Salt (1972年)
  • 『パーセル・オブ・ロウグズ』 - Parcel of Rogues (1973年)
  • 『トーマス・ザ・ライマー』 - Now We Are Six (1974年)
  • 『コモナーズ・クラウン』 - Commoners Crown (1975年)
  • 『オール・アラウンド・マイ・ハット』 - All Around My Hat (1975年)
  • Rocket Cottage (1976年)
  • Storm Force Ten (1977年)
  • Sails of Silver (1980年)
  • Back in Line (1986年)
  • Tempted and Tried (1989年)
  • Time (1996年)
  • Horkstow Grange (1998年)
  • Bedlam Born (2000年)
  • Present--The Very Best of Steeleye Span (2002年)
  • They Called Her Babylon (2004年)
  • Winter (2004年)
  • Bloody Men (2006年)
  • Cogs, Wheels and Lovers (2009年)[4]
  • Wintersmith (2013年)
  • Dodgy Bastards (2016年)
  • Est'd 1969 (2019年)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live at Last (1978年)
  • On Tour (1982年) ※オーストラリア限定リリース[1]
  • Tonight's the Night...Live (1992年)
  • The Collection: Steeleye Span in Concert (1994年)
  • The Journey (1999年)
  • Live In Nottingham (2003年)
  • Folk Rock Pioneers in Concert (2006年)
  • Live at a Distance (2009年)
  • Now We Are Six Again (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ブリティッシュ・フォーク&トラッド・ロック 増補改訂版』(小西勝・監修、ストレンジ・デイズ、ISBN 978-4-902342-19-2)p.34
  2. ^ a b ChartArchive-Steeleye Span-
  3. ^ Now We Are Six : AllMusic
  4. ^ Roberts 2006, p. 527.

外部リンク[編集]