ダルシマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダルシマー(ハンマード・ダルシマー、ハンマーダルシマー)
各言語での名称
Dulcimer (Hammered Dulcimer)
Dulcimer
Dulcimer
Dulcimer
Yangqin
ダルシマー(ハンマード・ダルシマー、ハンマーダルシマー)
ダルシマー
分類

弦楽器打弦楽器ツィター属

ダルシマー(ハンマード・ダルシマー、ハンマーダルシマー)は、ツィター属打弦楽器の英語圏における呼称。擦弦楽器である「アパラチアン・ダルシマー(マウンテン・ダルシマー)」と区別するため「hammered dulcimer」と表記されることが多い。日本では通常「ハンマーダルシマー」と呼ばれるが、単語のつづりや意味からは「ハンマード・ダルシマー(槌で打たれるダルシマー)」が正しい[1]。「dulcimer」という語の由来はラテン語であり、「甘美な旋律」を意味する「dulce melos」が語源として推察されている[2]。箱型の共鳴体に張られた多数の金属製のを、ばちで打って演奏する。弦を弓などで擦るか、弾いて音を出す演奏法が圧倒的に多い弦楽器の中では、数少ない例である。金属製の弦を打って音を出す点や、音色の類似性から「ピアノの先祖」と呼ばれることもある。同系の楽器として、西南アジアサントゥールハンガリーツィンバロム中国揚琴(洋琴)、ドイツハックブレットがある。

アジアで使用されるダルシマーは比較的小型であるが、ヨーロッパではオーケストラで使用するにあたって音域を広げる必要が出てきた為に大型化が試みられ、中には100キロ近い重量をもつものも作られている。

ヨーロッパの移民がもたらした楽器の一つに「アパラチアン・ダルシマー」(マウンテン・ダルシマー、ラップ・ダルシマーとも)と呼ばれるものがあるが これらは撥弦楽器であり、打弦楽器のダルシマーとは別物である。

脚注[編集]

  1. ^ 一方で、「hammer dulcimer」という表現もしばしば見受けられる。たとえば、スミソニアン博物館ホームページ[1]
  2. ^ [2] Online Etymology Dictionary

外部リンク[編集]

  • 日本打弦楽器協会 - 日本打弦楽器協会の公式ページ。さまざまな打弦楽器の愛好と普及を目的とする非営利団体。