プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング
スティーライ・スパンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1970年終盤
ロンドン チェルシーのサウンド・テクニクス
ジャンル ブリテッシュ・フォーク・ロック
時間
レーベル B&C (UK)
Big Tree (US)

Mooncrest (1st UK reissue)
Chrysalis (UK & US reissue)
プロデュース サンディ・ロバートン
スティーライ・スパン アルバム 年表
ハーク! ザ・ヴィレッジ・ウェイト
1970年
プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング
1971年
テン・マン・モップ、あるいはレザヴォア・バトラー氏捲土重来
1972年
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
オールミュージック3/5stars[1]

プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング』( Please To See The King )は、1971年にリリースされたスティーライ・スパンのセカンド・アルバム。前作『ハーク! ザ・ヴィレッジ・ウェイト』からの大幅な人員変更により、ドラムスがなくなったり、女性ボーカリストを男性ボーカリストに置き換えるなど、サウンド全体が大きく変化した。デビュー曲の "The Blacksmith" をシンコペーションを多用したアレンジで再録した。曲の再レコーディングは、その後のスティーライの活動の中でマイナーなテーマとなり、最終的には再レコーディングを収録したアルバム Present - The Very Best of Steeleye Span をリリースした。

アルバムのタイトルは、「カッティ・レン (Cutty Wren)」という儀式に由来している。檻の中のミソサザイはまるで王のように練り歩く。この儀式は12月26日、 聖ステファノの日に行われ、初期のクリスマスに関係している。アルバムに収録されている "The King" という曲はこの儀式を扱っており、クリスマス・キャロルとしてよく演奏されている。スティーライ・スパンは Live at Last で "Hunting the Wren"を、また On Time では "The Cutty Wren という曲でこのテーマに戻ってきた。レンボーイズの習慣は主にアイルランドに関連しているが、最近のイギリスで復活している。

オリジナル・アルバムに登場する曲はすべてトラディショナルである。"The False Knight on the Road"はチャイルド・バラッド(フランシス・ジェームズ・チャイルドが収集した、305曲のイングランド、スコットランド、アイルランドのバラッドen:Child Ballads)(#3)の一つで、なぞなぞのゲームで悪魔と争う少年を題材にしている。ティム・ハートとマディ・プライヤーはこの曲をすでにアルバム Summer Solstice に収録していた。"The Lark in the Morning"は、彼らの人気曲の一つで、強い類似性はあるが、元気のいいプラウボーイ(動物に鋤を引かせる少年)についての別の曲と同じタイトルとなっている。このバージョンは、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズによって収集された。"Boys of Bedlam" は、"Tom o' Bedlam" の変種で、精神病院のメンバーの視点から語られている。カーシーとプライヤーは、バンジョーの後ろに向かって歌い、消音効果を生み出している。バンドは、トマス・ダーフェイによる Wit and Mirth, or Pills to Purge Melancholy に収められた曲の最も初期の印刷されたバージョンを使用している。

メロディ・メーカー誌はこのアルバムをフォーク・アルバム・オブ・ザ・イヤーに選出した。音楽ジャーナリストのコリン・アーウィンは自身の著書 In Search of Albion の中でこのアルバムをお気に入りのフォーク・ロック・アルバムの一つとして紹介している。このアルバムは元々B&Cレコードからリリースされ、イギリスのアルバムチャートで45位を記録したが、その年が終わる前に権利がムーンクレスト・レコードに取得され、同年にカバーアートを変えて再リリースされた。同時期にアメリカでもビッグ・ツリー・レコードからリリースされたが、レーベルが小規模だったため配給はアンペックスによって行われていた。アメリカでは売れ行きが悪く、リリース後すぐに削除された。残されたコピーはいくつかの「カットアウト」ディストリビュータによって買い占められ、その頃にはバンドはクリサリスと契約しており、カットアウトされたオリジナルは非常によく売れていた。在庫がなくなると、質の悪い偽造品のコピーが大量に出現し始めました。

音楽的には、このアルバムは彼らの最もエレクトリックで濃密なレコーディングであり、大音量のギターと強くループするベースラインを持ち、ドラムスは使われていない。2006年には、キャッスルミュージックがラジオやテレビ出演時の音源を多数追加したダブルCDとして再発行した。

ボーナストラック[編集]

レイヴ・オン」はバディ・ホリーの曲のアカペラバージョンである。アシュリー・ハッチングの厳粛さをあざけるためのいたずらだったが、最終的には気に入っていた。2006年、キャッスルミュージックはこのアルバムをオリジナルの10曲とボーナストラック25曲を収録した2枚組のCDで再発した。ボーナス・トラックは全てBBCラジオの生放送を録音した粗悪なテープ(3曲はテレビから)からである。アレンジが異なるものもあるが、6曲はスタジオ・ヴァージョンでは入手できなかった曲となっている。"I Was a Young Man" はアルビオン・カントリー・バンドBattle of the Field のヴァージョンとは大きく異なっている。"Gallant Poacher" と言う曲もまたそのアルバムにも収録されていた。Steeleye Spanのボーナストラックのバージョンはこれに非常に似ている。"College Grove/Silver Spear" はピーター・ナイトのジグのペア。"Lay Down Your Weary Tune"はボブ・ディランの曲で、アカペラで歌われている。"Farther Along" は伝統的なゴスペル・ブルースの曲で、アカペラで歌われている。"Let's Dance" は、クリス・モンテスの有名なヒット曲。"Bring 'Em Down/A Hundred Years Ago" は2曲のシーシャンティである。"Hitler's Downfall" は実質的にはすでにスタジオ録音されてリリースされていた "Bryan O'Lynn" のインストゥルメンタル版である。

パーソネル[編集]

サンディ・ロバートン - プロデューサー

トラックリスト[編集]

1971年にB&C RecordsからCAS 1029としてリリースされ、1974年にMooncrest Records からCREST 8として再発されたオリジナルアルバム:

  1. "The Blacksmith"
  2. "Cold Haily, Windy Night"
  3. "Jigs: Bryan O'Lynn / The Hag With The Money"
  4. "Prince Charlie Stuart"
  5. "Tom o' Bedlam|Boys of Bedlam"
  6. "False Knight On The Road"
  7. "The Lark In The Morning"
  8. "Female Drummer"
  9. "The King"
  10. "Lovely on the Water"

1991年にMooncrestが再発行したCREST 005(ビニール)とCRESTCD 005(CD)の追加トラック:

11. 「レイヴ・オン

2006年、Castle MusicのCMQDD 1253での追加トラック:

BBC「トップギア」セッションでの録音。1970年6月23日

11. "The Blacksmith"
12. "Female Drummer"
13. "Rave On!"
14. "I Was a Young Man"
15. "The Lark in the Morning"

BBC「スチュアートヘンリーショー」セッション1970年7月23日

16. "The King"
17. "Prince Charlie Stuart"
18. "The Bold Poachers"

2006年にキャッスルミュージックから再発されたCMQDD 1253のボーナスCDに収録されている追加トラック。

2006年のCastle MusicのCMQDD 1253での追加トラック:

BBC「フォークオン1」セッション1970年10月17日

01. "College Grove / Silver Spear"
02. "Lay Down Your Weary Tune"
03. "False Knight on the Road"
04. "Jigs: Hitler's Downfall / The Hag with the Money"
05. "Female Drummer (Mk I)"
06. "Wee Weaver"
07. "Reel"

BBC「スチュアートヘンリーショー」セッション1971年2月4日

08. "Female Drummer (Mk II)"
09. "General Taylor
10. "Farther Along"
11. "Two Reels"

BBC「トップギア」セッション1971年3月27日

12. "Let's Dance"
13. "Bring 'em Down / A Hundred Years Ago"
14. "The Lark in the Morning"

BBC TV(日付不明)

15. "The King"
16. "Jigs: Bryan O'Lynn / The Hag with the Money"
17. "The Blacksmith"

脚注[編集]

[脚注の使い方]