AUDIO RULEZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

AUDIO RULEZ(オーディオルールズ)は、2005年4月まで活動していた日本の音楽バンドである。 1999年に結成された前身のバンドMILKRUN(ミルクラン)から、2004年3月改名。活動当時の所属はビクターエンタテインメントアミューズ

メンバー[編集]

2008年夏にドラえもんの舞台版である「ドラえもん のび太とアニマル惑星」の音楽の作曲・編曲を務めている。
  • 秋月健太郎(ギター、ボーカル)1976年9月19日生まれ 乙女座 O型 鹿児島県出身
  • 荒川浩士(ドラム、ボーカル)1977年3月11日生まれ 魚座 A型 京都府出身

略歴[編集]

  • 1999年 京都にて結成
  • 2002年11月 1stシングル「夜空へと」でメジャーデビュー
  • 2003年2月 2ndシングル「嘘のない歌」リリース
  • 2003年6月 アルバム「くちびるに歌をもて」リリース
  • 2003年7月 3rdシングル「How about the MILKRUN? ~Apple of My Eye~」リリース
  • 2004年3月 AUDIO RULEZに改名
  • 2004年4月 1stシングル「ニューエイジドリーム」をリリース
  • 2004年8月 2ndシングル「雨の中で」リリース
  • 2004年11月 3rdシングル「羅針盤」リリース
  • 2005年2月 アルバム「AUDIO RULEZ」をリリース
  • 2005年4月1日の最終ライブを以って解散
  • 2016年4月1日 Shibuya eggmanにて、MILKRUN×AUDIO RULEZとして11年ぶりの復活・限定ライブを開催

バンド名の由来[編集]

  • 「MILKRUN」を直訳すると「牛乳配達」になるが、意味合いとしては「牛乳配達の人が通りなれた道」≒「身近な場所・親しみやすさ」というニュアンスがこめられている
  • AUDIO RULEZには「AからZまで全方位にアンテナを張り、音楽を支配する」の意がこめられている。また、スラングで「○○RULES!」は「○○最高!」を意味するため、「音楽最高」の意もこめられている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • MILKRUN
  1. 夜空へと(2002年11月20日)オリコン89位
    1. 夜空へと
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    2. 記憶の恋人
      作詞:MILKRUN・c.lose/作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    3. 夜空へと -acoustic version-
  2. 嘘のない歌(2003年2月26日)オリコン66位
    1. 嘘のない歌 
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    2. ためいき
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
  3. How about the MILKRUN? ~Apple of My Eye~(2003年7月23日)
    1. Apple of My Eye 
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    2. 嘘のない歌 
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    3. 夜空へと 
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    4. 夢のカリフォルニア
      作詞・作曲:John Phillips・M.Gilliam/編曲:MILKRUN
    • AUDIO RULEZ
  4. ニューエイジドリーム(2004年4月21日)
    1. ニューエイジドリーム
      作詞:石田ショーキチ/作曲:清水昭男/編曲:石田ショーキチ
    2. 僕がいなくなる
      作詞:佐藤司郎/作曲:清水昭男/編曲:石田ショーキチ
  5. 雨の中で(2004年8月25日)オリコン191位
    1. 雨の中で
      作詞・作曲:本田光史郎/編曲:石田ショーキチ
    2. Alive
      作詞:本田光史郎・増田博長/作曲:増田博長/編曲:石田ショーキチ・AUDIO RULEZ
    3. ホライズン
      作詞・作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ
  6. 羅針盤(2004年11月24日)オリコン80位
    1. 羅針盤
      作詞:増田博長・本田光史郎/作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ・藤井丈司
    2. 揺れる声
      作詞:安井則之/作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ・石田ショーキチ
    3. 朝の匂い
      作詞:本田光史郎/作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ
    4. (エンハンスド)「羅針盤」 ビデオクリップ
  • MILKRUN×AUDIORULEZ
  1. Starting Over/Live Again(2016年4月1日)復活ライブでの限定販売
    1. Starting Over
      作詞・作曲:増田博長/編曲:MILKRUN×AUDIORULEZ
    2. Live Again
      作詞・作曲:増田博長/編曲:MILKRUN×AUDIORULEZ

アルバム[編集]

  • MILKRUN
  1. くちびるに歌をもて(2003年6月18日)オリコン82位
    1. O'jatta Monce`
      作詞・作曲・編曲:MILKRUN
    2. この場所から
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    3. LA LA LA LIVE MY LIFE!
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    4. 夜空へと
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    5. 夏の忘れもの
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    6. I'M A PRISONER
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    7. 最後のくちづけ
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    8. 嘘のない歌
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    9. アンフェア
      作詞・作曲・編曲:MILKRUN
    10. たとえば、こんなささやかな一日
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    11. 抱きしめたい 
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    12. もいっどO'jatta Monce` 
      作詞・作曲・編曲:MILKRUN
    13. Apple of My Eye
      作詞・作曲:MILKRUN/編曲:MILKRUN・土方隆行
    • AUDIO RULEZ
  2. AUDIO RULEZ(2005年2月23日)オリコン285位
    1. Rhythm Tripper
      作詞・作曲:本田光史郎/編曲:AUDIO RULEZ・藤井丈司
    2. 羅針盤 
    3. 揺れる声
    4. 孤独ライダー
      作詞・作曲:本田光史郎/編曲:AUDIO RULEZ
    5. 僕がいなくなる
      作詞:佐藤司郎/作曲:清水昭男/編曲:石田ショーキチ
    6. quicksand
      作詞・作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ
    7. 交差点
      作詞・作曲:本田光史郎/編曲:AUDIO RULEZ
    8. ニューエイジドリーム
    9. Alive
    10. 朝の匂い
    11. 最終ゲーム
      作詞・作曲:増田博長/編曲:AUDIO RULEZ
    12. 雨の中で

タイアップ一覧[編集]

  • 夜空へと
『夜空へと』 CDTV OPテーマ
  • 嘘のない歌 
『嘘のない歌』 最後の弁護人 EDテーマ
  • くちびるに歌をもて
『Apple of My Eye』 WOWOW海外ドラマ 夏のキャンペーンソング
  • ニューエイジドリーム
『ニューエイジドリーム』 奇跡体験アンビリバボー EDテーマ
  • 雨の中で
『雨の中で』 内村プロデュース EDテーマ
『Alive』 奇跡体験アンビリバボー EDテーマ
  • 羅針盤
『羅針盤』 ジパング OPテーマ
『揺れる声』 奇跡体験アンビリバボー EDテーマ

備考[編集]

  • アルバム「くちびるに歌をもて」発売時、特定のCDショップでは予約購入・早期購入者に対して、非売品の特典ディスク「ウラくちびるに歌をもて」が付属していた。内容は、アルバムをバックにメンバーが曲のコメンタリーをしてくれる、ラジオ番組的な作りをしたものであった。
  • アルバム版の「雨の中で」は、シングル版よりも後奏が延長されており、余韻を残す仕上がりとなっている。
  • ニューエイジドリームに始まったアンビリバボーとのタイアップは、その後3期連続した。同番組において同じ歌手の曲が3期連続で使用されるというのは初めてのことであり、またテレビ番組の歴史的観点から見ても異例的と言える。
  • 4人で活動する最後の日、2005年4月1日のワンマンライブ(解散ライブ)の際に、たった一晩だけの1回限りの演奏になるにもかかわらず、新曲『Starting Over』を発表した。また、そのライブのアンコールで、観客より「Starting Overもう1回聞きたい」の声が上がり、ボーカルの博長も「今、そう言おうと思ったんだ」と応え、2度目の演奏が実現した。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

外部リンク[編集]