Lastier

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lastier
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 1996年 - 2001年
レーベル 日本コロムビア
メンバー 石山竜市 (ボーカル
高崎智彰 (ギター
Yuki (ベース
Ryo (ドラムス
旧メンバー Kyoichi(ギター)

Lastier(ラスティア)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド新潟県出身。1996年結成。1998年日本コロムビアよりメジャーデビューした。

概要・来歴[編集]

ヴィジュアル系バンドを紹介するテレビ朝日系のテレビ番組Break Out』出身。

1998年7月1日に1stシングル「SkY」にて、日本コロムビアよりメジャーデビュージョー・リノイエ主宰の音楽レーベル、JeRRyBeanからのデビューとなる。本作はテレビ朝日系『所さんのこれアリなんじゃないの!?』エンディングテーマと ABCテレビ『デジタルネバーランド』エンディングテーマのタイアップ曲として起用。また、カップリング曲の「FOLLOW THE WIND」は、新潟テレビ21『'98 夏の高校野球中継』テーマ曲としても起用された。

同年8月25日、日本武道館にて開催の「Break Out祭 '98 in 日本武道館」に出演。

同年9月23日、2ndシングル「WILL」リリース。同楽曲はテレビ朝日系『目撃!ドキュン』エンディングテーマに起用、カップリング収録されている「Waitin' For The Rain」は新潟日産のCMソングとなっている。

同年11月25日、3rdシングル「Rebirth」リリース。

1999年2月24日、4thシングル「ALONE」リリース。同楽曲はフジテレビ系『奇跡体験!アンビリバボー』エンディングテーマとして起用されており、カップリング収録されている「だから僕らは…」は2ndシングルのカップリング曲に引き続き、新潟日産のCMソングとなっている。

同年3月24日、メジャー1stアルバム「DEPARTURES」リリース。

同年9月18日、5thシングル「Dive into shine」リリース。本作はテレビアニメ『神風怪盗ジャンヌ』オープニングテーマに起用。初のアニメタイアップ作品となった。

2000年2月23日、6thシングル「SEEDS style2000」リリース。本作はテレビアニメ『マイアミ☆ガンズ』オープニングテーマに起用された。インディーズ時代にリリースされたシングル作品「SEEDS」がリアレンジされた楽曲となっている。

同年12月20日、ミニアルバム「-R-」リリース。本作はメジャーを離れ、自主制作でのリリース作品となる。

2001年5月3日、解散。

2012年1月7日、新潟CLUB RIVERSTで開催の東日本大震災復興支援チャリティーライブ「Sailing to the NEW WORLD」にて復活[1][2]

当時のヴィジュアルシーンの中では珍しく、メロディと歌唱力が評価されデビューが決まった。ボーカル石山竜市の魅力については、『Break Out』の番組中でプロデューサーであるジョー・リノイエが熱く語っている。そしてプロデューサーが二人つくという異例のPMは当時TV番組などでも大きく取り上げられた。

メンバー[編集]

石山竜市(いしやまりゅういち)(2月13日 - )
ボーカル担当。血液型はA型。新潟県出身。解散後はseek4で活動後、ソロにて活動[3][4][5]
高崎智彰(たかさきともあき)
メインギター担当。
Yuki(ゆき)
ベース担当。
Ryo(りょう)
ドラムス担当。

元メンバー[編集]

Kyoichi(きょういち)
バンドのリーダーであり、ギター担当。現在は主にmilktubでのサポートやアニメゲーム作品への曲提供をしている。2000年5月頃脱退。

サポートメンバー[編集]

DAI(だい)
レコーディングやライブでの参加。サイドギター担当。結成当時のマニピュレーターは、ex.actのTaKAであった。

作品[編集]

デモテープ[編集]

タイトル 発売日 品番 備考
1st EDEN 1996年7月 RIP-005LA
2nd SCENE 1996年12月 RIP-006LA
3rd Sign 1997年4月

シングル[編集]

インディーズ[編集]

タイトル 発売日 品番 備考
1st SEEDS 1998年2月27日 BREAK-02011
2nd GROW 1998年3月27日 BREAK-02012
3rd FLOWERS 1998年4月27日 BREAK-02013
4th SEEDS 1998年5月30日 COCA-15080 リマスタリング再発、ボーカルレスバージョン収録。
5th GROW 1998年5月30日 COCA-15081 リマスタリング再発、ボーカルレスバージョン収録。
6th FLOWERS 1998年5月30日 COCA-15082 リマスタリング再発、ボーカルレスバージョン収録。

メジャー[編集]

タイトル 発売日 品番 備考
1st SkY 1998年7月1日 CODA-1535 c/w:FOLLOW THE WIND
2nd WILL 1998年9月23日 CODA-1628 c/w:Waitin' For The Rain
3rd Rebirth 1998年11月25日 CODA-50009 c/w:the snowfall avenue
4th ALONE 1999年2月24日 CODA-50042 c/w:だから僕らは…
5th Dive into shine 1999年9月18日 CODA-50116 c/w:Freeze Out
6th SEEDS style2000 2000年2月23日 COCA-50502 c/w:この夜空の果て/is the END

アルバム[編集]

タイトル 発売日 品番 備考
1st IN REASON 1997年7月7日 BREAK-02004 インディーズ作品。
2nd Birthplace 1997年12月12日 BREAK-02008 インディーズ作品。
3rd DEPARTURES 1999年3月24日 COCP-50054 メジャー作品。
4th -R- 2000年12月20日 TACS-0002 インディーズ作品。

オムニバス参加アルバム[編集]

タイトル 発売日 品番 参加曲
THE END OF THE CENTURY ROCKERS Ⅳ 1997年8月21日 TCCN-30037 キミノ嘘
HYPER-INDEX THE FINAL EVOLUTION 1997 1997年10月27日 PCCAX-00006 Ever Green
BreakOut 新潟 10th Anniversary RISKY NIGHT 1998年02月09日 BREAK-02009 花の咲く場所
THE BEST OF réveil 〔un〕 VISUAL ROCK BEST COLLECTION 1999年2月24日 TECN-28485 キミノ嘘

VHS[編集]

タイトル 発売日 品番 備考
1st Mind~Visual Ver.1 SkY/WILL~ 1998年11月25日 COVA-50022 PV集。
2nd Mind~Visual Ver.2 Rebirth/ALONE~ 1999年5月19日 COVA-50077 PV集。

タイアップ一覧[編集]

[注 1] 曲名 タイアップ
1998年 SkY テレビ朝日系『所さんのこれアリなんじゃないの!?』エンディング・テーマ
ABCテレビ『デジタルネバーランド』エンディング・テーマ
FOLLOW THE WIND 新潟テレビ21『'98 夏の高校野球中継』テーマ曲
WILL テレビ朝日系『目撃!ドキュン』エンディング・テーマ
Waitin' For The Rain 新潟日産 CMソング
1999年 ALONE フジテレビ系『奇跡体験!アンビリバボー』エンディング・テーマ
だから僕らは… 新潟日産 CMソング
Dive into shine テレビ朝日系アニメ『神風怪盗ジャンヌ』 オープニング・テーマ(第28話 - 第44話)
2000年 SEEDS style2000 MBS系アニメ『マイアミ☆ガンズ』オープニング・テーマ

ヘビーローテーション/パワープレイ[編集]

ラジオ[編集]

[注 1] 曲名 ラジオヘビーローテーション/パワープレイ
1998年 Rebirth FM-NIIGATA 1998年11月度パワープレイ[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で記載

出典[編集]

  1. ^ 2012.01.07 Lastier ライブ決定!”. HITORIBEYA.NET (2011年10月1日). 2022年2月5日閲覧。
  2. ^ 白い雲を見つめて”. 石山竜市 オフィシャルブログ (2011年10月1日). 2022年2月5日閲覧。
  3. ^ Lastier石山竜市が、「Earliest Memories2017」に出演決定!”. ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」 (2017年3月30日). 2022年2月5日閲覧。
  4. ^ 【インタビュー】石山竜市 (ex.Lastier)、「二度とステージに立つことはない」”. BARKS (2017年7月1日). 2022年2月5日閲覧。
  5. ^ 【レポート】<Earliest Memories>、'90年代V系バンドが一日限定のメモリアル”. OKMusic (2017年8月17日). 2022年2月5日閲覧。
  6. ^ 1998年11月のパワープレイ [FM-NIIGATA 77.5MHz]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]