宇部興産ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇部興産ビル
西北側より
情報
用途 オフィスビル / 宿泊施設
設計者 村野藤吾 / 村野・森建築事務所
施工 大成建設大林組 JV
建築主 宇部興産ビル
管理運営 宇部興産ビル
構造形式 高層棟地上部 - SRC造
高層地下部、低層棟 - S造
敷地面積 9,085 m²
建築面積 4,129 m² (建蔽率45%)
延床面積 38,564 m² (容積率424%)
階数 地下2階、地上15階、塔屋1階
高さ 軒高 - 57.5m
最高部 - 64.33m
着工 1982年3月23日
竣工 1983年10月29日
所在地 755-8588
山口県宇部市相生町8番1号
座標 北緯33度57分18.3秒 東経131度14分41.8秒 / 北緯33.955083度 東経131.244944度 / 33.955083; 131.244944座標: 北緯33度57分18.3秒 東経131度14分41.8秒 / 北緯33.955083度 東経131.244944度 / 33.955083; 131.244944
テンプレートを表示
宇部全日空ホテル時代の外観
(2009年4月撮影)

宇部興産ビル(うべこうさんビル)は、山口県宇部市相生町にある複合ビルである。宇部興産が建設し、本社機能の一部が入居する。

概要[編集]

村野藤吾の意匠、設計により1983年(昭和58年)10月29日に竣工。同年11月1日に開業した。竣工以来、宇部市内では最高層の建造物であったが、2019年(平成31年)3月に山口大学医学部附属病院新病棟(地上14階建て高さ69メートル)が竣工し、同市内では2番目の高さとなった[1][2]

L字型の2つの高層棟(東に面するオフィス棟及び南に面するホテル棟)とそれに囲まれる低層棟(国際会議場)から構成されている。低層棟の1階部分はピロティとなっており、竣工当時は噴水が設けられていたが、現在は駐車場へと改築されている。また、ホテル棟南側に設けられた日本庭園の地面には地階への採光窓が埋め込まれている。

村野の生前最後に完成した作品であり、村野の死後1年後にあたる1985年(昭和60年)には第26回BCS賞を受賞している。

当ビルは、2001年(平成13年)に宇部興産の資産証券化の一環として住友信託銀行に信託され、それにより得られる第一受益権オリックスに売却されている。これに伴い宇部興産は住友信託銀行との間でマスターリース契約を締結し、当ビルに入居する各テナントに対して転貸を行っている。

なお、宇部興産の本社機能は当ビルの他、宇部ケミカル工場内の建造物に分散している。

沿革[編集]

施設[編集]

オフィス棟[編集]

オフィス棟に入居する主な企業

ホテル棟[編集]

その他[編集]

駐車場
  • 167台(地上 - 88台、地下 - 79台)
エレベーター
  • 客用20人乗り 180m/分(5台)
  • 非常用17人乗り 105m/分(2台)
  • 人荷用13人乗り 105m/分(1台)

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]