小沢克介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小沢 克介(おざわ かつすけ、1944年4月13日 - )は日本弁護士政治家立憲民主党山口県総支部連合会顧問[1]

衆議院議員(3期)、裁判官訴追委員会委員、裁判官弾劾裁判所裁判員、山口県弁護士会会長などを歴任した。小澤 克介とも表記される。

経歴[編集]

父の赴任先の中華民国台北市に生まれ、山口県山口市で育つ。山口県立山口高等学校を経て、慶應義塾大学法学部を卒業し、宇部興産に入社。1973年、28歳で司法試験に合格(司法修習28期)し、その後1976年に弁護士登録。

1983年第37回衆議院議員総選挙山口2区から日本社会党公認で立候補し、初当選。以後、3期連続当選。1993年第40回衆議院議員総選挙では落選し、1996年には山口県知事選挙に立候補するが、落選した。

2018年12月には菅直人平岡秀夫と共に立憲民主党山口県連の顧問に就いた[2]

政策[編集]

選挙[編集]

家族・親類[編集]

役職・活動等[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]