田村浩章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田村 浩章(たむら ひろあき、1943年昭和18年〉8月24日 - )は、日本の経営者やまぐち産業振興財団理事長、元宇部興産取締役会長

略歴[編集]

1943年昭和18年)8月24日、東京都の目黒海軍病院軍医の息子として産まれる。

八代市立太田郷小学校八代市立第二中学校熊本県立熊本高等学校京都大学工学部機械工学科を経て、1966年(昭和41年)に宇部興産へ入社。その後1997年平成9年)に同社取締役建設資材事業本部セメント生産統括部長に就任し、以降、同社常務取締役、同社専務執行役員建設資材カンパニープレジデント、同社取締役(専務待遇)、専務執行役員社長補佐を歴任する。

2005年(平成17年)5月、前任の常見和正より交代し、同社代表取締役社長に就任(宇部興産としては初の建設資材部門出身の社長)、2010年(平成22年)4月に同社取締役会長、2014年6月に同社相談役となる。2013年(平成25年)6月より、中国電力取締役、山口フィナンシャルグループ取締役に就任。

なお、同期の入社には、辻卓史鴻池運輸会長)、前田高行(中東経済研究者)など。

主な役職[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ビジネス
先代:
常見和正
Ube Industries logo-1.png 宇部興産社長
第10代:2005年 - 2010年
次代:
竹下道夫