山口大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 山口大学医学部附属病院
Yamaguchi University Hospital.JPG
情報
英語名称 Yamaguchi University Hospital
前身 山口県立医科大学附属病院
宇部興産沖ノ山同仁病院・東見初病院・宇部市立伝染病院)
許可病床数

736床
一般病床:685床


精神病床:51床
職員数 1,136名
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 国立大学法人山口大学
管理者 杉野法広(病院長)
開設年月日 1967年6月
所在地
755-8505
山口県宇部市南小串一丁目1番1号
位置 北緯33度57分29.2秒
東経131度14分54.9秒
二次医療圏 宇部・小野田
PJ 医療機関
テンプレートを表示

山口大学医学部附属病院(やまぐちだいがくいがくぶふぞくびょういん)は山口県宇部市にある国立大学法人山口大学医学部附属の大学病院である。特定機能病院の一つであり、山口県における先進医療を担う病院の一つ。

沿革[編集]

  • 1946年昭和21年)9月 - 宇部市東梶返にあった宇部興産沖ノ山同仁病院・東見初病院・宇部市立伝染病院を引き受け、山口県立医学専門学校附属病院として発足。
  • 1947年(昭和22年)11月 - 県立医専附属病院が現在地である宇部市小串に移転。後に新制大学への移行に伴い山口県立医科大学附属病院に改名。
  • 1967年(昭和42年)6月 - 山口県立医科大学の国立移管完了を受けて、山口県立医科大学附属病院を実質的に引き継ぐ形で山口大学医学部附属病院が発足。
  • 2004年平成16年)3月 - 高度救命救急センターの指定を受ける(山口県唯一)。
  • 2007年(平成19年)1月 - がん診療連携拠点病院の指定を受ける。
  • 2019年(平成31年)3月 - 地上14階建て高さ69メートルの新病棟が竣工[1][2]
  • 2019年(平成31年)6月 - 新病棟(A棟)開院。それに伴い手術部、先進救急医療センター等主要部門の一部が既存施設からA棟に移転。

診療科目[編集]

院内学級[編集]

一般施設[編集]

交通アクセス[編集]

病院公式サイト内のアクセスも参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]