防ぎうる死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

防ぎうる死(ふせぎうるし)、プレベンダブル・デス(Preventable Deaths)、アボイダブル・デス(avoidable deaths)とは、公衆衛生上の概念であり、上手く処置すれば死なせずに済んだであろう症例で発生したのことである。その削減が衛生局の課題となっている。

また救急医学においては防ぎえた外傷死(Preventable Trauma Death)と呼ばれ、これはTRISS(Trauma and Injury Severity Score)法によって判断される[1]。 TRISS法においてはPsが0.25以下を防ぎえない死(non-preventable death, NP)、 0.25~0.5を恐らく防ぎうる死(possible preventable death, PP)、 0.5以上を確実に防ぎうる死(definitely preventable death, DP)と算出している[1]

世界[編集]

世界においては1日当たり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である[2]。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である[2]

2001年[編集]

2001年において防ぎえる死は、DCPN(米国疾病管理協会)[3]および世界保健機関(WHO)によれば以下であった[4]

死因 年間死亡者数(百万人)
高血圧 7.8
喫煙 5.4
栄養失調 3.8
性感染症 3.0
栄養不良 2.8
太り過ぎ、肥満 2.5
運動不足 2.0
アルコール 1.9
固形燃料による室内の空気汚染 1.8
安全でない水と、不衛生衛生 1.6

2001年には、1日当たり平均で29,000人の子供が防ぎえる原因で死亡している。

米国[編集]

米国における年間死者数は以下の通り。

原因 年間死者 割合(%) ノート
喫煙 435,000[5] 18.1%
病院における、防ぎえた医療過誤 210,000 to 448,000[6] 23.1%
太りすぎ、肥満 111,900[7] 4.6%
アルコール 85,000[5] 3.5%
感染症 75,000[5] 3.1%
有毒物質への暴露(毒素、粒子状物質、ラドンなど) 55,000[5] 2.3%
交通事故 43,000[5] 1.8%
防ぎえた大腸がん [8] 41,400 1.7%
銃器による死 31,940[9] 1.3% 自殺:19,766人。殺人:11,101。事故852。不明:822。
性感染症 20,000[5] 0.8%
薬物乱用 17,000[5] 0.7%

脚注[編集]

  1. ^ a b Chiara, Osvaldo; Cimbanassi, Stefania; Pitidis, Alessio; Vesconi, Sergio (2006). World Journal of Emergency Surgery 1 (1): 12. doi:10.1186/1749-7922-1-12. ISSN 17497922. 
  2. ^ a b Aubrey D.N.J, de Grey (2007). “Life Span Extension Research and Public Debate: Societal Considerations” (PDF). Studies in Ethics, Law, and Technology 1 (1, Article 5). doi:10.2202/1941-6008.1011. http://www.sens.org/files/pdf/ENHANCE-PP.pdf 2011年8月7日閲覧。. 
  3. ^ DCP3”. washington.edu. 2013年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月28日閲覧。
  4. ^ “Global and regional burden of disease and risk factors, 2001: systematic analysis of population health data”. Lancet 367 (9524): 1747–57. (May 2006). doi:10.1016/S0140-6736(06)68770-9. PMID 16731270. 
  5. ^ a b c d e f g “Actual causes of death in the United States, 2000”. JAMA 291 (10): 1238–45. (March 2004). doi:10.1001/jama.291.10.1238. PMID 15010446. http://www.csdp.org/research/1238.pdf. 
  6. ^ James, John T. (2013). “A New, Evidence-based Estimate of Patient Harms Associated with Hospital Care”. Journal of Patient Safety 9 (3): 122–128. doi:10.1097/PTS.0b013e3182948a69. PMID 23860193. http://journals.lww.com/journalpatientsafety/Fulltext/2013/09000/A_New,_Evidence_based_Estimate_of_Patient_Harms.2.aspx 2014年2月21日閲覧。. 
  7. ^ Flegal, K.M., B.I. Graubard, D.F. Williamson, and M.H. Gail. (2005). “Obesity”. Journal of the American Medical Association 293 (15): 1861–1867. doi:10.1001/jama.293.15.1861. PMID 15840860. 
  8. ^ Centers for Disease Control and Prevention. “Colorectal Cancer Statistics”. 2015年1月12日閲覧。
  9. ^ Deaths: Preliminary Data for 2011”. CDC. 2014年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]